スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリストファー・ウィリッツ+サカモトリュウイチ

OCEAN FIRE
OCEAN FIRE

クリストファー・ウィリッツ(gr)という海外メディアから高い評価をうけているアーティストと
坂本龍一とのコラボ作品。 『OCEAN FIRE』

坂本龍一といえば、『戦場のメリークリスマス』 『ラスト・エンペラー』 の映画音楽を手がけた
アーティストであり、あらゆるジャンルの音楽をつくっている人。

私が知っているのは、YMO。若い時よく行ったディスコで、YMOの曲がよくかかっていて、
ステップまで覚えたものだった。もう20数年前のこと。
ああ懐かしい。

CDショップで、”ロングセラー” と書いてあったのでわけもわからず買ってしまったのだが、
実は聴いてみてもわけがわからない。
じゃあなんで紹介するのかって?そう、なんかわけのわからない魅力を感じるんですね。

わけがわからない、なんだろうこれ!って思えるのがいいんじゃないかと。

一応アルバムでは7曲入っていることになっているんだけど、それぞれの曲の違いが
よくわからない。注意深く聴いているつもりなのに、いつの間にか2曲目、3曲目になっていて、
曲の切れ目がよくわからないのだ。

よく我が家の子供たちが、「お母さんの聴いてるジャズってみんなおんなじに聞こえる~。」
というのと似たような感覚かも。
私にはこのアルバムの曲が全部同じような曲に聞こえる。
でもじっくり聴けば違いがわかってくるに違いない。

アンビエントというのかオムニバスというのか、ジャンルすらよくわからない。
広大な草原、壮大な海、映画の効果音、巨大な機械のコンプレッサーがゴーっとひたすら
鳴り響いている。しかし騒音ではなく、静音の機械みたいだからうるさくないし、
耳に適度に心地よい。
明るくきれいなメロディというのではないけれど、静かに静かにひたすら続く音たち。
アフリカの朝、洞窟の中、エジプトの遺跡、ゲームの中のダンジョン。。

聴いているとだんだんそれぞれの曲の違いがわかってくるような。
あー、もっともっと聴き込んでいきたいなぁ。


1. Toward Water
2. Umi
3. Sea Plains
4. Sentience
5. Chi-Yu
6. Cold Heat
7. Ocean Sky Remains
                      2007

坂本龍一公式サイト sitesakamoto
坂本龍一×クリストファー・ウィリッツのコラボ作  http://music.jp.msn.com/news/3266.htm
スポンサーサイト
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。