スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAGAさまの 『アートポップ』

アートポップ
アートポップ-デラックス・エディション(初回生産限定盤)(DVD付)

みんな心の中にある種の闇を抱えているのでは。
私の場合は子宮がんと宣告されたから?
いや、その前からだった気もするけど。

職場に行くとみなに元気をもらえる。
心優しく明るく最強な精神の同僚たち。
しかし、彼らだって人知れず泣くこともあるのでは。

そんな彼らやすべての人たちにおすすめのGAGAさまのニューアルバム 『アートポップ』。
アートとポップの融合。
レディー・ガガはポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルが大好きなんだとか。
私も好きだよ。この間ポップアート展に行ったばかりだ。

そんなアートなこのアルバム。冒頭から凄いよ。
EDMと思うけど、ただのそれじゃあないよ。
明るさパワー爆裂だ~。
曲も良い曲ばかり。どうして毎回こんなに良い曲が描けるのか。
こんなEDMが大昔にはやってたら一晩中踊りまくりだねきっと。

ジャケットも明るくエロティック。
中の写真もきわどい感じでGAGAさまらしい。
今までの更なるさらなる飛躍のアルバムだ。
聴くと元気いっぱい。パワーもらえて明るくなれるよ。

おまけのDVDでは自らの本音・心情など語っている。
GAGAさまの本来の姿も見られる。

やっぱLIVEを見るとまた迫力が違うのだ
是非いつか生でLIVE見てみたいものだ。って~今来日してるらしい。
会いたいなぁ。GAGAさま~。


ディスク:1
1. オーラ
2. ヴィーナス
3. G.U.Y.
4. セックス・ドリームズ
5. ジュエルズ・ン・ドラッグス feat.T.I.、トゥー・ショート、トゥイスタ
6. マニキュア
7. ドゥ・ホワット・ユー・ウォント feat.R.ケリー
8. アートポップ
9. スワイン
10. ドナテッラ
11. ファッション!
12. メアリー・ジェーン・ホランド
13. ドープ
14. ジプシー
15. アプローズ
16. アプローズ -DJホワイト・シャドウ・エレクトロテック・リミックス (ボーナス・トラック)
17. アプローズ -ヴァイスロイ・リミックス (ボーナス・トラック)
18. アプローズ -エンパイア・オブ・ザ・サン・リミックス (日本盤ボーナス・トラック)

ディスク:2
1. iTunes FESTIVAL 2013ライヴ 【日本語字幕付】
2. 日本独自インタビュー 【日本語字幕付】 (日本盤ボーナス映像)
スポンサーサイト

GAGA様

様ガガ
ボーン・ディス・ウェイ/レディー・ガガ

洋楽は大好きだったよ。よく聞いたのは中学の頃。
当時ラジオでやってた 『オールジャパン・ポップ20』 よく聴いたっけ。
録音もよくしたな。
この番組のディスク・ジョッキーはみのもんたさん。彼は当時はラジオ専門だった。

二十歳前後はディスコにもよく通ったよ。
GAGAは今の音楽のはずなのに、聴いてるとなぜか懐かしさも感じて
そんな若き日のことを思い出してしまう。

私の若い頃はバブルの時代。とても華やかだった。
いっぱい遊んで楽しんだよ。

でもその頃に戻りたいとは思わないよ。
昔は昔、今は今。

その頃があったから今の自分がある。


精神科看護、やればやるほど大変で最近深みにはまっている。
わかればわかるほどよりいっそうやらなくてはという思いにかられる。

歳だから体はいつも痛くてぼろぼろ。
精神的にも疲れてて。。
でも、気づけば家でも患者さんのこと考えている。

しかし、これほど精神的にも人間的にも成長できる仕事はほかにあるだろうか。
と自分の仕事こそが一番すごいといつも思っているオバカな私だ。


あ~、話がずいぶんそれたな。

GAGA様、いいよ~。
彼女は、歌も踊りも衣装も舞台もプロデュースも何もかも自分でやるからすごいんだな。
曲は素晴らしくいいものばかりだ。
踊りたくなる明るい曲が多いけど、しっとり昔を思い出しながら聴ける曲もあるんだ。

彼女はいろいろやりすぎて数億の負債もあるとか。
しかし、彼女のパワーですぐに返せると思うよ。

音楽ってやっぱ売れなきゃだめだと思う。
先日、『週刊文春』 で千住明さんも 「商業音楽じゃなければプロと言えないと思う。
音楽は人聴いてもらって初めて命を持つ。。」 と。

売れなきゃ人に聴いてもらえない。聴いてもらえなきゃその良さも分からないでしょう。
いくら一人が 「いいよ。」 って言ってもその価値を認めてもらえない。 

最近、社会現象にもなっているAKB48。
主役の彼女たちは素人かもしれないけど、周りはみなプロで固めている。
だからあれだけ売れるんだよね。

いつかまたジャズ・ブームが来たらいいなと思うんだけど。
専門家の皆さま頑張ってほしいな。
よろしく~。
私はただただ毎日聴くばかり。。


ディスク:1
1. マリー・ザ・ナイト
2. ボーン・ディス・ウェイ
3. ガバメント・フッカー
4. ジューダス
5. アメリカーノ
6. ヘアー
7. シャイセ
8. ブラッディー・マリー
9. ブラック・ジーザス†アーメン・ファッション
10. バッド・キッズ
11. ファッション・オブ・ヒズ・ラヴ
12. ハイウェイ・ユニコーン(ロード・トゥ・ラヴ)
13. ヘヴィー・メタル・ラヴァー
14. エレクトリック・チャペル
15. ザ・クイーン
16. ユー・アンド・アイ
17. ジ・エッジ・オブ・グローリー

ディスク:2
1. ボーン・ディス・ウェイ -カントリー・ロード・ヴァージョン
2. ジューダス -DJホワイト・シャドウ・リミックス
3. マリー・ザ・ナイト -ゼッド・リミックス
4. シャイセ -DJホワイト・シャドウ・ミュグレー
5. ファッション・オブ・ヒズ・ラヴ -フェルナンド・ギャリベイ・リミックス
6. ボーン・ディス・ウェイ -ヨスト&ナーフ・リミックス (インターナショナル・ボーナス・トラック)
7. ボーン・ディス・ウェイ -LLG vs GLG ラジオ・ミックス (日本ボーナス・トラック)

レディ・ガガ →PV試聴動画

ガガ様


THE FAME MONSTER

レディー・ガガ。最近かなり人気のアーティスト。
4月にも来日。

熱狂的ファン(は、ガガ様と呼ぶんだそう)も多いけど、その音楽も様相もかなり変態チック。
頭の上に伊勢海老を乗せちゃったり。。

私世代だとマドンナに似てる?と思う人もいるかも。
でもマドンナほど万人受けしないかな。一見一聴するとなんかすごく変わってるから。

聴いてみると、最初は 「え?なんて変態チックな。」 と思ったけど
聴くほどにはまってくる。
大昔に大好きで聴いていたPOPS(洋楽)とそんなに変わらない要素もあり
結構聴きやすい。

ディスコ(って今はないよね)でかかってたら踊りやすいのでは。
あ~、ディスコ大好きだったっけ。

前作の『フェイム』 と新作を合わせたCDとの2枚組。
前作を持っている人からは 「ちょっとずるい~っ。」 て声も聞かれそう。
でも8曲も新曲が付いているから納得できるかもね。

なんと4歳から作曲を始めて、ヴォーカル・ピアノ・作詞・作曲・プロデュース・ダンス・
衣装デザイン・舞台監督。。。
その他あらゆることをすべて一人でこなすのだそう。

そんなアーティストはそうそういないんだとか。
他には誰かと誰かくらいだとライナー・ノーツに書いてあって、その他のことも記事の参考に
しようかとさっきからライナー・ノーツ(CDケースも)を探しているんだけど見つからないの。

ウィキペディアにも似たようなことが書いてあるから、そちらをご覧になってね。
って、こんなにメジャーなアーティストだからもうみんな知ってるよね。失礼っ!

私がこんなメジャーなアーティストの紹介するなんてめずらしいよな。
自分でもびっくりだ。
もちろん最初は暇つぶしにと思って。このCDも私のじゃない。家にいる誰かさんのもの。

でも~、すごくいいのよ。かっこいい。バラードもいいよ。
LIVEとかでパフォーマンス(も、きっとすごいに違いない)見ながら聴いたら最高かもね。

ハードでポップな曲が多くてもちろんそちらもかっこいいんだけど、
大好きなのは13曲目のバラード調の ♪ブラウン・アイズ♪ かな。
ロックでもハードな曲の中に入り込んでるバラードにいつも心惹かれる私だから。

今後の活動に期待!なアーティスト。


ディスク:1
1. バッド・ロマンス
2. アレハンドロ
3. モンスター
4. スピーチレス
5. ダンス・イン・ザ・ダーク
6. テレフォン feat.ビヨンセ
7. ソー・ハッピー・アイ・クッド・ダイ
8. ティース
ディスク:2
1. ジャスト・ダンス feat.コルビー・オドニス
2. ラヴゲーム
3. パパラッチ
4. ポーカー・フェイス
5. アイ・ライク・イット・ラフ
6. エイ、エイ(ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ)
7. スターストラック feat.スペース・カウボーイ&フロー・ライダー
8. ビューティフル、ダーティー、リッチ
9. ザ・フェイム
10. マニー・ハニー
11. ボーイズ・ボーイズ・ボーイズ
12. ペーパー・ギャングスタ
13. ブラウン・アイズ
14. サマーボーイ
15. ディスコ・ヘヴン (日本盤ボーナス・トラック)
16. アゲイン・アゲイン (日本盤ボーナス・トラック)
17. レトロ・ダンス・フリーク (日本盤ボーナス・トラック)


レディー・ガガ →ウィキペディア
レディー・ガガ →ザ・モンスター


<追記>

モンスタ^
ザ・モンスター -リミテッド・USBエディション-(USBメモリー)(限定生産盤)

が、なんと6月9日に発売されるんだって。

●『ザ・モンスター』(Disc1)収録の8曲、さらにリミックス等を収録、
 「テレフォン」を含む今までのミュージック・ビデオを全て収録!
 そしてさらにシングル全てのジャケット等や貴重なフォロ・ギャラリー等ファン垂涎の豪華内容!

だってよ。
あ~、こりゃまた買わされそうだぞ。
でも見てみたいよね。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。