スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・ドルフィー 『メモリアル・アルバム』

ドルフィー
エリック・ドルフィー・メモリアル・アルバム

みなさん、お盆まっただ中、いかがお過ごしですか?
全国的にはお休みの方が多いと思いますが。
私はもちろん?仕事です。

でも本日は、病院の待合は結構すいていました。
やっぱ、病気になるのも少しお休みしたいですよね。

こんな暑い日の夜も、変わらず音楽聴くしか脳がない私です。

本日は久しぶりにエリック・ドルフィー。

このアルバムは、ファイヴ・スポットにおけるライヴの中から未発表演奏を集めて
ドルフィーの死後にリリースされた追悼盤。

ドルフィーのアルトとバスクラが自由に自由に唸り、泳ぎまくる。
いつものドルフィー節が存分に聴けるアルバムです。

高音と低音をいったりきたり、こんなになめらかに吹く人って他にいるんでしょうかね。
吹いているというより歌っている感じ。
お話している声をそのまま音にしているみたい。
これが本当に楽器なのかと不思議になる。
実は声なのではないのかと思えるほど。

もちろん、ブッカー・リトルのトランペットもすごい。
この人の吹き方も、自由に泳ぎまくっている。
本当に聴いてて気持ち良いアルバムだ。

お盆が過ぎると、暑さも少し違ってくるのではないかと思います。
みなさん、もう少し頑張りましょう!


1. ナンバー・エイト
2. ブッカーズ・ワルツ

エリック・ドルフィー(bcl, as)
ブッカー・リトル(tp)
マル・ウォルドロン(p)
リチャード・デイヴィス(b)
エド・ブラックウェル(ds)       1961年ライヴ録音

サイト・ドルフィー  http://home.m04.itscom.net/dolphy/eric/index.html
スポンサーサイト

エリック・ドルフィー/イン・ヨーロッパVol.1~3

C1074227.jpg
Vol.1
1.ハイ・フライ
2.グラッド・トゥー・ビー・アンハッピー
3.ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
4.オレオ

C1074228.jpg
Vol.2
1.ドント・ブレイム・ミー
2.ドント・ブレイブ・ミー(テイク2)
3.今宵の君は
4.ミス・アン
5.ローラ

エリック・ドルフィーは私が最も好きなアーティスト。
特に彼のバス・クラは独創的でとっても素敵な音色。
何度聴いても飽きることなく、魅了され続けます。

イン・ヨーロッパVol.1~3 は、4月11日に発売されたJAZZ THE BEST 100
のうちの3枚で、初回プレス完全限定版。
¥1100と、お買い得なので、先日渋谷のタワーレコードに寄った時、
まとめて買ってしまいました。
ドルフィーのアルバムはどれもはずれなしに違いないと思いまして。。

ドルフィーはなんていっても、バスクラが一番!(アルト、フルートだっていいですが)
と思っていましたが、フルートもすごくいい!
このアルバム聴いて改めてそのよさを実感しました。
フルートというと、鳥のさえずりのようになめらかで美しい音、というイメージですが、
彼の奏でるフルートの音色ももちろんなめらかで美しい音。
でも荒々しさもあり、かなり力強い存在感のある音。
Vol.1、2のそれぞれ1、2曲目のフルートはすばらしいです。
Vol.1の3曲目のバスクラのソロ、Vol.2の3曲目のアルト・サックスのアドリブのすばらしさ!
Vol.3もアルトとバスクラでかなり自由に吹きまくり!
その他だって全部ぜんぶいいんです。もう、すばらしすぎて涙でますー。
ここ1週間くらい聴き続けています。
彼の演奏は本当に心の自由さが常に表われていて、聴いているとこちらの気持ちも
かなり自由になれて心地いいです。


C1074229.jpg
Vol.3
1.ウディン・ユー
2.ホエン・ライツ・アー・ロウ
3.イン・ザ・ブルース(テイク1,2,3)

<パーソネル>
エリック・ドルフィー(bcl,fl,as)
ベント・アクセン(p)
エリック・モーズホルム(b)
ヨルン・エルニフ(ds)
チャック・イスラエル(b)-vol.1のみ

1961 録音


Making Dolphy's Complete http://hino.nu/dolphy/dolphy.html
site DOLPHY http://home.m04.itscom.net/dolphy/eric/

エリック・ドルフィー

s-far_cry.jpg
FAR CRY with Booker Little
 
最初に聴いた彼のアルバムは ”LAST DATE”でしたが、
その冒頭の EPISTROPHY の出だしを聴いたとき、とてもぞくぞくしたことを憶えています。
彼の吹くアルトもフルートもとてもすてきですが、バスクラは特にビリビリしびれます~。
なにかお話しているような、声みたいに聴こえます。
このアルバムは特に好きで、中でもTENDERLY のアルト・ソロ、バラード調の IT'S MAGIC にはとても心癒されます。
 
1.MRS.PARKER OF K.C.(BIRD’S MOTHER)
2.ODE TO CHARLIE PARKER
3.FAR CRY
4.MISS ANN
5.REFT ARONE
6・TENDERLY
7.IT'S MAGIC
8.SERENE

エリック・ドルフィー(as、bcl、fl)
ブッカー・リトル(tp)
ジャッキー・バイアード(p)
ロン・カーター(b)
ロイ・ヘインズ(ds)       1960 録音

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。