ショパン~優雅なピアノの調べ


別れの曲/ショパン・ピアノ名曲集


最近クラシックに目覚めた私。

でも聴いているのは名曲集ばかりで、どの演奏者がいいとか、どのオーケストラ、指揮者は誰?
なんてことにはまだまだ及ばない。
今後追究していきたいと思っているけどね。

最近聴いているのは、ショパン。
聴いてたら、知ってる曲ばかりでびっくり。

クラシックって本当に生活に密着してる音楽なんだって最近わかった。
ジャズよりもよっぽど身近かもね。

そしてうちの長女が弾いていた曲もいっぱい。
 「幻想即興曲」「ノクターン」「別れの曲」。。。

でも、なんかテンポが違うんだよな~。きっと上手く弾けてなかったってことね。
あ~、ごめんよ、娘さん。言いたいこと言って。。。許してね。

しかし、こんなに速度の速い曲をこんなにも優雅に弾けるってすごいよね。
クラシックって楽譜通りだからある意味簡単?

なんてふと思ったこともあったけど、そんな訳ない。
こんなに難しいオタマジャクシ真黒の楽譜を読んで弾くなんて神。

そして暗譜するって?半端ないよな。

じゃあ、やっぱジャズやるしかないか。しかしジャズも難しい。
あのアバウトなアドリブ。あこがれ続けるだけか。。

簡単にできる音楽ってないもんだろうか?
努力の苦手な私。救いようがないか。。

このアルバム、ディスカウントショップで半額で見つけた。
ショパンってみんな好きでしょ。とくに女性はみんな。

知らない曲が1曲もないくらいに有名なのばかりで。

あ~この優雅さ。。私にはどう逆立ちしても得られないものだな。
聴くだけでもちょっとは身に付けたいものだ。って聴くだけじゃ無理か?

『別れの曲/ショパン・ピアノ名曲集』 って検索したらもう何枚も同じ題名のものがあって
これと同じジャケットのものが見つからなかった。
仕方なくケータイの画像載せました。


1、幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
2、ノクターン 変ホ調長 作品9の2
3、ノクターン ホ短調 作品72の1
4、ノクターン 嬰ハ短調 遺作
5、子犬のワルツ 変ニ長調 作品64の1
6、ワルツ 嬰ハ短調 作品64の2
7、別れのワルツ 変イ長調 作品69の1
8、前奏曲(雨だれ) 変ニ長調 作品28の15
9、前奏曲 イ長調 作品28の7
10、軍隊ポロネーズ イ長調 作品40の1
11、英雄ポロネーズ 変イ長調 作品53
12、マズルカ 変ロ長調 作品7の1
13、子守唄 変ニ長調 作品57
14、革命のエチュード ハ短調 作品10の12
15、エチュード(別れの曲)ホ長調 作品10の3

アルトゥール・モレイラ=リマ(1、2、4~8、12、14、15)
ジョン・オコーナー(3)
ジャン・イヴ・ティボーテ(9)
ジョナサン・ヒンデン(10)
アンネローゼ・シュミット(11、13)

フィギュア・スケート・クラシック 

フィギュア
最新! フィギュア・スケート・クラシック 2009~2010


猛暑ですね。みなさん、大丈夫ですか?
熱中症には注意しましょうね。

最近、クラシックに目覚めた私。
バッハ名曲集、バロック名曲集、に始まり、チャイコフスキー、モーツァルト、ラフマニノフ、。。
とここ1カ月以上クラシックに心酔している。

「じゃずりんぐ」 から 「くらしっくりんぐ」 にブログ名変更しようかと。。^^v

ラフマニノフはアート・テイタムを思わせるあの何十本もの指で弾いているかのような
ピアノの曲&演奏の数々で。結構好きだな。

そして最近出会ったのがこのアルバム。
『最新! フィギュア・スケート・クラシック 2009~2010』 

フィギュア・スケートにはいい曲いっぱい使われてるんだな。
あの選手のあの演技が。。と思い返しながら聴くのもまた楽しい。

そして聴いていたらまた見たくなってしまった。
プルシェンコ、ランビエール、真央ちゃん、ミキティ、大輔くん。
ビデオに撮ったものを見返してしまった。。

そうそう、「シング・シング・シング」 ってクラシックじゃないよね。ジャズか。
最近はフィギュア・スケートに使われる曲もクラシックだけでなく様々。

小塚君は、ジミヘンやってたよね。びっくりした。

こうやってCDであらためて曲だけ聴いてみるのもまたいいものだな。


1. 前奏曲嬰ハ短調作品3-2「鐘」(ラフマニノフ)  ー 浅田真央
2. 組曲『仮面舞踏会』より「ワルツ」~「ギャロップ」(ハチャトゥリアン)   ー浅田真央
3. パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏(ラフマニノフ)   ーレイチェル・フラット
4. Sing Sing Sing(ルイ・プリマ)    ーレイチェル・フラット、浅田真央
5. 道(映画「道」テーマ曲)(ニーノ・ロータ)     ー高橋大輔   
6. ノクターン第20番嬰ハ短調「遺作」(映画「戦場のピアニスト」挿入曲)(ショパン)  
                 ーカロリーナ・コストナー、エフゲニー・プルシェンコ
7. オペラ座の怪人 序曲(映画「オペラ座の怪人」テーマ曲)(ロイド=ウェバー)   ー中野友加里
8. ピアノ協奏曲 ヘ長より 第3楽章(ガーシュウィン)   -キム・ヨナ
9. アランフェス協奏曲 第2楽章(ロドリーゴ)~抜粋~  -エマヌエル・セグレ、ミラノ・シンフォニカ
10. ロミオとジュリエット」(映画「ロミオとジュリエット」テーマ曲)(ニーノ・ロータ)
                                -キミー・マイズナー
11. 歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)     -荒川静香
12. ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18 第1楽章(ラフマニノフ)      ー村主章枝
13. バレエ組曲『火の鳥』(1919年版)より「終曲」(ストラヴィンスキー)   -安藤美姫
14. ヴァイオリン協奏曲『四季』より「冬」 第1楽章(ヴィヴァルディ)   -ステファン・ランビエール
15. 交響組曲『シェエラザード』より「若き王子と王女」(リムスキー=コルサコフ)~抜粋~
                                    -安藤美姫

フィギュア・スケート・クラシック 2009~2010 →レヴュー

癒し系Ⅱ バッハ&バロック~ゴールドの輝き。。。

息子 「お母さん、ジャズに飽きて今度はクラシック?」

そう、ジャズに飽きたわけではないんだけど、最近聴いている音楽はなんとクラシック。

バッハって光沢のあるベージュ・光り輝くゴールド色の音なんだ。

前からそう思ってたけど最近聴くごとにそう確信した。

クラシックって眠るためのものって思ってた。

昔妊娠中に無理やり聴いた(胎教のため?) 「母と子のためのクラシック」 
って感じのCD、聴き始めるといつも最初の3曲目くらいまでは憶えてるけど、
そのあといつも眠りに引っ張られる。

何度聴いてもそうだった。
その後出産したら、もう音楽なんて聴こうとする気持ちのゆとりもなくそのまま時が過ぎ。。

そして数年、いや十数年してジャズと出会い、sax始めたのが約2年前。

最近師匠から受けたジャズ講座で、バッハの曲のコードはジャズのものに似かよっていると聞いた。
そうか、じゃあ聴いてみなくちゃと。

クラシックなんて全然知らない。ジャズもよくわからないけど。
昔子供のころピアノを習っていたけど、超初級で終わったんで曲らしい曲を弾いた覚えがない。

最初に何を聴いたらいいのかわからず、まずはバッハと思い、
『バッハ名曲集』 そして、『バロック名曲集』 。

ジャズのコード自体まだ分からず、聴いたところでどこがどうジャズに似ているのかなんて
わかるはずもないのだけど、昔聴いたものとは違う音楽? って感じがする。

いや、違うんじゃなくて聴く気持ちの持ち方が変わったのか。
眠くはない、全然。

名曲集ってくらいだから結構どこかで聴いたことがある曲が多い。
しかしサビの部分しか知らないものも多いので全曲通して聴くと、
あ~こんなにいい部分があったんだ、もったいないなぁと思う。

「カノン」 や 「主よ人の望みの喜びよ」、ヴィバルディの 「四季」、「G線上のアリア」
よく聴いたことがある曲は 「ブランデンブルグ協奏曲第5番二長調BWV1050より第1楽章」 
って言うのか。あ~長い曲名だ。
「トッカータとフーガ二短調BWV565」 これも超有名だよね。

聴いてみて初めて曲名がわかる曲の数々。。

両方のアルバムに入っている 「アベ・マリア」(なぜか2つの曲名が違うんだな),
2つが違うバージョンで入っていて、特にハープシコードのソロの方は素晴らしい。

2つのアルバムの中でよく使われている、このハープシコード(チェンバロともいう)
って楽器の音色に魅せられている。

これ聴いてたら久しぶりにピアノ弾いてみたくなっちゃって、
数年前長女が弾いていた 「アベ・マリア」 の楽譜があるんで弾いてみた。
私もちょっとは弾けたはずと思い。。

しかし、全然弾けなくなってて(って当たり前だよ、練習してないんだから)
あーあ って感じでやっぱ聴くのみだ。

結構クラシックって皆知らないうちにどこかで流れているのを聴いたりして
親しんでいるんだよね。

もっとこれからちゃんと聴いてみようかなと思う。

ヴァイオリンってダークなゴールド色。高尚な響き。
フルートの鳥のさえずり。しかし力強い。トランペットも光沢のある音。

ジャズの音色とはまた違うんだな。

まばゆい光を放った音楽。
パイプオルガンのなんてキラキラ光っていること。
ハープシコードのなんて輝きのある音色。。。

最近の私の癒し系Ⅱ。

そしてこれから癒し?の患者さんたちに会いに(夜勤)行くんだ。




チェンバロ(ハープシコード) →ウィキペディア
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク