スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋さ知らズがクラシックに挑戦?


渋樹(JUJU)

渋さは大好きだよ。
PIT INNで2か月に1回LIVEやってるのだけど、日程が合えば行っている。
会場で売っていた、NEWアルバム 『渋樹JUJU』 買ったよ。
クラシックに挑戦っていうんで、え~っ渋さでもまともなの?やるんだぁって思って
聴いてみたら、いやあそんなことはなく、相変わらずのはちゃめちゃおバカらしさ。
クラッシックとは思えない。
以前よりもそのサウンドは進化し混沌さも増している。
本当に楽しい演奏。天才即興演奏家集団だ。

昨日のLIVEも楽しかった。
金子マリさんがゲスト出演。ジャズではない歌も歌ってくれて。。
流石ベテラン歌手、聴かせてくれたぁ。
19歳だというアルトサックスの男の子最高にかっこよかった。
片山広明さんのテナーは師匠(KOSE菊地康正)の次に好きな奏者。
舞踏家の方たちも大活躍だった。
また、行くよ~♪

1 ベルリオーズ/ 幻想交響曲第一楽章「夢-情熱」より
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
2 サティ /ジムノペディ第一番
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
3 ベルリオーズ /幻想交響曲第4楽章「断頭台への行進」より
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
4 ベルリオーズ/ 幻想交響曲より「イデー・フィクス」
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
5 ベルリオーズ /幻想交響曲第5楽章「サバトの夜の宴」より「怒りの日」
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
6 ドボルザーク/フィッシャー 「家路」〜 Gダグラス/What a Wonderful World  
arr.渋さ知らズ、不破大輔、鬼頭哲
スポンサーサイト

渋さ知らズ 『渋夜旅』

さ渋
渋夜旅

精神科病棟に勤務して2週間あまり。

病棟の流れは少しづつわかってきたけど慣れたとはまだ言えない。
忙しいのか忙しくないのか、疾患の把握もできないまま日々が過ぎゆき。。

先日は 「隔離室」 の担当でした。
隔離室とは、幻覚・妄想・昏迷などの急性期症状のある患者さんが入る一部屋づつ鍵のかかるところ。

「誰かに追われてるんです。。誰かが私を探してる。
 ○○さん、○○さん、て。ほら、聞えるでしょう?」、幻聴のある患者さん。

「ここから出せよー!」 検温時、鍵のかかる部屋から飛び出そうとする患者さん。

部屋の中を行ったり来たり、ときどき薄笑い。来てるものを脱いでしまい全裸に。
そしてまたしばらくすると着るという行為を繰り返す患者さん。

「うるせーよ。黙ってろよ。」 他患に怒る患者さん。

話がとりとめもなくまとまりに欠け、話し始めると止まらない患者さん。

どうして自分がここにいるのか、これからどうなるのか。。
急性期の精神科の患者さん、病識がない人も多い。

このような患者さんたちに私たち看護師が出来ることってなんだろう?
どんな援助をしたらいいんだろう。

なんてこと考えるとちょっと辛くなる今日この頃。
季節的にもみんながナーバスになる時期かも。

考えすぎてもしょうがない。
ってことで最近聴いてるこのアルバム。

明るい、にぎやか、騒々しい、おバカ、お祭り騒ぎ、。。。
楽しい音楽ばかりのこのアルバム。

渋さ知らズの20周年記念アルバム。
こんな楽しいサウンド20年もやってきたなんてすごいよな。

フリー・ジャズ、ロック、ファンク、ソウル/R&B、ラテン、キャバレー、フォーク、歌謡曲、演歌、
映画音楽、ミュージカルなどなど、あらゆる音楽のごった煮、
宇宙、任侠、人情、前衛、文学、エログロ、涙、笑い。。。(レヴュー参照)

渋さにおいては一度参加したメンバーは以後永久にメンバーであり、
歴代の全メンバーは100名以上に及ぶとのこと。

新学期、新生活、新しい職場にちょっと慣れつつも落ち込みがちな皆さんにお薦めのアルバム。
是非聴いてくださいね。DVDも付いてます。

明るく楽しく気持ちが弾んできて、明日からまた頑張ろうって思えますよ~。


1. ドラゴ
2. 権太アジール
3. 水の中の虹虫
4. 漂海鷂魚(ひょえい)
5. 島舞踏
6. 渡
7. 浮渋
8. ア・デイ・イン・ザ・ライヴ
9. 浮渋エピローグ(ENCORE TRACK)
10. 権太チョッパー、パート1(ENCORE TRACK)


不破大輔 (conductor)
片山弘明(ts)
佐藤帆(ts)
立花秀樹(as)
川口義之(as,ss)
鬼頭哲(bs)
吉田隆一(bs)
辰巳光英(tp)
北陽一郎(tb)
高橋保行(tb)
ギデオン・ジュークス(tuba)
太田恵資(violin&vo)
坂本弘道(csllo)
斎藤”社長”良一(eg)
ファンテイル(eg)
田中篤史(eg,sg)
ヒゴヒロシ(b)
磯部潤(ds)
藤掛正隆(ds)
山本直樹(ds)
関根真理(per)
山本コーイチ(key)
中島さち子(key)
スガダイロー(p)
室舘彩(fl)
渡部真一(vo)
横沢紅太郎(chorus)
井内隆幸(chorus)
馬渕仁彦(chorus)
2010

渋夜旅 →レヴュー
渋さ知らズ →ウィキペディア
渋さ知らズオーケストラ →http://plankton.co.jp/shibusa/index.html
渋さ知らズ →You tube

渋さ知らズ

513.jpg
渋響

意味わかんない、訳わかんない、騒音、キチガイー!!
っていわれそう。特にテーマ曲を聴かずに途中から聴いたら、そう思うかも。
でも、そんなところもある渋さはサイコー!
最初彼らの音楽聴いた時、こんな音楽を待っていた!
初めてLIVEを見たとき、こんなLIVEを待っていた!
って思いました。(渋さのLIVE

渋さ知らズの最新アルバム「渋響」
これも、かなりやりたい放題のお祭り騒ぎ。
でも、2曲目なんて、本当にお祭りで流したら、最初から最後まで気持ちよく踊れそうですよ。
よさこい、よりは阿波踊りって感じですが。
踊れるフリージャズです。
ジャズ好きじゃなくても、お祭り騒ぎが好きなら、楽しめますよ。
こんなにはちゃめちゃでも、なぜか最後はいつもすっとまとまって終わる音の洪水たち。
渋さはフリージャズにしてはかなり聴きやすい。
それに、LIVEなんてパフォーマンスがかなりすごいですから、見てるだけでも、すごく楽しい。
渋さのLIVE行く人がみんなフリージャズ好きだとは思えません。
このアルバム聴いたら、是非彼らのLIVEにも行ってみてくださいね。
楽しさ倍増すること間違いなし!


01.Fight on the corner
02.Hamachikaze
03.a song for One
04.Dust song
05.有限会社中嶋材木店
06.P-Chan~Rearrange~
07.We are a Fisherman Band
08.a theme for Inuhime


不波大輔(Dandoーlist)
室舘 彩(flu,vo)
北 陽一郎(tp)
小森慶子(ss,as,cl,bcl)
片山広明(ts)     その他多数      
                       2007 録音

渋さ知らズオーケストラ ウェブサイト http://plankton.co.jp/shibusa/index.html      

渋さ知らズ

cd_shibuzen.jpg
 渋全

ジャズでこんなにも、はちゃめちゃで楽しい集団?オーケストラ?
があったんですねー。 フリージャズといえるのかどうか。。
いろいろな国の音楽が混ぜ合わさって、混沌、雑然としていて、
それでいて、日本のお祭り騒ぎのような要素もあるような。。
パフォーマンスも楽しいみたいで、是非一度LIVEに行ってみたいなー
と思っていました。そうしたら、なんと昨日渋谷でLIVE
やったんですって。今日知りました。
もし行った方がいたら、感想お聞かせくださいませ。
次回の2月のクラブ・イクスピアリでのLIVEは是非行ってみたいです。

1.ニューゲート
2.渚の男
3.阿呆の王
4.すてきち
5.校庭
6・火男
7.Pチャン
8.ワシントンポストマーチ
9.悪漢
10.ひこーき

不破大輔(ダンドリスト)
片山広明(ts)   他

渋さ知らズ オーケストラ http://plankton.co.jp/shibusa/index.html          
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。