オーネット・コールマン

C1057500.jpg
オーネット・コールマン/フリージャズ

ジャズにはモダン、モード、スイング、etc いろいろありますが、
私が好んで聴くのはフリージャズ。
でも、こだわるつもりはありません。いいと思えるものでしたらなんでも。。。

これは私が好きな音楽のジャンルそのままのタイトル、オーネット・コールマンのアルバムです。
フリージャズというと、混沌、煩雑でまとまりのないイメージですが,
(私も聴く前はそう思っていました)そうではなく、
共演するアーティストがそれぞれの音を邪魔することなく演奏している。

そして、それぞれのアーティストが交代でソロをとっていていいハーモニーをかなでています。
アルバム全体もまとまりのあるサウンドになっています。

オーネット・コールマンのアルトはとても澄んだ音をしています。
いつも思うんですが、これってサックス?トランペット?って思ってしまいます。
私的にはエリック・ドルフィーが好きですので、ついつい彼の音に聴き入ってしまうのですが。。。
心地よい幻想の世界にいるような気分になれるアルバムです。


オーネット・コールマン(as)
エリック・ドルフィー(bcl)
ドン・チェリー(p-tp)
フレディー・ハバード(tp)
スコット・ラファロ(b)
チャーリー・ヘイデン(b)
ビリー・ヒギンズ(ds)
エド・ブラックウェル(ds)
                        1960 録音

魂を揺さぶる歌声

今日は次女の中学の入学説明会でした。
最初に選択音楽合唱団の合唱を聴きました。
そのすばらしいこと。
長女の時から、入学式、文化祭、合唱コンクールetc..何度か
聴いていますが、いつもいつも感動で涙が出そうになってしまう程です。
今の音楽担当の先生が、特に合唱に力をいれているからだと思います。
いつも聴いたあと、その感動を誰かに伝えたいと思っていたんですが、
ブログをつくりましたので、書いてみました。
子供たちの歌声って大人の人たちのものより、心に響きますね。
私の聴く音楽はほとんどがインストゥルメンタルですが、
子供の歌声は別格ですねー。まさに、魂を揺さぶる歌声。。。

HIGH and MIGHTY COLOR

071004_1110~01001[2].jpg
傲音プログレッシブ

ジャズが大好きって言っておきながら、ロック・グループの紹介。
でも、いいものはいい! から。
HIGH and MIGHTY COLOR 略してハイカラ。
沖縄出身の6人グループ。これは2ndアルバム。
2Vo、2Grで演奏はかなりハードです。
ヴォーカルのひとりの女の子、マーキーは女優志望というだけあって、
かなりかわいいし、歌唱力もまあまあ。
PRIDE(ガンダムの主題歌-1stアルバム)や、一輪の花(BLEACH:アニメの主題歌)が有名ですが、その他もかなりいい曲ばかり。
できれば、ボリュームいっぱいにして、大音量にして聴きたいものです。
LIVEもいいだろうなーと思って、去年の夏、渋谷AXでのLIVEに娘と一緒に行きました。
ちょっと恥ずかしかったんですが、他にも母娘で来ている人やちょっと年の夫婦も来ていて、
みんなノリノリでした。
かなりの爆音で、それでまた難聴がひどくなったのかも。。。
マーキー主演の1月27日公開の”あなたを忘れない”という映画も楽しみです。

1.一輪の花     8.リアルワールド
2.for Dear     9.A PLACE TO GO
3."Here I am"   10.STYLE
4.宝石の涙     11・パールシャドウ
5.水玉ラムネ    12.黒アゲハ舞う丘
6.背徳の情熱    13.星空に降る雪
7.罪         14.ガーデンオブMYハート

マーキー&ユウスケ(vo)
MEG&カズト(gr)
mACKAz(b)
SASSY(dr)

HIGH and MIGHTY COLOR オフィシャルサイト
http://handmc.jp/pc/index.html

まちの保健室

昨日のことですが。。
まちの保健室 で働きました。 といっても血圧と体脂肪をはかってあげて、心配なことや気になることがあったら、アドバイスするだけのこと。
月一回、看護協会主催で町のデパートなどの一角を借りて、実施しているんです。3人でやるんですが、各病院に頼んで、私はそのうちの1人としていきました。
最近はみなさん健康に気を使うようになりましたので、家に血圧計があるかたが多いですし、体脂肪を計れる体重計もありますので、お客さんはとても少なかったです。
そうしたら、私の職場のEちゃんがお母さんと一緒に遊びに?応援にきてくれました。いつもお世話になってる、年下の笑顔のかわいい女の子です。うれしかったー。
次回もし行くときは、もっと宣伝しようかなー!

片山広明with渋さ知らズ



渋さ知らズ、といったらこの人。
混沌とオバカが、このアルバムのテーマといってるように、
”渋全”にもまして、咆哮&炸裂、お祭り騒ぎの大騒ぎ!
乱れ吹きの乱れ弾き。雄たけびもあって。。
1曲目はチャールス・ミンガスの有名な、Fables Of Faubus 
この曲はいろんな人が演奏していますが、私は彼の演奏が一番好きです。
渋さ が一緒ということもありますが、大迫力ですごいです。
mcも楽しいし、舞踏やダンサーも素敵(ってDVDではないので実際には見えませんが)。
ジャッケットもおしゃれ。紙ジャケで、四方が折り込まれていて、左右上下を一枚づつめっくっていくとCDがでてきます。
すごーく楽しくて、いつも笑いながら、聴いています。
ジャズが好きじゃない人や落ち込んでる人、きっと明るく笑えます。

1.Fables Of Faubus
2・Solamente Una Ves
3.You Belong To My Heart
4.The Cat
5.March
6.L'addition
7.Drunkenstein
8.Mercy,Mercy,Mercy

片山広明(ts)
早川岳晴(b)
泉 邦宏(as,voice)
         with 渋さ知らズ
2006 録音





片山弘明 趣味の排便  http://www003.upp.so-net.ne.jp/korochan/

禁酒

070116_2235~01001[1].jpg

お酒大好きなんですが、最近やめました。
といっても、たしなむ程度には飲みますが。(ってどのくらいって?)
自分の為にはもちろん、家族の為にも健康でいることが大事だと
考えるからです。
年とともにコレステロール高め(正常値の上限前後)、血圧もやや高値でしたから。
やめてみると不思議と食べ物の好みが変わってきました。
それまで、こってり、辛い系が好みでしたが、あっさり、薄味で、ごはんや野菜をたくさん食べるようになりました。
体重も少し減りました。 身体にいいかも。。


渋さ知らズ

cd_shibuzen.jpg
 渋全

ジャズでこんなにも、はちゃめちゃで楽しい集団?オーケストラ?
があったんですねー。 フリージャズといえるのかどうか。。
いろいろな国の音楽が混ぜ合わさって、混沌、雑然としていて、
それでいて、日本のお祭り騒ぎのような要素もあるような。。
パフォーマンスも楽しいみたいで、是非一度LIVEに行ってみたいなー
と思っていました。そうしたら、なんと昨日渋谷でLIVE
やったんですって。今日知りました。
もし行った方がいたら、感想お聞かせくださいませ。
次回の2月のクラブ・イクスピアリでのLIVEは是非行ってみたいです。

1.ニューゲート
2.渚の男
3.阿呆の王
4.すてきち
5.校庭
6・火男
7.Pチャン
8.ワシントンポストマーチ
9.悪漢
10.ひこーき

不破大輔(ダンドリスト)
片山広明(ts)   他

渋さ知らズ オーケストラ http://plankton.co.jp/shibusa/index.html          

ノロウィルス

最近流行ってますね。
私が勤務している病院の外来にも、毎日それらしい方が何人か
いらっしゃいます。
抵抗力の弱いお子さんやお年寄りの方が特に感染しやすいようです。
かかると、下痢・嘔吐はもちろん、高熱のため身体の関節も痛くなったりするそうです。
流水・せっけんによる手洗いが効果的な予防法です。
特効薬はありませんので、かかったらできるだけ水分補給することが
大事です。
みなさん、気を付けましょう。

セシル・テイラー&山下洋輔デュオ・コンサート 公演延期



    070102_1712~02.jpg



ジャズの中でも特にフリージャズが好きなんですが、今日、行われる予定で楽しみにしていた、東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート2007、 セシル・テイラーの手術・静養のため、延期になってしまいました。 新聞その他で掲示があったようですが、私は知らずに行ってしまいました。  すごーくショック。 でも仕方ありませんねー。 2月21日にこのチケットそのまま使えるそうなので、次回を楽しみにするしかありませんねー。


この画像、千葉市中央公園のイルミネーションです。 私の家はここからさらに車で40~50分行ったところ。田舎なんです。以前撮ったものです。 関係ありませんが、載せてみました。なお、本文とはなんの関係もございません。                                 


LOST

2007758524.jpg

旅客機が太平洋上の無人島に墜落。生存者はわずか48名だった。人種も職業も違う見知らぬ者同士の彼らは、生き残るために協力を余儀なくされる。信頼、いたわり、友情、そして不信と裏切・・・。極限状態に追い込まれた人間の心理状態を見事に表現したドラマは、世界中の人々を釘付けにした。生存者には、それぞれ背負ってきた重い人生の過去があり、無人島の現在から過去へフラッシュバックし展開する緻密なサスペンスは、息もつかせぬ緊張感と知的好奇心を刺激する・・・。

最近ハマっている海外ドラマです。シーズン1をつい最近見終わりました。
と思ったら、昨日よりTBSで深夜1:59より始まりました。
先が読めない展開で、いつの間にか引き込まれてしまう作品です。
シーズン2のレンタル開始が楽しみです。
ソーヤはどうなるんでしょう?

swimming

久しぶりに近くの温水プールにいきました。
職場を9月に替えてからとても忙しくて、あまり行けませんでしたので。
暇な時は週1くらい行っていました。
スポーツは苦手なので、それほど泳げると言うほどではありませんが、
水の中で身体を伸ばすと、とても気持ちがいいので、
水泳は大好きです。
平泳ぎ25m泳いで、歩いて25m、クロール25m泳いで、
歩いて25m、これをずっと繰り返すこと50~60分。
その後サウナに20~30分。ジャグジーを10分くらい。
いつもやってるパターンです。
2時間くらいですが、ひとりでのんびりゆったりできるひと時です。

白虎隊

テレ朝の二夜連続で見ました。
お国のために、りっぱに生きてりっぱに死ぬこと、
そのこと以外に生きる選択肢を与えられていない若者たち。
戊辰戦争、という歴史上ではあまり多くを語られていない出来事の裏に
こんなにも、悲しく切ないドラマがあったんですね。
涙なくては見られないドラマでした。

画像を載せようと思ったけど、ジャニーズ系は絶対だめ!
だそうで、あきらめました。
でも、山Pがかっこよすぎー。。。

川嶋哲郎

4948722120124.jpg
CRESTA

彼に関しては、かなりのみーはーファンでして、もちろん自由に咆哮するテナーは
すばらしいですが、その吹いているお姿もとってもすてきー!
1年前、山下洋輔トリオのLIVEにゲスト出演したとき最後にサイン会をやったんですが、
もちろんサインももらって、握手までしちゃいました。
そして、「大ファンなんですー。」と気持ちを打ち明けてしまいました。あーいい年してはずかしっ。
アルバムでは、天元シリーズが有名でそちらもとても好きですが、
ピアニスト3人、ジェイソン・モラン、石井彰、中村真 とそれぞれ共演している
このアルバムもとってもすてき!
川嶋哲郎の自由に吹きまくるサックスとピアノがとてもハモっています。
冬の夜に聴くおすすめの一枚です。   

1.Thaw
2.In Other Words
3.C's Dream
4.Llanos
5.Mirage
6.Cresta
7.Bluespotted Mud Hopper

川嶋哲郎(ts,ss)
ジェイソン・モラン(p)(1,2,3)
石井 彰(p)(4,5)
中村 真(p)(6,7)      2003 録音

川嶋哲郎 オフィシャル・ウェブサイト http://tetsudas.com/

エリック・ドルフィー

s-far_cry.jpg
FAR CRY with Booker Little
 
最初に聴いた彼のアルバムは ”LAST DATE”でしたが、
その冒頭の EPISTROPHY の出だしを聴いたとき、とてもぞくぞくしたことを憶えています。
彼の吹くアルトもフルートもとてもすてきですが、バスクラは特にビリビリしびれます~。
なにかお話しているような、声みたいに聴こえます。
このアルバムは特に好きで、中でもTENDERLY のアルト・ソロ、バラード調の IT'S MAGIC にはとても心癒されます。
 
1.MRS.PARKER OF K.C.(BIRD’S MOTHER)
2.ODE TO CHARLIE PARKER
3.FAR CRY
4.MISS ANN
5.REFT ARONE
6・TENDERLY
7.IT'S MAGIC
8.SERENE

エリック・ドルフィー(as、bcl、fl)
ブッカー・リトル(tp)
ジャッキー・バイアード(p)
ロン・カーター(b)
ロイ・ヘインズ(ds)       1960 録音

電子カルテ導入

私の勤務している某病院では、
新年そうそう、電子カルテを導入しました。
休み明けということもあり、かなりの混雑ぶり。
苦情続出!!
「もう2時間も待ったんですよー。あとどのくらい待つんでしょう?」
「もう待てません。帰ります!」
皆様ご迷惑おかけしています。
軌道にのるのはいつのことでしょう?

ALL WAYS 三丁目の夕日

3.jpg

お正月休みに色々映画を観たんですが、そのうちのひとつを紹介します。
西岸良平によるロングセラーコミックを、『リターナー』の山崎貴監督が映画化した感動作。東京タワー完成間近の昭和33年。人情味溢れる東京都下の下町・夕日町三丁目にある自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。
キャストも豪華ですが、ストーリーがよくて、心温まりました。
涙、涙。。。

Happy New Year

新年おめでとうございます。
念願のブログを開設しました。
大好きなJAZZを中心に、映画、美術、LIVE、日常の出来事など、とりとめもなく
語っていきたいと思っています。
コメントなどいただけるとうれしいです。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク