安野光雅~あんのみつまさ~

あんのみつまさ

安野光雅(あんのみつまさ)って知ってるかな?
透き通った色彩、柔らかなタッチ、そして精密な絵も描く、本の装丁や絵本を中心に描く画家。
高校1年の時、美術の先生が1冊の絵本を紹介してくれた。その時からのファン。
だからもうファン歴30年以上だ。

今までに出版された絵本は数十冊。いやそれ以上かな?
私が持っているのはほんの数冊に過ぎないのだけど、
色彩が柔らかくてやさしい。そして不思議で繊細。
眺めていると幸せな気持ちになれる。温かくなって気持ちが落ち着くんだ。

その安野さんの本が8月にまた出版された。
『安野光雅 キャンバスが絵になるとき』。
多くの著名人が彼との交流について書いている。絵もたくさん納められている。

店頭で見つけて、思わず「キャー。」 と悲鳴をあげそうになった。
値段も見ずに会計に走った。2200円。
でも、絵がたくさん入ってるし、安野さんと交流のあった方たちの文章から
安野さんの人柄や生涯がわかってとっても良かった。

安野さんて、絵の雰囲気からも伝わってくるけど、優しくて温厚、お茶目で楽しい、
繊細でこだりがある、新しいものが好きで勉強家。
いろんな面がある方で皆に好かれるとってもいい人らしい。

まだまだ読んでる最中。
絵が結構いっぱいあって、それも一つ一つ感動しながらながめてる。
もう、幸せ気分の今日この頃だよ。



ふしぎなえ

美術の先生が紹介してくれたのがこの本。『ふしぎなえ』。
エッシャーに影響されて描いた絵本。彼の絵本デビュー作だ。
これって本当に手で描いたの?っていうような精密さ。そしてユーモア。
とっても楽しい不思議な絵の数々。。



旅の絵本

この本は、もう数冊も続編が出ている人気の絵本。
看護学校の時、絵が好きだという私に寮で同室だった子が誕生日にプレゼントしてくれた本。
本当はもうすでに持ってたんだけどね。でもプレゼントでもらえたのがうれしかったよ。
そう。だから今でも同じ本が本棚に2冊。



かげぼうしl_f635ce2d9d71f217df9b60b36b2b23c60c8a4129

この本も買ったのはかなり昔。表紙はかなり色が変わっちゃってて。。
なんたって絵本に限らず自分が好きだったこと、最近数年前までもうずっと忘れていたんだから。
改めて読み返してみた。
え~、こんな内容だっけ。お茶目でメルヘンチックだなぁ。



安野光雅の世界

この本実は持ってないんだ。
いつか買いたいと思いつつ。。
画像がきれいなので載せてみたよ。

安野さんの絵本は、『ふしぎなえ』 『あいうえおの本』 『ABCの本』 のように
とても繊細で精密に描かれているものや風景などはさっと短時間で描いたのではないだろうか
と思える優しいタッチのものなどいろいろなタイプのものがあり、誰が見ても
好きになるんじゃないかと思う。
いや、この方の絵を見て好きにならない人っていないんじゃないだろうか。

安野光雅さん、今年85歳になられるそう。
新しいものが好きで、パソコンやスマートフォンも使いこなすのだとか。

まだ出会ったことない方、本屋さんの絵本コーナーにいけば必ず数冊はあるはず。
手にとって見てほしいな、安野光雅さんの絵本。
きっとやさしく幸せな気持ちになれるよ。


安野光雅 →ウィキペディア
安野光雅 →絵本の数々

ちゅら海からの風

ちゅら海からの風

ちゅら海からの風        うみまーる  井上慎也 ・高松明日香 著


みなさん、海好きですか?
最近暑くなってきて早くも夏気分。

この写真綺麗でしょう。

沖縄の海を撮った写真集。

        空を見上げれば、そのむこうに海が広がっている 
      ちゅら海からの風にのって ”うみまーる”があなたに贈る 
                水の惑星の物語

なみぬう

むかーしはよく行ったっけ。あまりきれいな海は行ったことないけど。

私の若いころは今みたいに 「美白」 なんてはやらなくて
海に行ったらオイルを塗ってひたすら焼く。
「小麦色の肌」 ってーのが主流だったんですね。

あーあ、そのおかげで今は美白とは程遠くシミが~。。。

ハリセンボン

5月に入って夜勤が4回。夕方の5時から翌朝の9時半ころまで。
途中休憩は2時間弱。

夜勤明けで帰ると、家の用事を済ませて軽く食事。
そしてお昼過ぎから睡眠zzz。。。

起きると夕方。
そして夜はひたすら夜中の2時、3時まで起きてて、そして朝は6時には起きなくてはならないから
結局睡眠不足。

せっかくの休みもだるいままごろごろしたりして無駄に過ごしてしまうことに。。

夜勤明けの休みの時間の使い方がまだまだ上手くできないでいる。

でも、聞くとみんなそうらしい。体がすぐに元に戻らない。
若い子だったら明けで寝ずに遊びに行ったりするんでしょうけど、
そんな真似したら体壊すからね。

歳だから無理しちゃいけません~。

そんな疲れ気味の日にはこんな癒しの写真集を眺めて過ごすのもいいかな?

私絵本は大好きで子供たちが小さい頃は、子供にはいい絵本をと思い
実は自分が欲しくて買っていた。

絵本の所有数は、ジャズのCD枚数にも負けないほど。
でも写真集は実は1冊も持っていなかった。

なぜって。わからないけど、普通に綺麗って思えるものはあったとは思うけど
それほどいいと思えるものに出会えなかったから。

毎年受けている人間ドック。これも仕事の一環で。
今年も5月の初めに。

うちの病院の人間ドック、待合がとてもきれい。って人間ドックてどこもそうかな?
ガラス工芸が置いてあったり、ソファもゆったり癒しの空間。

そして、そこに置いてある数冊の本。
毎年違うものが置いてあるんだけど、その本がセンスあるものばかりで。

検査の待ち時間に私はいつもこの数冊の本をめくるのを楽しみにしている。

待っている間だけだから、あまり堅苦しい本は少なくて、絵本やエッセイ・写真集が多いかな。

仲間いろんな

で、そこでこの写真集に出会った。ガツ~ンと衝撃。

手に取ったら素晴らしすぎて、思わず持って帰りたくなっちゃったほど。

写真ってこんなにも素晴らしかったんだ。。
写真というよりアート、芸術だ~。

あ~。海って見るものなんだって。
実際の海よりも数倍素晴らしいんじゃないかって感じるほど。

波(水)だけを撮った作品も数多い。
でもこれ普通の波じゃないんじゃないだろうかと。。

ネットで注文して見返してみて、あらためてその素晴らしいアートの数々に感動・感激!
誰かに共感してほしくて次女に見せたら、
「うわ~っ。」 「おぉ~!」
と共感の声が。。

91枚の芸術作品。最後にそれぞれの作品の題名と一言メッセージが載っている。

こんなセンスのいい本、いったいいつも誰が選んでるんだろう。
いつか事務の方にでも聞こうと思いつつそのまま。。

いつもお仕事張り切り過ぎてお疲れ気味の方たち、こんな写真集を眺めて心癒されて見て。
私のように 「写真」 よりも絶対 「絵」 でしょう、って思ってる方にもお薦めよ。絶対!

下記の 「カスタマーイメージ」 のところをクリックすると11枚の写真が見られます。
これ見るだけでもかなり感動よ。


オリオン座


ちゅら海からの風 →カスタマーイメージ

エリック・カール 「絵本の魔術師」


エリック・カール 絵本の世界ーいろのまほうつかい(大型本)

世界的絵本作家、エリック・カール(1929)。
独創的なコラージュの技法と色鮮やかな色彩感覚で、「絵本の魔術師」 といわれる。
お子様だけでなく多くの人に絶大な人気の絵本作家ですから、みなさんの家にも
エルック・カールの絵本が1冊くらいはあるのではないかと思います。
「はらぺこあおむし」 はかなり有名ですから、持っていなくても見かけたことはあるでしょう。

我が家にも、「はらぺこあおむし」 「パパ、お月さまとって!」 「だんまりこおろぎー
虫の音がきこえる本」  「ね、ぼくのともだちになって!」 「1、2、3どうぶつえんへー
かずのほん」 があります。
鮮やかな色彩のすばらしさ。1ページづつ、または見開きいっぱいに大きく絵が描かれている。
お話はこども向けですから、いたって簡単。
でも楽しくて夢いっぱい。何度も何度も読んでながめて、ほとんどボロボロになってしまった。



はらぺこあおむし




「はらぺこあおむし」
たまごからうまれた、あおむしは おなかがぺっこぺこ。たべるものをさがしはじめました。
げつようび、りんごをひとつみつけてたべました。かようび、なしをふたつたべました。
すいようび・・・。さいごにちっぽけだったあおむしはおおきくてふとっちょになりました。
そして さなぎになってかわをぬいで きれいなちょうになりました。

くだものをたべるところは、ページの紙がだんだん長くなっていく。
そして、ページにそれぞれ穴が開いていて、指を突っ込みたくなる、つっこんでしまう。
途中のお菓子の絵もすばらしいし、最後の蝶の絵もとても色鮮やかできれいです。




パパ、お月さまとって!

おつきさまをながめていた モニカが 「おつきさまとあそびたいな」 とおもって 
「パパ、お月さまとって!」 とせがむ。
パパはながーいはしごをもってきて たかーいたかーいやまのてっぺんにたてて
もってかえろうとする。おおきすぎてすぐにはもってかえれない。
そこで、すこしずつちいさくなったところで もってかえる。
モニカはよろこんで お月さまといっしょに とんだりおどったり、だきしめたり・・。
そして、お月さまはだんだん小さくなっていき、ぱっときえてしまう。
しばらくしたあるばん、お月さまがまたうかんでいる。
お月さまはまいばん おおきく、おおきく 、おおきくなっていく。

あり得ない話がたのしい。ほんとうにパパがとってくれたらいいのになぁ。
なんて、こどもは思ったりする。夢があるなぁ。
はしごをお月さまにたてるところは紙が折り込まれていて、開いていくと大きなお月さまになる。
それを開くのが楽しい、しかけ絵本。



ね、ぼくのともだちになって!

ねずみさんが、ともだちがほしくて、いろんなどうぶつたちに 「ね、ぼくのともだちになって!」
とあるいていく。でもみんな返事をしてくれない。
動物は、うま、わに、ライオン、さい、あざらし、さる、くじゃく、きつね、カンガルー、きりん、
へび。そして最後に、「ええ、いいわ!」 とメスのねずみがいってくれる。
ほのぼのとしたお話。それぞれの動物たちもきれいな色彩で描かれている。


「エリック・カール展」 が開催されます。
松屋銀座 8階大催場 4/29~5/12 10:00-20:00

エリック・カール スペシャル・ページ  http://www.kaiseisha.co.jp/ericcarle/index.html
エリック・カール ウェヴ・サイト 』 
エリック・カールの絵本

わたしのおふねマギーB



わたしのおふねマギーB      アイリーン・ハース  さく・え  
                      うちだ  りさこ   やく     福音館書店

絵本の紹介第一回目は、『わたしのおふねマギーB』 です。
この本を最初に手にとったのは、高校生の時。近所の本屋さんで。

ちょっとダークがかった淡いきれいな色使いの絵。
おふねには動物たちがいっぱい乗ってて、くだものの木があって
お花も咲いてて、鳥の巣もある。
女の子が絵を描いてて、男の子が海を見つめてる。
なんか楽しそう。
そして、表紙を開くと、またまたとてもきれいな色使いの絵。
見開きいっぱいに描かれた絵。鮮やかな色なのに、落ち着いたトーンですばらしい。
うわーすごい!と初めて見たときは声を上げたような気がします。

女の子(マギー)が、お星様に、自分の船で航海したい、とお願いをしている。
    ほっきょよくせいさん  
    うみの  おほしさん
    おふねが  ほしいの
    わたしの  なまえつけた  おふねで
    おもいっきり  うみを  はしりたいの
    いちんちじゅう
    だれか  なかよし
    いっしょに  のせて 

航海しながら船の中で弟(ジェームス)と一緒に一日を過ごすマギーのおはなし。
おひるは木の下で、おべんとうを食べる。
シチューを作ったり、マフィンを焼いたり、おなべやストーブ、オーブンだってあるんです。
ジェームスをながしでおふろにいれてあげている。
とてもやさしいおねえちゃんだ。
こんな一日過ごせたら楽しいだろうな。

ただ残念なのは、絵は2ページづつカラーとモノトーンの交互で描かれていること。
すべてカラーだったらもっともっとすばらしいにちがいありません。
多分原画はすべてカラーだと思います。
これは多分絵本の定価の問題なのかもしれませんが。

最後は、「マギーBの いちにちは おわりました。」 と書いてある。
夢ではないんですね。そこがまたいい。   
  

絵本・その小さな魔法

先日、仕事で受け付けをしていたとき、受け付けのカウンターに
『絵本のある子育て』 という冊子があるを見つけました。
精神科の病院で小児科もないのになぜ?と疑問に思いましたが、
まあそんなことはどうでもいいんです。
私は絵本が大好き。そのことを思い出しました。

その冊子は、”こどもの本の童話館グループ” というところから発行されているもので、
最初の記事に代表の川端強さんが書いた文章がのっていました。
「絵本・その小さな魔法」 ということで、絵本をこどもに読んであげることの大切さと素晴らしさ
について書かれてありました。

絵本は子供たちが小さい時には随分読んだものでした。
福音館から毎月出版されている 「こどものとも」 は年間購読を幼稚園を通して申し込んで
あったので、毎月子供が幼稚園から持ってくると、親子で楽しんで読みました。
その他、出かけるたびに本屋さんに行っては、好きな絵本を選んで買っていました。
本屋さんに置いてないときは注文することも。
子供のためにというよりも私自身が楽しんでいたように思います。
我が家の一番下の次女は現在中1。毎晩絵本を読んで聞かせていたことも
もうかなり前のことで、忘れてしまっていました。

そんなことをこの冊子を読んでいたら思い出しまして、家にあるたくさんの素晴らしい絵本を
ブログで紹介してみようかなと思いました。
どうせ、「じゃずりんぐ」 といっても雑多なブログ。
書いている記事はとりとめも無いことばかりで、訪問してくださっている方も
わかってくれていることでしょうから。
音楽好きな人の中には、美術が好きな人も多いと思います。
美術が好きならきっと絵本も。。
小さいお子様がいる方はもちろん、大人でも楽しめる絵本を紹介したいと思います。

我が家の絵本の数は、「こどものとも」 のように毎月発行されているものを含めると
かなりの数。数百冊にも。。
大好きなジャズのCDの保有枚数よりも多いと思います。

ということで、本日は前置きのみで次回より紹介していきたいと思います。
絵本の好きな人いたら、うれしいなぁ。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク