スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーチー・シェップ・カルテット 『トゥルー・ブルー』


トゥルー・ブルー

やばい暑さだ。殺人的?
おまけに仕事も、このところ毎日殺人的な忙しさ。
それも暑さのせい。暑さでみんなが具合悪くなって、受診・検査・点滴、となるからです。
そして人手不足の外来ナース(うちの部署だけではない)は走り回るのだった。

今日は、連続5日勤務の第4日め。実は2日目くらいから、クタクタなのだった。
スタッフが足りないので、今週私は診察室の業務を一人(通常は二人)でこなしているのだ。
だから、精神的にもとっても辛い。

まあ、仕事が大変なのは誰でも同じこと。
自分だけ、なんて思うのは間違いだけどね。
でもねー。足痛い~!

久し振りにアーチー・シェップ。
最近彼はバラードばっかり?

これはヴィーナス・レコードから発売されたシェップのバラード三部作 
「ブルー・バラード」、「トゥルー・バラード」、「トゥルー・ブルー」の第三作目。

バラードだけど、すごいんだな。この音、ハンパじゃない。
声でいうとダミ声。重厚で野太い。
そして、荒っぽい、壊れてる、ノイズっぽい感じもする。

だから、一見(一聴)バラードには似合わない音とも思える。
普通のバラードが好きな人だと、えー?って思うかも。
正統派バラード(コルトレーンの”バラード”)と比べると、かなり趣が違うかも。

でも、聴くほどにいいんです。聴くうちに癖になる。
そして、シェップの音の世界に引きずり込まれて行くんです。

SAXにもいろんなタイプの音があるけれど、これほど個性的な音を出す人は
いないでしょう。この音、すごーく好きな音。
しびれる~!
ドルフィーのバスクラの次?くらいにビリビリきちゃいます。

バラード三部作の中でどれが一番いいのかって?
よくわからない。
この「トゥルー・ブルー」 を一番最後に聴いたから、これかな今は。
音は一番すごい感じがするけど、曲は名曲が一番多い気がするし、
曲調も一番落ち着いてる感じがする。

しかし、フリーの要素もあって、彼のサックスだけを聴いてると、フリーにも聴こえる。
特に8曲目の 「リトル・サプライズ・フォー・ザ・レディ 」  聴いてるとそう思える。
私はこの曲が一番好きかな。

「ブルー・トレイン」、 「 アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー」 は
コルトレーンとの音の違いが楽しめるかも。

あーあと1日。仕事がんばるよー!


1. ロニーズ・ラメント
2. さよならを言うたびに
3. タイム・アフター・タイム
4. オール・オア・ナッシング・アット・オール
5. バット・ビューティフル
6. 残されし恋には
7. ブルー・トレイン
8. リトル・サプライズ・フォー・ザ・レディ
9. アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー

アーチー・シェップ(ts,vo)
ジョン・ヒックス(p)
ジョージ・ムラツ(b)
ビリー・ドラモンド(ds) 1998
スポンサーサイト

アーチー・シェップ・カルテット

217.jpg
フレンチ・バラッズ

このジャケット、色っぽいですよねー。
色気のない私はドキドキします。。
アーチー・チェップというと、前衛ジャズって感じですが、
こんなバラードもすてき!

SAXほど、アーティストによって音色の違う楽器はないかも。。
SAXは人の声に一番近い楽器だそうです。
そのせいか、ホント、アーティストによって、かなり音色が違うと思います。
SAXの音色=アーティストの声なのでは。。

アーチー・シェップの音色、迫力ありすぎて、驚きです!
決して優しい音ではないけれど、(というか、こんなに荒っぽくてもいいのー?)
聴けば聴くほどとりこになります~。
前衛ジャズが好きな方はもちろん、そんなの嫌いー!って方も、聴きこんでいくうちに、
きっととりこになること、まちがいなし!

バラードって言ったって、スタンダードの原曲かなりくずしていますので、
3曲目の「枯葉」 なんて、かなり独特で、原曲知らなくても楽しめます。
曲はすべて?フランスの名曲らしいですが、シェップの解釈ですべて演奏していますので、
これって、ぜーんぶ彼の曲って思います。


01.これからの人生
02.小さな花
03.枯葉
04.詩人の魂
05.ジジ
06.パリの四月
07.パリの空の下
08.デジャ・ヴ

アーチー・シェップ(ts)
ハロルド・メイバーン(p)
ジョージ・ムラーツ(b)
ビリー・ドラモンド(ds)  
                         2001 録音


アーチー・チェップ  http://www2.odn.ne.jp/~cbl32300/shepp.html
Yahoo!ミュージック アーチー・シェップ  http://music.yahoo.co.jp/shop/p/12/31222/

アーチー・シェップ・カルテット

img6t_test.jpg
ブルー・バラード

梅雨に入り、はっきりしないお天気で気分も沈みがちになりそうな今日この頃、
みなさんいかがお過ごしですか?
本日はJAZZバラードのアルバムを紹介します。

アーチー・シェップ・カルテットの「ブルー・バラード」。
ヴィーナス・レコードから発売されたシェップのバラード三部作の第一作目。

バラードというと、コルトレーンの「バラード」が有名。
あとマイルス・デイビスの「バラード」もいいですね。
これに加えておすすめなバラードがこのアルバム。

アーチー・シェップがバラードを?
ってちょっと合わないのでは、と思うかもしれませんが、なかなかこれがいいんです。
かつての前衛的な演奏とは違った雰囲気。
でも、重く荒々しい音はそのままで、甘く優しい音とはかけ離れていますが。。

優しくなければ男としての価値はない、という言葉がありますが、
優しくなくても、こんなにロマンティックな音なら許せます。
というか、とっても魅力的~。

彼の音の世界に引きずり込まれ身動きとれず、終わっても暫く気持ちが戻らず夢の中。。。
どうしてくれるの?私のこの気持ち~って感じ。

前衛JAZZなんて嫌いー。わけわからない!
って人には特におすすめのアルバムです。是非聴いてみてくださいね。
彼の音のとりこになります~。


1.リトル・ガール・ブルー
2.モア・ザン・ユー・ノウ
3.ブルー・イン・グリーン
4.ブルー・アンド・センチメンタル
5.クレイ・ミー・ア・リバー
6・イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー
7・アローン・トゥゲザー

アーチー・シェップ(ts、ss、vo)
ジョン・ヒックス(p)
ジョージ・ムラーツ(b)
アイドリス・ムハマッド(ds)         1995 録音


アーチー・シェップ

070114_0121~01002[2].jpg
ザ・マジック・オブ・ジュジュ

野太くて深く、濃いファンキーな音。
そんな音をうねるように、嵐の如く吹き上げる。
こんな吹き方(奏法)なんていうんでしょう?
知ってる方いたら教えて!
かつては フリージャズの闘士、と呼ばれ、コルトレーンからの影響
を大いに受けて自己の確立をしたそうです。
黒人音楽の芸術の革命!
ジョン・コルトレーンが彼の音楽について、「神への愛を表すための
もうひとつの美しい表明」と語ったことがあるそうです。
なんとも美しいお言葉。

1.THE MAGIC OF JUJU
2・YOU’RE WHAT THIS DAY IS ALL ABOUT
3・SHAZAM
4・SORRY’BOUT THAT

アーチー・シェップ(ts)
マーティン・バンクス(tp、flh)
ミッシェル・ズワーリン(tp、tb)
レジー・ワークマン(b)
ビーヴァー・ハリス(ds)
ノーマン・コナー(ds)
エド・ブラックウェル(per)
フランク・チャールス(per)
デニス・チャールス(per)     1967 録音

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。