スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者がススメル安楽死

安楽死医者がススメル

医者がススメル安楽死      柴田二郎 著   新潮社 

 
最新医療にNO! 医者だから語れる終末医療の真実。

■著者による内容紹介
安楽死を通じて、日本の医療、日本人の考え方を問いたい。 安楽死は、一人の個人が、最終的に出来る決断だが、日本では周囲の環境に、その決断を許さない空気がある。戦前、戦中、戦後を通じて生きてきたものとして、生きることと死ぬことの意義を改めて考えたいとと思って、必死の思いで書いた。安楽死よりも憂国の志を読みとってほしい。


またまた、柴田二郎先生の本。
先日の日曜日の休日出勤で読みました。

また、来院患者さん1名でして。
やっぱ私って人気のない看護師なのね。。

1度はまると、とことん追求するタイプ。何事にも一途な私。
好きなアーティストだって何枚も聞きまくってしまう方で。

この柴田二郎先生の考え方って結構好き。

そうです。最新医療のおかげで、ずいぶん平均寿命が延びている。
でも、すべての人が人間らしい生き方かいうと疑問も多い。

高齢で食べられなったら、胃廔(経管栄養をするために胃に外側から穴をあけること)を
つくったり、高カロリーの輸液をしたり、尿道カテーテルの挿入や人工呼吸器の使用。。。

やっぱ死ぬときは、何もやらずに自然に最後を迎えたい。
延命治療は望まない。
私も家族にはかねてからそう言っている。

まだそんな歳じゃあないけれど、いつかはその日がくるのだから。
癌になったら告知してほしい。死ぬための身辺整理や心の準備もしておきたい。
人生の最後は自分で決めたい。

しかし、現在の医療ではなかなか、人間らしい、安楽な死に方は難しい。

ということで、先生のご提案、
目張りした部屋で一酸化炭素を発生させて、睡眠誘導剤を5錠または10錠位服用する。
一酸化炭素中毒で死に至るとのこと。

そしてガンの末期には、いっさい食事をとらずスポーツドリンクをお腹いっぱい飲用する。
最小限のカロリーしか補給せず、いっさいのタンパク質が入ってこないから、衰弱が早いと。。

安楽死を望むのであれば、生前遺書を書いておくことが大事で
協力してくれる医者も選んでおいたほうが良いと。
ってなかなか協力してくれる医者は見つからないと思いますが。

老化現象は放置しろ、ガンは手術するな、慢性疾患は放っておいたほうがいい、
ポリープは切る必要はない、。。。老いは素直に受け入れよと。

序章  最新医療に「NO」と言うために
第1章 安楽死はそんなに難しいことではない
第2章 「老い」を素直に受け入れよ
第3章 介護施設は死に損ないの吹き溜まり
第4章 安楽死とは自分の意志を貫く最後の機会
第5章 現代医療は結局、単なる気休め
第6章 安楽死にまず必要なことは?
第7章 今こそ考えたい「殺す医療」
第8章 安楽死か、人権か
第9章 では、「生きる」とはいったい何だろう

まあ、お若い方は自分の死ということについてあまり考えないかもしれませんが、
私は職業柄、毎日高齢の方たちを目にしているので、死についてはいつも考えてしまいます。

死ぬときは、辛い延命治療はいやだなとか、ガンとかで痛みが強かったら、
生命の危険など考えずに麻薬をガンガンつかってほしいなとか。。。

なるべく苦痛が少なく、自然死に近い死に方したいものです。


医者がススメル安楽死 →http://www.arsvi.com/b2000/0110sj.htm
スポンサーサイト

患者に言えないホントの話

患者に言えないホントの話

患者に言えないホントの話        柴田二郎 著    新潮文庫


以前 『医者のホンネ』 の紹介をしたあとこの本 『患者に言えないホントの話』 
を読もうと思っていたけど、読むのににずいぶんの時間を要してしまった。
なんたって字が小さいんで、読むのが疲れるんです。
最近、老眼ひどいからなぁ。

「医療は文化であって科学ではない」
「病気は治るものは放置しておいても治るし、治らないものは万般手を尽くしても治らない。
(伝染病や外傷は別として)」
「医療はすでに社会的使命を終えた」
「厚生省は必要ないのではないか」
とおっしゃる柴田先生。
賛否両論あるそうだが、うなずけるところは大いにある。

「塩・酒・タバコに関する三大迷信」
のところで、食塩を多量に摂取したからといって高血圧症になるわけではなく、
酒類を多く飲んだからといって肝硬変になるわけでもない、
喫煙と肺がんもあまり関係がない、と書いている。

確かに、酒もタバコもやらず食生活にも注意していた人が早死にすることだってある。
なーんにも悪いことしてないのにね。

じゃあ、気にせず好きなように(ほどほどに)、今のままの生活習慣を続けていてもいいってことか。

「眠られぬ夜のためには酒か睡眠薬か」
不眠に酒は助けにならない。寝酒って迷信。かえってお酒は眠りを妨げるんだそう。

その他
「エイズで儲けている男たち」
「医者は本気で医療をやっている積りか」
「ドーピングのどこが悪い」
「自然科学で命が救えるのか」

など、興味深い話題がたくさん。
医療現場に長く臨んできた医師だから言えること。

私たち医療従事者は何ができるのか。
医療って人間関係で成り立つもの。
患者さんに少しでもその手助けができて、ああよかったって帰って貰えたらそれで充分
なんだと思う。


柴田二郎 医業のこと →http://www007.upp.so-net.ne.jp/shibata/hospital.html
医者に言えないホントの話 →本の紹介

柴田二郎の本

090227_1318~01001[1]

医者のホンネ           柴田二郎 著    新潮文庫


最近読んだ本。
精神科クリニックを開業しているDrが書いた本。

先生、本当にこんなこと書いちゃっていいんですか~?
っていうくらいのホンネを語っている。

「医療はすでに社会的使命を終えた。」
「治るものは治るし、治らないものは治らない。癌や糖尿病、高血圧も今の治療は
対症療法でしかない」
「癌は喫煙ではなく遺伝子で決まる。」

さらには
「精神科医療は医療ではない」
「カウンセリングは無効」
「作業療法は有害である」    と。

えー、こんなこと書いたら臨床心理士や作業療法士が怒るよ~。

「病気が治るのは最終的にはあくまで人間の自然治癒力によるのである。
むしろ医者がすべきことは、病気の診断や治療よりも、医者がそばについてあげて患者に安心感を与えてあげること。これは医療というよりも、むしろ介護、看護的な仕事である。」

確かにそうかもね。
医者に診てもらっただけで、治ったような気になるものね。


『精神科クリニック物語  精神科医療への疑問』
にも上記にかぶるないような内容のことが書かれていてこちらも興味深い。

このほか
『患者に言えないホントの話』
『医者がススメル安楽死』
『医療の常識を斬る』

など、多くの著書を書いていて、まとめてネットで購入したので、少しずつ読んでいるところ。

精神科については仕事柄とても興味があって、最近本を読むなら精神科本、って感じ。
まあ、柴田先生の本は精神科本ってわけではないのだけど、精神科のDrってことで
とても興味深い。

精神科については現在の外来勤務ではわからないことが多いから、
来年はぜひ病棟勤務を希望しようかなと思っている。


柴田二郎・本 →http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3068781
柴田二郎のホームページ →http://www007.upp.so-net.ne.jp/shibata/
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。