スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 夏のセッション

2016夏のセッション

サックス・フルート道場の発表会に参加してきましたぁ。
今回もとっても楽しかった。

初参加の方が多かったけど、皆経験者なんでお上手な方ばかりで
またまた気持ちが撃沈。
でも、こうして同じ場に参加できた事が何よりのしあわせ。
プロのミュージシャンの方にバックをやって頂いて。。

私の演奏(♪I Love You)は、相変わらずジャズっぽくないアドリブだったけど、
間違えないように楽譜見ながらやったから、
舞い上がってあさってのほうに行かなかったかな。

うん。参加するごとに違う世界?に行かなくなった気がする。
やっぱ場数を踏むことかな。

ヴァイオリニストの古館由佳子さんの参加もあってとってもよかった。
ジャズにヴァイオリンが入ると曲に深みが増してクラシックのような
優雅&神聖な雰囲気になる。
チャーリー・ヘイデン(b)の『ノクターン』 にヴァイオリンが入っているのだけど、
このアルバム大好き。聴いていると心が落ち着くんだ。
そのことを言おうと思ったら、先にお帰りになってしまった。

稲里ひろみさんのヴォーカルはいつも素敵だ。
主役?は私たちサックス&フルートのはずなのに
いつも彼女の歌に魅了され、主役を持っていかれてしまう感じ。

シンガーソングライターのInekoさんのオリジナル曲 『ありがとう』 
とっても良かった。
歌を作って歌えるだなんて、素晴らしい才能だ。
CD出したらHITすると思うんだけどな。
稲里ひろみさんとのデュオで、なんと師匠のピアノ伴奏で。
師匠は楽器が何でもできる天才なんだ。

数人の生徒さんと師範代の先生、ヴァイオリンの古舘さん参加の 
『Aトレイン』 はかっこよかった。
私もこの曲できるようになりたいなぁ。

ホント楽しかったぁ。
打ち上げで、生徒さんたちと音楽やジャズの話できたのも楽しかった。
普段は音楽の話なんてする人一人もいないから。

ジャズ聴くのが気が狂うほど好きだから、もっともっとうまくできるようになって
演奏することも大好きなってみたいな。

また半年後、皆さんお会いしましょ。
スポンサーサイト

2016 冬のセッション

2016冬のセッション

3月6日、サックス・フルート道場のはっぴ妖怪、じゃなかった(笑)発表会に参加しました。

もう何回目でしょうか? たぶん5回以上ではないかと。。
前回は仕事のことや家のことやら。。と言い訳?してお休みした。

今回もとっても楽しかった。
クラシック・フルートの先生方の演奏はやはり音色もテクニックもダントツ圧巻。
言うことなし。もうデビュー(ジャズでも)しちゃえば良いのになぁ。

もちろんその他の方のフルートの音色もとてもよくなっていたと思います。
普段はカラオケで自分の下手なサックスの音色しか聞いていないんで
発表会でフルートの音色を聴くと「いいなぁ」 って思う。
「やってみたいなぁ」 ってね。
ホント、フルートの音色は柔らかくって素敵。

サックスの方たちも皆さんアドリブがどんどん上手になってる。
本当にジャズみたいだな。 あ、ジャズの発表会だっけ。
初めて間もない方や2回目という方も暗譜して音量もしっかりされてて素晴らしかった。

なんかまた抜かされそうだな。
最近後から入った方たちが発表会に参加されないなぁと思っていたら、
皆さん卒業されてしまったらしいんですね。
やばい~。

私の演奏は、自分ではよくわからなかったけど、「音が良くなったね」 
と師匠に褒めていただいて嬉しかった。
もしそうだとしたなら、師匠のLIVE(めちゃくちゃかっこよかったぁ)に行ったり、
毎日師匠のアルバム♪Reborn again(最高に素晴らしい。良すぎて癖になるよ)
を聴いているからでしょう。
と言っておきました。(笑)

今回は私も演奏した ♪All Of Me を演奏した方が多かったです。
私がこの曲を選んだわけは、THE VANGUARD JAZZ ORCHESTRA のLIVEアルバム
FOREVER LASTING』でテナーSAXのラルフ・ララマーさんが
とってもかっこよいアドリブを演奏していて(観客から 「おお~」 という声が上がるほど) 
私もそんな風にやってみたいなって思ったから。
でも実際には、考えたアドリブさえもうまくできなかったんですが。。

バックを支えてくださったピアノの納谷嘉彦さんとべ‐スの多田和弘さん、
長時間ありがとうございました。
初めてお会いしましたが気さくな方たち。
プロのバックの方たちがいなければ私たちの演奏は成り立たないのです。
感謝かんしゃでございます。
納谷さんのアルバム買いました。大好きな川嶋哲郎さんも参加してるというので楽しみ。
これからじっくり聴くつもり。

打ち上げでは、皆さんと色々お話しできて楽しかった。
音楽の話(特にジャズに関して)をできる人が身近に居ないんで
皆さんと交流できることが本当に嬉しい。
師匠ともいっぱいお話しできました。
昔はロックがなかったからジャズが流行っていたのだそう。
師匠の師匠である松本英彦さんは当時アイドル的な人気だったとか。
私が好きなSAXプレイヤーの宮沢昭さんも松本英彦さんと同年代なのだと。。

発表会の洋服は、新しいものを買おうと思ったけど、先日師匠のLIVEに行った時に着ていった
洋服をひろみさん(ジャズ歌手の稲里ひろみさん)が「かわいいから発表会にも着て来て~」
と言ってくださったので同じものにした。
実はこの洋服30歳以上も離れている次女がもう着ないから捨てるというのでもらったもの。
ちょっと無理があると思ったけど、そこはずーずーしい私なので着てしまった。
次回はもっと派手にしようかな。

メイクももっと派手にした方がよいと師匠に言われました。
アイメイクは、若い頃まつ毛をビューラーで上げたことがあるけどここ何十年もやってない。
たしかに発表会は非日常だからもっと派手にしてみてもいいかな。
次回挑戦してみるつもり。こちらはやはり娘たちに伝授してもらわないと。。

音楽(特にジャズ)聴くことが好きなのは誰にも負けない(理解度は除いて)自信があるけど
演奏するのは最近になってやっと少し楽しいと感じるようになってきたところ。

いつもやめようかなって思うけど、ジャズ聴くのが気が狂うほど好きで
家ではUSEN入れててジャズの番組ばかり聴いている。
聴いていると必ず素敵なサックスの音色が。。
「ああ、これ私もやりたいな~」って思ってしまう。
サックスやめるんだったらジャズ聴くのやめるしかない。
聴くのやめるのはSAX頑張ることよりつらいこと。
だからやるしかないんですね~。

片岡師範代の司会、いつも明るくて楽しい。
熊川師範代の音色、艶やかで大好き。お二人とも色々ありがとうございました。
そして、菊地KOSE師匠、お忙しい中素人の私たちに発表の場を与えてくださって
ありがとうございました。

ってことで、いつか(っていつだよ?)、皆さんの心をいやせるような演奏ができるように
なりたいと思っています。
っていつだよ~?(笑)

また半年後、皆さんお会いしましょ。

冬のセッション2016②

2015 冬のセッション

先日、サックス・フルート道場の発表会に参加した。
曲目は、前回の夏の発表会と同じく 『枯葉』

前回、アドリブが途中でわけわからなくなっちゃってひどかったんで
リベンジしては。。との考えから。
というか、前回から曲の練習をほとんどしていなかったんですね。
だから これしかないって感じもあって。

ブルースも前回と同じ 『バグズグルーブ』 だったんで、今回も参加。
やはりこれも前回自分がやっている小節が数えられず途中で師匠に止めてもらったこともあって
こちらもリベンジ?

結果は、どちらも何とかアドリブがあさっての方に行かずに終了できたかな。
「落ち着いて演奏出来ていたね。」
と師匠にほめていただいてうれしかった。

私自身、いつも発表会の演奏では違う世界?に行ってしまっていた けど、
今回は半分くらいこちらの世界にいられた感じだった。(笑)
自分が吹いているんだって感じられたよ。

皆さんの演奏も良かった。
毎回参加されている方は着実に音色もレベルも進歩していると感じた。
初参加の方はかなり緊張していたけれど、優しい音色でしっかり吹けていたと思う。

フルートのアンサンブルは素敵だった。
フルートの音色って優しくて好きだ。
こんな優しい音色だからジャズやらなくてもいいのにといつも思ってしまうんだけど。。

サックスのアンサンブル、師範代と若いEちゃん、イケメンT君の 『Aトレイン』 かっこよかったぁ。

飛び入り参加のギターとサックスの方の演奏も素晴らしかった。
いねこさん(シンガーソングライターIinekoさん)のジャズボーカルも良かった。
彼女のLIVEにはずいぶん前に行ったことがある。
可愛い声とルックスでピアノの弾き語り。
ジャズをやるようになっていたとは。。さすがプロのシンガーだな。

稲里ひろみさん の歌は相変わらず歌ごころを聴かせるジャズ。
ひろみさんが歌うとサックスでやってる同じ曲が違う曲に聴こえるほどだ。
ああ、こんな風にサックスで吹けたらいいなぁと聞いていていつも思う。

師匠と師範代の演奏はやっぱダントツ素晴らしい。
熊川師範代の音はもうずっとずっと憧れている。
どうしてあんなにつややかな音色が出せるんでしょうか?

片岡師範代は右手を痛めてしまっていたのだけどあの音色。
師匠がリラクゼーションぽい音になってきた、とおっしゃっていたけど、
なるほど以前に比べて優しくなった感じがする。
手が早く治りますように。。

師匠の 『砂の器』 すばらしかったぁ。
師匠の音色はフルートもサックスもいつもバリバリと切れが良くてかっこいい。
早く師匠のようなジャズに近づきたいなと思う。

私が子供のころ聴いていたのは歌謡曲、フォークソング、洋楽など。
高校生の終わりごろフュージョンに出会い、そしてジャズ。

今はほとんどジャズばかり聴いているけど、まだジャズ語を話せるようにならない。
まだまだ修行が必要ですね。がんばります~。

あと、外山安樹子さん のピアノ最高、ソロかっこいい~。

ビブラ~ト

昨年の夏に入院治療して、ほぼ1年くらいレッスンと練習をさぼって
(さぼりたかったわけじゃなかったけど)いたので、
またまた進歩がないままの先日の発表会だったけど。。

まあ、場かずを踏まなくちゃね。失敗は成功のもと。
と開き直り。。

先日のレッスンではビブラートのやり方を習った。
ってもう何回もやり方聞いたし練習もしてるけど。.
いまいちうまくできていない。

最後の音の長さによってビブラートのやり方も変えなくてはいけないのだって。

普段の練習はほとんど音階練習ばかりで曲練習はほとんどやらない。
というか、すぐに2時間たってしまうので曲までまわらないんだ。
まあ2時間以上やればいいんだけど、体力が持たないし。。

ドレミファ、レミファソ、ミファソラ、ファソラシ・・・
ドミレファミソファラ・・・
ドミソ、レファラ、ミソシ、ファラド・・・
ドミソシ、レファラド、ミソシレ、ファラドミ・・・

と上がっていき、上まで行ったら反対に下がってくる。
これを12キー全部やり、これ以外にも別バージョンの音階練習をする。

この音階練習にもビブラートを取り入れるといいのだそう。

ドレミファ~ レミファソ~ ミファソラ~ ファソラシ~・・・
ドミレファ~ ミソファラ~・・・
ドミソ~ レファラ~ ミソシ~ ファラド~・・・
ドミソシ~ レファラド~ミソシレ~ ファラドミ~・・・

って感じにゆっくりと。。
と、最初はゆっくりやっていたんだが、普段の練習の倍以上の時間がかかってしまう。
あ~、めんどうだな。と結局最後はいつものように。。

このようなことをみんなじっくりやっているんだろうな。
大西由紀子さんも纐纈歩美さんも寺久保エレナさんも矢野沙織さんも。。

今聴いてる ソフィー・ミルマン(vo)のベストアルバム、もちろんその歌声も素敵なんだけど
バックで吹いてるサックスがとっても妖艶でいい感じ。
どうしてもサックス好きな私はヴォーカルよりもサックスの音色に聴き入ってしまうんだなぁ。

誰が吹いてるんだろう?
こんな風にかっこよく艶やかな音色をだしてみたいもんだなぁと。

て~ことで練習がんばります。
最近の休みの日課は、温水プールに行ってそのあとカラオケで練習。
そして夜はジャズ聴きながら編み物orパッチワーク。
いい趣味だと思うんだけど。。と、誰も言ってくれないから自分で言ってみる。

2014 夏のセッション

22014セッション

久々に通っているサックス・フルート教室の発表会に参加した。
昨年の夏と今年の冬の2回の入院治療でレッスンずいぶん休んでいた。
練習を再開したのも5月くらいから。

今回は無理かなとも思ったけど、参加できる時にしておかないと
今後も何が起こるかわからないから。。
今回もみなさん結構レベルが高かったんで、ホント私なんか参加できる
ギリギリのレベルではなかったかと思う。

みなさん、またまた一段とレベルアップした気がした。
「うわ~。みんな、すごいすごい~。」 と聴いてて感動。
フルートの若い方も増えて華やかで素敵だった。

個人的には、一番若いYさん(20代半ば)のフルートの音色が素晴らしかった。
参加者の中でダントツ一番。
もう数年したらデビューできるのではと。。

私の演奏は。。(曲目はAutumn Leaves枯葉♪)
一緒に行った娘曰く、
「みんな楽しそうにノレてるのに、お母さん棒立ちでちっともノレてない。それに音ちいさっ(小さい)。」
はい、娘の言うとおり。
みんなの演奏聴いてるときはノリノリだったのに、自分の演奏の時は体も口もかた~くなっちゃってコチコチ。
なんか違う世界に行ってる感じ。
アドリブの順番も間違えちゃったので、(誰も私が考えたアドリブなんて知る由もないのにね)
修正できず途中で終わろうとしてしまった。

初めて参加した自由参加のセッション、「バグズグルーブ」 でも
アドリブをも前日に一生懸命考えたのに当日は違うことをやってしまった。
小節もまったく数えられず、テーマもめちゃくちゃ。。

でも、とっても楽しかった。
師匠と師範代の先生のサックスバトルもかっこよかった。
出演してくださった歌手の稲里ヒロミさんの歌と衣装もすてきだった。
アクセサリーを皆に貸してくださって。。
みんな大きいものばかり。ステージって非日常だから大きいものの方が生えるんだね。
今後参考にしようと思った。

ジャズって本当に楽しい。
ここの道場の発表会は多分レベルが高いんで、一般の人が見ても楽しめると思う。
一緒に行った娘もすごーく楽しかったと言っていた。
私が使っているアルトサックスは娘が中学の時吹奏楽で使用していたもの。
これがなかったらやっていなかったかもしれない。娘にも感謝だ。

1年前の夏に病気(子宮頸がん)を発症し、一時は死も覚悟したけれど、
まだこうして元気で生きてる。もう治った感じがしているよ。

そして発表会にまた皆さんと一緒に参加できたことをとても幸せに思う。
生きててよかった~、って。
みなさん、また半年後も元気でお会いしましょ。

レッスン再開 (^^♪

そろそろレッスン再開しなきゃって思って練習に行き始めた。
そして終わった後新しく買ったスワブをサックスに通したら。。
なんとひっかかって取れなくなってしまった。
アルトサックス用のスワブのはずなのに。。(;_;)

私が住んでいる田舎町には楽器屋さんがないのだ。
なんてこった~。 田舎に住んでる人は楽器やるなってか?

せっかくやる気が出始めたのにこれだよなぁ。
って~ことでせっかく都会までいくのだからついでに楽器の調整もやってもらうことにしたよ。
しばらく吹いていなかったけどそれ以前からも見てもらってなかったからね。

見てもらった楽器屋さんの近くにショッピングセンターがあるんで超久しぶりに
長女と買い物もしてきた。
なんと靴を4足も買ってしまった。
右下の靴以外はすべて長女のものだけど。

そして、今月からやっとレッスン再開。約1年ぶりだ。
もうぜーんぜんダメだぁ。
まあ、一からやり直すつもりでお付き合いくださいませ、師範代のセンセ。

くつたち

2013冬のセッション

ぽおh

またまた懲りずに参加した、サックス・フルート道場発表会。
私の演奏はもちろん?大失敗。っていつもの事だけど。
やっぱ練習が足りない&レッスンを受けない、からだね。(だって~いやなんだもの。。)

一週間くらい前からは真剣にやったけど、間に合うわけない。
練習の成果は日々の積み重ねだ。
分かってるくせに懲りない私だ。

しかし、プロのミュージシャンをバックに演奏できるなんて他では経験できないこと。
こんな幸せなことはない。
いつも感謝感謝だ。本当にありがとうございました。

皆さんの演奏もホントよかったよ。
妖艶な音を出す方はますますその凄さを増して。うっとり。。
前回出られた方は皆さん上達していたと思うし、初めて参加された方たちもいい音だったよ。

特にフルートシスターズの皆さんの演奏はジャズに限定されないすばらしい世界観を感じた。
音色も柔らかく優しくて。。
私もフルートやってみたいなぁなんて。。

本当は発表会、いつも出たくないんだけど。。

でも、ジャズを聴くのが死ぬほど好きな私だ。
ジャズを聴かない人生なんてありえない。

家でいつも流してる有線。絶対サックスの入っている曲が流れてくるんだよ。
聴いてると 「あ~、私これやりたい。こんな風に吹いてみたいなぁ。」
って思ってしまうんだ。
もうやり始めたからにはやめられない。
サックスの音色に魅せられて。。

やっぱり参加してよかったな。自分の演奏は置いといて、とっても楽しかったよ。
久しぶりに参加した、打ち上げも楽しかった。
お酒飲んで酔っ払ってバカ言わなかったかが心配。

KOSE師匠、師範代の先生、一緒にセッションしてくださった方々ありがとうございました。
♪フライミー♪ではアドリブめちゃくちゃになっちゃってごめんなさい。

死ぬほどジャズが好きだから、死ぬまでやり続けますよ~♪


2013せっしょん


<付けたし>
今回は超格安のワンピース見つけたのでうれしかった。(って~どうでもいいよ。、)
靴は、本番の時は持って行ったヒールの靴に履き替えたんだ。(って~そんなの誰も見てね~し。)
ついでに真珠のネックレスは近所の衣料品店でなんと367円だったのだ。うれしかった。
(ってそんなのやってたっけ?)

この写真くださった最近はやりのソウショク男子のイケメンT君、ありがとう。
彼の音も深みを増しててあたたかくて。。

早くジャズ語を話せるようにならないと。。

私がサックスを始めたのにはそれほど大した理由はない。
家に長女が昔中学の時吹奏楽で使っていたアルトサックスがあったから。。
(寝かせてくのはもったいないじゃん。)
ジャズを聴くのが大好きだ。。超ジャズ狂だ。
4年くらい前から子供達も大きくなり手がかからなくなって暇になった。
じゃあやってみるか、暇つぶしに。。と。

しかし、最近目標を失いかけていた。
サックスが上手くなりたい。しかしそれでどうするのか?
サックスプレーヤーになれたらカッコイイだろうな。。。
けど、なんのために?

そこで最近見つけた目標。
私と同年代の女性にエールを送ること。
女性(特に更年期)って男性に比べてストレスが多いと思う。
人生のイベントもたくさん。結婚・出産・育児・職場復帰・嫁舅・夫の浮気・借金の工面。。。
実際精神科疾患で入院してくる患者さんは男性よりも女性のほうが圧倒的に多いのだ。

音楽の経験はまるでなく、主婦で仕事もしている更年期のオバサンな私。
そんな私だからこそやらなくちゃいけない。
こんな私でも出来るよって事を見てもらいたいのだ。
同年代の女性を音楽を通して応援したいんだ。
これが最近の私の目標。

ジャズって何?聴いてみたいけど、何から聴けばいいの?
難しくないのかなぁ。
って聞かれることがある。
「じゃあ私のジャズを聴いてよ。ジャズって楽しいよ。」 と。
わかりやすい親しみにやすいジャズ、それができるようになることを最近の目標にしている。
いつか近いうちに身近な人達に聴いてもらいたいなと思っている。

だから早くジャズ語を覚えなくちゃ。。

こんな話を長女にしたら、「お母さんっておもしろいね。妄想がすごい。ぶっ飛んでる~。」
と。でも私妄想やめないよ~。。。

2012 夏のセッション

2012夏発表会

久しぶりに、通っているサックス・フルート教室の発表会に参加した。
いつもだけど、今回もすごーく楽しかったよ。

以前から出ている方達の演奏の進化にびっくり。
もう、みんなどうしちゃったの?すごく上手くなっちゃって。。
みんなデビューしちゃえば? って感じだったよ。

そして、ショックでしばらく立ち直れなかった。
震災でしばらく落ち込んでいて練習をさぼっていた。
しかしその間にもみんなは練習頑張っていたんだろうな。
なんか置いてきぼりを食った感じがした。

私の演奏は相変わらずだった。あ~あ。。。
曲目は、『枯葉』 『マック・ザ・ナイフ』。
必死にやったけど考えていたアドリブは途中からぶっ飛んでしまうし。
あれ私何やってんだ、あれ~音出てないよ、こんなはずじゃあ~。
っていつもの事だ。

「さわやかフルート・シスターズ」(と勝手に名前をつけてみた)
の方達の登場は新生のごとく素晴らしかった。
演奏もさわやかで皆それぞれの世界を持っていて、聴きほれ&見とれてしまった。
若い・可愛いい&綺麗で会場に花を持たせていた。

こういう女性たちがどんどん登場してくれるとジャズ界ももっと
メジャーになるのではないかと思う。
ジャズだってビジュアルとても大事だ。

「アルトサックスおじさま軍団」(とこちらも勝手に言ってみた。若い男性もいますが。。)
も一段とかっこよくうたっていた。
テナーの方たちの音色もグッと深みを増していた。

こんなにもレベルの高い発表会はほかにあるんだろうか。
皆とても楽しそうに演奏していた。
こんな素敵な仲間たちとプロのミュージシャンをバックにライブハウスで演奏できるなんて
幸せすぎるよね。

バンドの方達にはいつも感謝の念でいっぱいだ。
リハーサルを含めなんと5時間以上も付き合ってくださって、プロとは言えすごいこと。
ありがとうございました。

最後の師匠&師範代の演奏は相変わらずかっこよかったよ。
アースの曲を演奏してくれて楽しかった。
昔は洋楽大好きだったし、ジャズを聴くきっかけはフュージョンからだった。
若い時はディスコにも結構かよったっけ。。

いまいちな私の演奏だったけど、
「がんばったで賞」 を師匠にもらったよ。ありがとうございました。
その花束が↓ 嬉しかったのでコップに入れて撮ってみた。

花束

そして、裏話。
いつも衣装には気を遣っているほうだ。

今回は去年通販で買ったのもを着る予定だった。。
しかし前日試着して見ると、なんとサイズもちょっと大きいし、
「お母さんの顔と髪型には似合わないよ~。」 と次女に言われ。。

ってことで急きょ次女の持っているワンピースを借りたのだった。
そう、あの黒い小花柄スカートは30歳以上も年下の娘の洋服なのだ。
って~よくもずうずうしく着るよな。あんたいくつだよ?

あと、前回挑戦したネイル(付け爪)は継続。
新たな試みは、アイメイク。
アイシャドーを3種類、アイラインをやってビューラーで睫毛をあげ。。。
と、これは化粧好きな長女からの伝授。
まあ、そんなことやったってネイル同様、誰も気づかね~よ。
もちろん自己満足の世界だ。


ジャズって楽しいよ~。
聴くだけだった4年前。
まだ演奏する楽しさはそれほどでないけれど、ジャズの楽しさをいつか伝えられるようになりたい。
「ジャズって何?それ楽しいの?」 って疑問を持っている人、聴きたいけど何聴いていいのか
分からないって人に、「これがジャズだよ。」 と私のジャズを聴かせられるようになりたい。
それにはジャズ語を早くマスターしないと。。

ジャズ語を話そう

私が朝起きてまずすることは、有線のスイッチを入れること。
大体聴く番組は 「NEW DISC JAZZ」。今日はメルドーのNEWアルバムが流れている。
休みの日は1日中つけっぱなしの事もある。

そんなジャズ好きな私が始めたジャズ・サックス。
もう始めて4年近くも経ってしまった。
4年やったというより4年の年月が経過しただけの事。
いまだジャズとはほど遠く。。

先日のレッスンで先生に言われたこと。
ジャズのアドリブではジャズの音を吹かなくてはいけない。
クラシックにはないジャズらしい音というのがそれぞれのキーの中に存在していて
その音を吹かないとジャズにならない.
っていうこと。。

私のやるアドリブ(もどき)はまだそのジャズの音をとりいれていないんだよ。
ってよくわからないから。。
どの音なのかメモってみたけど、実際にアドリブをやったときにその音が吹けるかどうかが問題だ。
ジャズの音で自分らしいジャズ語を話さないといけないんだよ。

うんうん。よく良く聴いてみると、マイルスもコルトレーンもロリンズもパーカーも。。。
みんなジャズの音で自分のジャズ語を話しているんだね。

あ~、早く私もジャズ語がしゃべれるようになりたいなぁ。

pooh sax
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。