スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が洗われる~ヤロン・ヘルマンのピアノ

ヤロン
ヤロン・ヘルマン・デビュー

以前にもヤロン・ヘルマンのアルバムを紹介したことがあったけど→(『muse』)
その時とても感動して、是非デビューアルバムも聴いてみたいと思っていた。
それがやっと実現。

キースジャレット、ブラッド・メルドーに続くピアニストって言われるけど、
もしかしたらもっとすごいピアニストかも。

抒情的で繊細で、しかもとても力強く独創的。 
優雅さと陰り、躍動と静寂、。。すべての情緒が含まれた作品。
言葉ではとても言いつくせないな。

表現力の素晴らしさは断トツにすごい。
聴いてて心が洗われる。
本当に聴いていたら綺麗な心の持ち主になるんじゃないだろうか。

聴く前と後とで心を比べてみることができたら、きっときっと聴く前よりも
澄んだ心になっているに違いない。

彼はなんと16歳からピアノを始めたんだそう。
それまではバスケとかスポーツをしていたんだとか。驚きだよ。

ピアノって本当素晴らしい楽器だ。いつも書いてるけどね。
歌の伴奏もできる。ソロもできる。ベースの役割も。。
なんたって、その音色聴いてるだけで涙出そうだな。

子供のころずっと習っていたけど今は何も弾けない。
だからやっていたって言えないけどね。(って言ってるじゃん)

何度練習しても弾けない。楽譜が難しい。指が回らない。
難しさがよくわかってるからもうやらない。

そして難しいのか簡単?なのかよくわからないサックスを始めた。その音色に魅了され。
しかし始めてみると、楽器って簡単なのもなんてないことがよくわかる。

男性はピアノを弾けるだけで女の子を落とせる? らしい。
確かに上手にピアノを弾ける男性って素敵だ。
たとえちょっと不細工?だってかっこよく見える。

ベースやドラムができるのとちょっと違う気がする。
ってこれはしろうと考えにすぎないけどね。

ってまたまたレヴューになってないよな。
本当綺麗なんだな、このヤロン・ヘルマンのピアノ。

ジャズ?ではない気がする。
3曲目は、ちょっとキース・ジャレットの 『ケルン・コンサート』 の後半部分に似たような
雰囲気も感じるけど、どれも彼の独創的な世界。

6曲目はダイナミックでアヴァンギャルドな雰囲気。
そして、ジョージ・ウィンストンのようなカントリー風の曲もある。

「サマー・タイム」 ってこんなに優雅な雰囲気の曲だったっけ?

ヤロン・ヘルマンのピアノ、すごくいいんだな~。
もう最近毎日魅了されている。

キースにもメルドーにも出せない世界。
なんか、私このピアニスト一番好きになりそうだな。今は一番好きかな。


1. サマータイム
2. ブラッサム
3. フェイシング・ヒム
4. 黄金のイェルサレム
5. リベラ・メ
6. フーガ
7. エリー、エリー
8. ピエ・イェス
9. オズ・シャローム
10. ドロップス
11. 語り手のとき
12. フラジャイル


ヤロン・ヘルマン →デビュー
スポンサーサイト

ヤロン・ヘルマン・トリオ

ヤロン.ヘルマン
Muse(瞑想)

このアルバムも先日のジョアン・レンカストレ同様に自宅の有線で知ったアルバム。
ヤロン・ヘルマン・トリオの 『Muse』 。
いいアルバムって絶対に耳に止まるんですね。

もう絶対に聴きなさいよ~!ってその曲全体が語ってる?
って感じなんですね。

キース・ジャレット、ブラッド・メルドー、その次にくるピアニストはこの人。
キース・ジャレットよりはブラッド・メルドーに近い雰囲気で、かなり叙情的で繊細。

長女を迎えに行った時車の中でかけていて、「お母さん、珍しいの聴いてるね~。」
と言われた。
普段のわけわからない系(って私はそうは思わないけど、皆はそう思ってる)
とは違い、かなりいい感じってのがわかったらしい。
弦楽四重奏団も共演しているから、クラシカルな雰囲気もあるし、「ノクターン」 のように高尚
なようでもある。

3曲目は特にすごくて、有線で聴いた時にとても気に入った曲。
叙情的の中にも迫力もあって。
かっこいいんだなこの曲。
これ聴くだけでもこのアルバム聴く意味あるかな。

ヤロン・ヘルマンは、なんと16歳からピアノを始めたんだそう。すごいなぁ。
10月に来日するらしい。行って見ちゃおうか。

瞑想、妄想、幻想、夢想、空想、想像。。。あとどんな言葉が似合うかな。
とっても好きになりそうな予感のアーティストだな。


1. ミューズ
2. コン・アルマ
3. ヴァーティゴ
4. 砂漠へ
5. ペルペトゥア
6. イゾベル
7. ジョア
8. ル・イェヒ
9. トゥインズ
10. アンド・ザ・レイン
11. リナ・バレ

ヤロン・ヘルマン(p)
マット・ブリューワー(b)
ジェラルド・クリーヴァー(ds)
エベーヌ弦楽四重奏団          2008年9月 フランス


Yaron Herman/Muse 視聴あり → http://www.yaron-herman.com/
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。