スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの調律

070325_1215~01001[2]s

年に一回のピアノの調律をしていただいた。
1年経つのが何て早いこと。
毎年同じことを言ってる気がする。そして毎年同じピアノの画像。
これ、もう何回使ったことか。

1年でピアノを弾いたのは2,3回?(もちろん私ではなく長女)
鍵盤の端のほうはずっと弾いて(一度も)いなかったのでピアノもびっくりしていたらしい。
たまには弾かなくても鍵盤にさわってあげた方がいいらしい。

ずっとほっときっぱなしだなんてピアノもかわいそうだよね。
最近はずっと物置き場になってしまっている。
調律の方に来ていただく前にピアノの上や周りを片付けるのが大変だった。

お仕事して家事やって趣味もやってて、大変でしょう?忙しいでしょう?
と言われるのだけど、それほどでもない。って~か忙しくもないしわりと暇だよ。
まあ、家事はそれほどまめにやらないからね。

最近身体もやっと臓器が上手く収まってきたみたいだし、子宮も卵巣も痛くなくなってきた。
ときどきまだ膀胱(?)が痛い気がするけどね。

サックス頑張ってますか? と聞かれ、はい、まあ何とか。。
って言ったけど実は退院後まだ2回くらいしか練習に行ってない。
1年に1回しか会わない方に病気の事を話すのはどうかと思ったんで言わなかった。
レッスンずっと休んでることも。。

もう全然駄目だよ。早く勘を取り戻したいよ。
ってか勘なんてはじめっからなかったか。

調律の方とお話をしているといつも楽器を練習するためのヒントをいただける。
「難しい動きの楽譜もゆっくりゆっくり繰り返しやれば何とかできるようになるもんですよ。」
「上手になる人はやっぱり人一倍練習していますね。」

うんうん。そうだよね。
ゆっくり繰り返しやること。これが基本。当たり前の事なのにすぐに忘れてしまう。
最初から上手に出来る人なんていないのにね。

やっぱまた頑張ってやってみようと思うよ。
もちろんピアノではなく私はサックスだけど。
スポンサーサイト

ピアノの調律

070325_1215~01001[2]s


年に1回のピアノの調律をしていただいた。
もう何回目だろう?私はもちろん前回から1度も触ってないけど、娘も1回弾いたくらいだろうか。

年に1回しかお会いしない調律の方とお話するのも楽しい。
そして、ジャズ・サックスを習っていることを初めて話してしまった。。

「それはいいですねぇ。」 「ジャズが好きってめずらしいですね。」 と。
調律の方は楽器もいろいろされるのだけど、
音楽が好きで、自宅のとなりに自分でライブハウスを手作りしてしまうほどの器用な方。

色々なアドバイスをもらった。
練習に時間をかけることは言うまでもないことだけれど、
音階練習を、大きな音、小さな音、中くらいの音などいろいろ音の大きさを変えて練習してみるといいと。
それだけでも練習のバリエーションが広がるとか。

調律の方、ピアノは弾けないとのこと。と言っても多分少しは弾けるはず。
今度大人のピアノ教室にでも通おうかと思っているとのこと。

そして、「頑張ってプロ(のサックスプレーヤー)になってくださいよ。」 と言われてしまった。
う~ん、そう言っていただけるのはうれしいけど。。

ピアノよりはサックスの方が難しくないのでは、と思って始めたサックス。
でも始めてみたら大間違いだった。。
まだまだ道は険しい。

ピアノの調律~やっぱ努力が大事

070325_1215~01001[2]s


年に1回のピアノの調律の日がやってきた。

大好きなピアノ。昔子供のころ習ってた。でも今は弾けないんだな。
すごーく好きだし弾けるようになりたいなっていつも思うんだけど。。

年1回のこの日になるといつも同じことを思いつつ、また1年が過ぎる。

「1年って早いですね~。」
と調律の方と話をする。

話をしていて、そうかやっぱり。。と思ったことがある。
それはごく当たり前のことにすぎないのだけど、
ああやっぱりか、と。
それはこの後詳しく。。

毎年お世話になっている調律の方はもう40年くらいこのお仕事をされているのだそう。
当時はピアノをやる人も少なかったけど、調律師もとても少なかったから
フリーでやるととても収入がよかったとのこと。

今はピアノの台数も増えたけど、調律師も増えたから仕事を取るのが大変になってきたと。

調律師って耳がとてもよくて感覚の優れた人がなるものだと思ってたし、
それが仕事するうえでとても重要な要素になるのだと思ってたけど、
実はそれほどではないんだそう。

調律の学校は1年間で、その音の振動数がいくついくつで。。と数学的に計算したりして
音をあらわすしていくのだそう。
もちろん感覚は大事だけれど、基本はそういう数字的なことで教わるのだと。

でもやっていくうちに基本的なことは忘れ感覚に頼ることになる。
しかし、調律の仕事も努力が大事であって、感覚だけに頼っていると伸びないのだそう。
努力した人にはかなわない。
そういう人がドンドン皆を追い抜いていき、世界的に有名になる人もいるのだとか。。

うーん、なるほど。
そうか、やっぱ人間努力が一番大事なんだね。

キム・ヨナも上原ひろみも小曽根真もジェフ・ベックも天才と言われているけれど、
その裏では血のにじむような?努力を重ねているという。

天才は生まれ持った才能や資質が大事、だから無駄な努力は必要ないよ、
なーんて話は聞かないもんね。
わかってるんだけどね、でも努力できないんだな。
あ~、才能ないからなぁっていつもあきらめちゃう。

いかんいかん、頑張らなきゃあ何事も。
と、今さらながら当たり前のことを自覚したのだった。。

でもこの調律の方、自宅の隣に自分でライブ・ハウスを作っちゃったり、
工房を自分で建てちゃったり。
そして楽器はほとんどなんでもできる。。

やっぱ器用な人には違いないんだよね。


*この記事3月上旬に書きました。

久々にピアノのこと

070325_1215~01001[2]s


1年に1回のピアノの調律の日が来た。
毎年同じこの時期に同じ調律の方にお願いしている。

ピアノを習っていた長女に中古のピアノを買ったのが5年くらい前?
高校を卒業してからは、レッスンもやめてしまったのでほとんど弾かなくなってしまった。

しかし、調律は毎年やったほうがいいとのこと。
弾かなくなって放置してしまえばしてしまうほどにかたまってきてしまって
再び弾こうと思ったときには直すのに買うほどの金額がかかってしまうのだそう。

私が昔子供のころに弾いていた実家のピアノももう30年以上放置状態。
きっと修理が大変なのではないかと思う。

楽譜があればほとんどなんでも弾ける娘。
最近ではあまり弾いてくれないのだけど、たまに弾いているのを聴くのが楽しくて
音痴な鼻歌歌って楽しんでいる私。

楽譜がなくても耳コピで弾けたり、楽譜なしで自由自在に弾けるといいなと思うけど
楽譜通りに弾けることは大事なことなんだそう。

譜面がなく勘だけで弾いているとそのうち伸びなくなるのだそう。
もちろんプロのピアニストのことではなく素人の話。
勘だけで弾いていて、さて譜面を見たときにはその通りに弾けない。

ピアノの楽譜って難しいからね。
右手3和音、左手4和音。なんていうと、音を一つ一つ探すのが大変で。
って思うのは初級で断念した私だけの見解かも。

ってことで、娘さん、久しぶりにピアノを弾いておくれ~。

最後のピアノのレッスン

本日は、長女の最後のピアノのレッスンでした。
4月から大学に行くので、たぶん練習の時間もとれないだろう(今もほとんどやってないから
同じかもしれないけど)ことを予測して。

でも、きっぱり辞めてしまうのはさびしいので、とりあえず授業が始まって様子を見ながら、
月1回くらいやるのかどうするのか決めることにしました。
それで、今回が一区切りということで、いったん休止ということにしました。

思えば、小2の終り頃、私がへたくそながらも、バイエルの最初のほうを教えたのがはじまりだった。
私が弾けるのは、バイエル程度(超初級)だから。
そのうちうまく弾けない娘と教えるのがへたくそな私とのケンカが始まって。。

そんな時、お向かいに住んでいる同級生の女の子がピアノを習い始めたことを知り、
じゃあ、習ってみる?ということで始めたのでした。
しかも、先生が家まで出張してくれるとのことで、外で働く母親の私にとっては願ってもないこと。
私がいないときでも、娘と時間の都合を合わせて来てくださるということでした。

週1回、1回30分。最近では、できないときもあるので、2回分合わせて1時間やったり
していました。

なんと習い始めてから10年という月日が流れて。。
中学の合唱コンクールの伴奏を任された時には、レッスンでやっている曲を中断して
コンクールの曲を教えてくれたり、娘の好きなポピュラー音楽も教えてくれたりしました。

もう最後っていうことで、かなり感慨深いものがあります。
でも先生にもう会えないって思うとさびしくて、また涙なみだなので、しばらくお休みします、
ってことでごあいさつしました。
娘が自分で頼んだ花束を渡して。

先生、長い間本当にありがとうございました。お世話になりました。
ピアニストを目指せるほどでもなく、先生になれるほどでもないけれど、ずいぶん上手になったと
思います。親ばかですが。。
流行りの曲やディズニーの曲、合唱曲の伴奏などよく弾いてくれて、親子で歌ったり、
とても楽しめました。

音楽って本当すばらしい。
私は普段ジャズ系の音楽しか聴かないのだけれど。ジャンルなんて関係ないですね。

最後は 『別れの曲』 。
これすごくいい曲だな。娘はまだまだ本格的になんか弾けないのだけれど、雰囲気はかなり
伝わってきます。
ピアノを弾ける娘を持って最高にしあわせだなぁ。ありがとう!


070325_1215~01001[2]s

ピアノのこと

本日は久しぶりに長女(高3)のピアノのレッスン日。
試験やらあれこれあって、なんと三週間ぶり。そして、例によって練習も全くしていなくて、
ピアノに触ったもの三週間ぶり。

曲はずっと変わらず 「幻想即興曲」。
でも、弾いてるのを聴いてみてびっくり。
なんと下手になってるかと思いきや、ちょっとうまくなってるようにも感じてしまった。
親ばかのせいとも思えない。

子供の偉大さを感じてしまった。
もっともっと練習すればもっとうまくなるに違いないのに。
でも、それがなかなかできないらしい。

私もできなかったことだから、仕方ないかも。
よく親で、自分が子供の時できなかったから、子供にはやらせたいって言う人がいる。
それって無理なこと。
自分ができなかったことは子供だって出来ない。
お金がなくて習えなかったとか、行きたくても大学に行かせてもらえなかった、
ということもあるとは思うけど。

子供は自分以上にも以下にもならない。
親が生きてきたように生きるのでは。
親の背中を見て育つんですよね。ってさめてるかなー。
そういう意味では、本当あまりがんばれない親で申しわけないなと思う。

でもせっかくここまで頑張れたんだから(親を例外的に超えてる)、
やめずにずっとやってほしいな。

幻想即興曲

本日は、長女(高3)のピアノのレッスン日。
先生は出張して家まで来てくださる。もう10年近くにもなる。

今やっている曲は、「幻想即興曲」。
これすごくいい曲。たぶんピアノの曲を知らない人でも、どこかで聞いたことがあるでしょう。
ピアニストの方がスラスラ弾いたら優雅でとっても素敵な曲。

しかし我が家の娘は、練習が嫌い。ピアノは好きなんだけど、とにかく練習が苦手。
ほとんどしない。
ひどい時は、先生が来てから、一緒に練習するという感じのときもある。
本日はなんと1回だけ練習したから、と威張ってレッスンに臨んだ。
それでも何とか、数か月かかってそれらしい曲にはなってきた。
やはり、10年というキャリアのせいか。
えらいなぁ。と褒めてあげたくなる。

昔ピアノを初めて娘(当時小二)に教えたのは、何を隠そうこの私なのだ。
もちろん私は弾けるというほどではない。バイエル程度だから、弾けるうちにははいらない。

でも、どうしても親子だと喧嘩になってしまう。
それで、現在のピアノの先生にお願いすることになった。
それからというもの、どんどん上達し私をとうに追い越し、ずっと先を歩いてしまっている。

私も音楽好きということもあって、娘がピアノを頑張っている姿を見るのがうれしい。
時々、レッスンの曲ではない、流行りの曲や、学校で歌うような曲の伴奏をしたり、
簡単な曲(初級から中級初めくらい)は初見で弾いてくれて、
それに合わせて私と次女とで歌ったりすることもあり、これがとても楽しい。

来年は大学受験する予定の娘。
レッスンもあまりできなくなるかも。
でも辞めずにできる範囲で続けるとのこと。頑張ってほしいな~。
私は続けられなかったことだから。


070325_1215~01001[2]s

ピアノのこと

070325_1215~01001[2]s


この写真を使うのはなんと3回目。ピアノのことを書くときはいつもこれ。
新しくとるのが面倒なので。。

今日はピアノの調律をしてもらいました。
ピアノは長女(高2)が習っています。
年に1回のことなのに、もう1年もたったの?と月日が経つのは早いもの。

調律師さんによると、やはり上達するのは練習量だそうです。
才能なんかよりも、練習を重ねること。
ピアニストの方たちはまず1時間くらい指ならしをしてから、練習を始めるんだそう。
うーん、指ならしに1時間かぁ。
なるほどやはり人間努力が必要なんですねー。
あらためて思いました。
「お母さんだってサイレント(消音機能)あるんだから、弾いてみればいいのに。
練習すれば弾けるようになりますよ。」 と。

ホント自分は弾けもしないのにいつも娘の弾くピアノにケチつけてばかりいる。
自分だってやってみれば大変さがわかるというもの。

ということで、久しぶりに弾いてみました。
あーやっぱり弾けないなぁ。1時間もしないうちにいやになった。
根性が足りないなー。
もう娘のピアノにケチつけるのはやめようと心に誓ったのでした。

ピアノ

本日は、週一回の長女のピアノのレッスンの日。
先生が家まで出張してくれます。もう何年になるんでしょう。
中学の頃は、合唱コンクールで歌う曲の伴奏を任されていたので、
練習にも熱が入っていましたが、
最近では上達も停滞気味。練習もほとんどしていなくて。

でも、ディズニーや流行の曲などは初見で弾いてくれるので、私も超音痴なダミ声で、
いつも歌ったり唸ったりして、楽しんでいます。
特に力強く弾いてくれると気持ちが良くて、「もっとガンガン弾いてよー!」と叫んだりして。

近所の小3くらいの女の子、毎日ピアノの練習をしていていつも感心しています。
ちょっと前まで、ブルグミュラーあたりを弾いていたのに、最近では、
「華麗なる円舞曲」を弾いています。かなりの上達にびっくりです。
きっといつか、ピアニストになるのではないかと、密かに期待していますが。
うちの娘はちょっと無理かも。でもそう言うと、「お母さんに言われたくないー!」
って言われるから、黙っています。

ピアノの音色って素敵ですね。楽器の中でも、別格に大好き!

070325_1215~01001[2].jpg

You Tubeで素敵なピアノを弾いている方の動画を見つけました。
すごいですよー。全部耳コピで。
ディズニー耳コピシリーズ  http://jp.youtube.com/user/hotti103

ピアノ

070325_1215~01001[2].jpg


今日、ピアノの調律をしていただきました。
サイレント機能も効かなくなってしまったので、そちらもみていただきながら。。

ピアノは長女がやっています。私ではなく。
私が弾くと綾戸智絵になっちゃいますから。。笑
でも、一時期私もまた弾いてみたいー!
とがんばって練習したことがありました。
子供の頃少しやっていてちょっとは弾けましたから。
半年くらいかけて1曲。また半年くらいかけて1曲。
弾ける曲はかなり簡単にジャズ風にアレンジしてある曲。
「星に願いを」「虹の彼方へ」の2曲。
まあ、もちろん完璧になんか弾けませんし、レベルは初級程度ですから、ピアノやってる人から見たら、弾けるうちには入いらないでしょうが。
でも、飽きっぽい私の事。しばらく弾いてなくて、今日調律師さんが帰って長女も出かけて不在だったので、久しぶりに弾いてみました。
そうしたら、びっくり。もうほとんど弾けなくなってしまっていたんですねー。がっかり。
まあ、あたりまえのこと。毎日練習もしていないのに、弾けるはずありません。
かなりレベルが高くて上手なひとでも2日も弾かないと指の動きが悪くなるみたいですから。
ピアニストの小曽根真は毎日16時間も弾くんだそうです。
そうしないと不安になるんだそうです。すごい!

ピアノの音色っていいですね。楽器はほとんどなんでも大好き。
でも、ピアノは自分が少しだけ弾いたことがあるせいか別格です。
また、少しずつ練習してみようかなー、なんて思っています。
いつまで続くやら。。


プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。