JEFF BECK

boot_usa_06.jpg
ライヴ・ベック’06 (Offcial Bootleg USA 06)

エリック・クラプトン、ジミー・ペイジとともに、3大ギタリストといわれている、
孤高のギタリスト、ジェフ・ベック。
60歳すぎてもなお、常に新しいギター・サウンドを追求し、音楽的な挑戦を続けている人。

彼に関しては、かなりのミーハーな私。年齢を感じさせないスマートなお姿と演奏スタイル。
2年前の東京国際フォーラムでのライブも行きました。
かっこよすぎて失神するかと思いました。っておおげさじゃーないんですよー。
彼に関する本や雑誌はすべて買い集めている程の熱狂的なファンであります。
ほーんとかっこいーです。しびれる~って感じ、男性にはわからない感覚でしょうね。

このアルバムは前々から色々な方から薦められていて、私自信もずーっと
聴きたいと思っていたアルバムです。 
前回のライブ・ベック (Live at BB King Blues Club)よりも、
迫力的にはおとなしいとさえ感じるアルバム。
彼のアルバムはライブ盤でなくてもいつもかなりの迫力&爆音ですから。。
「Canse We’ve Ended As Lovers」哀しみの恋人達、
ってなんてすてきな曲なんでしょう。メランコリックで涙でそうです。
2年前のLIVEで演奏された曲が多く、その時の感動がよみがえります。
15曲目の 「Over The Rainbow」 は2年前の来日公演でも演奏していましたが、
すごーく感動です!
スタンダード曲としても最高ですが、彼の演奏はまた格別。

01.ベックス・ボレロ
02.ストレイタス
03.ユー・ネバー・ノウ
04.哀しみの恋人達
05.ビハインド・ザ・ヴェイル
06.トゥー・リヴァーズ
07.スター・サイクル
08.ビッグ・ブロック
09.ナディア
10.エンジェル(フットステップス)
11.スキャッターブレイン
12.レッド・ブーツ
13.グッバイ・ポーク・パイ・ハット/ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース
14.蒼き風
15.オーヴァー・ザ・レインボウ

ジェフ・ベック(g)
ビノ・パラディーノ(b)
ヴィニー・カリウタ(ds)
ジェイソン・リベロ(key)
                         2006 録音


250px-JeffBeckCrossroads2007.jpg


ジェフ・ベック、ソニーミュージック公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/JeffBeck/
The Golden Road:Jeff Beck 
          http://www31.ocn.ne.jp/~jeffbeck/
ジェフ・ベックの茶飲み話サイト<JEFF BECK FAN>
          http://www.sonicboom-net.co.jp/jeffbeckfan/


医師不足

本日はとても新患(初めて診療を受ける患者さん)が多かったです。
新患担当の医師は2名の時もありますが、本日は1名でしたので、
かなり診療が長引きました。
新患受付は11時までですが、新患の患者さんは一人一人の診察に
かなりの時間を要しますので、最後の患者さんの診察が終わったのが、
午後4時を回っていました。
待たされる患者様はとてもお気の毒です。
具合が悪い上に待たされる時間もとても長くて。。
待ちきれずに、お帰りになってしまう方もいらっしゃいました。
しかし、その方たちを診察する医師もとても大変です。
朝9時から昼食もとらず、5時過ぎまで診療。
精神科の病院ですので、ひとりひとり、丁寧にお話を聞くのです。
一般の科のような3分診療というわけにはいきません。
新患の患者さんはその日によって人数にばらつきがありますが、
本日はとても多かったこともありまして、医師1人ではかなり大変そうでした。
もう少し医師がいたら違っていたのではと思います。
最近、常勤の医師の退職が続いて、医師の不足を実感します。
田舎の病院ということもあると思いますが、どうにかならないかなーと思う今日この頃です。
看護師不足も日常的ではありますが、医師不足(地方は特に)も深刻だと感じます。
みなさんの働く病院、または通院している病院はどうでしょうか?

休日出勤

本日は仕事でした。休日の救急外来で。
休日の外来は一人で勤務です。
ちょっと緊張しますが、その緊張をすこしワクワクに替えてがんばります。
朝から、今日は大変だろうと覚悟を決めて臨みます。
すると案外大変じゃなく、思ったほど忙しくないものです。
案ずるより生むが安し。今日もそうでした。
でも、普段の外来とは違う休日の勤務も私は好きです。
患者さんと、いつもとは違う関わり方が出来るからです。
本日の外来患者数は7名。入院2名。
多いのか少ないのかはわかりませんが、まあまあの忙しさでした。
そしてまた明日から普段の外来が始まります。
おつかれさま~。

菊地雅章

Susto.jpg
SUSTO ススト

最近CDはレンタルすることが多いんですが(そうそう買い揃えるって訳にも行きませんから)、
そこで目に留まったのがこのアルバム。菊地雅章の「ススト」。
彼の作品はこれ1枚しかありませんでした。そして聴くのも初めて。
多分代表作なのかなと思いました。

聴き始めて、んーこれってマイルス・デイビス?って感じがしました。
マイルスの後期のアルバム「アガルタ」を思わせる雰囲気がします。
でも曲調もメロディーもかなりきれいで、ノリのいいリズム。
やはり解説には、
「81年に発表された『ススト』はマイルス・デイビスの70年代に示した音楽性の その先 をさらに力強く大胆かつ綿密に風穴をこじ開けた傑作として音楽史のなかですでに確かな評価を確立した作品」
と書いてありました。

いろいろな楽器の音がなっているなかで、彼のキーボードの音がきれいに響いていて、
曲調も落ち着いた雰囲気で、懐かしいような感じさえします。
3曲目なんて、CMかどこかで流れていたのではと言うくらい聴きやすいメロディーの曲で、
とても親しみやすいです。
4曲目は、やばくかっこいーって感じで何度でも聴きたくなります。
回を重ねて聴くほどに、マイルスとは違った彼の確立されたアルバムだということがわかります。
彼のリーダー作はかなり(50枚以上?)の数に及ぶとのことで、他の作品も聴いて見たい
と思いますが、どれを聴いたらいいんだか。。
どなたかお勧めの作品がありましたら、教えてくださいね。


1.サークル/ライン
2.シティ・スノー
3.ガンボ
4.ニュー・ネイティブ


菊地雅章(key)
日野皓正(bolivianflute,cor)
スティーヴ・グロスマン(ss)
デイヴ・リーブマン(ds)
リッチー・モラレス(ds)
ハッサン・ジェイキンス(b)

                      1980 NY録音

菊地雅章ON THE MOVE http://www.lovemoka.net/poo/
菊地雅章 プロフィール http://www.jazzpage.net/kikuchi_masabumi/index.html

健康診断

みなさんは、職場で健診やってますか?
検診車を頼んで一斉にやったり、個々に病院などに行ったりと職場によって違うと思いますが。
うちの職場でも、日程は人によって違いますが、年1回は行っています。
35歳以上は、通常の血液&尿検査、胸部レントゲンの他に心電図があります。
昨日は私の健診日でした。
一番気になるのは、血液検査の結果です。
PCで調べたら、もう結果が出ていました。
いつも、コレステロールの値が高めなので、悪あがきかとは思いましたが、
2週間前より脂っこいものを控え、お酒も飲まず、水分をたくさん取り、
野菜中心の食事にしてみました。
でも結果は。。
中性脂肪は低め、善玉コレステロールは高めでよかったんですが、
総コレステロールは高めで、上限オーバーしていました。
血液ドロドロってやつです。
まあ、中年ですから仕方ないですかねー。
これ以上高くならないように気をつけましょっと。
でも、血圧もやや高めですから、これに腹囲90cm(男性は85cm)以上が加わると、
りっぱなメタボリックシンドローム&生活習慣病予備軍です。
あーやだやだ。
みなさんも、そうならないように気をつけましょうね。


渋さ知らズ

513.jpg
渋響

意味わかんない、訳わかんない、騒音、キチガイー!!
っていわれそう。特にテーマ曲を聴かずに途中から聴いたら、そう思うかも。
でも、そんなところもある渋さはサイコー!
最初彼らの音楽聴いた時、こんな音楽を待っていた!
初めてLIVEを見たとき、こんなLIVEを待っていた!
って思いました。(渋さのLIVE

渋さ知らズの最新アルバム「渋響」
これも、かなりやりたい放題のお祭り騒ぎ。
でも、2曲目なんて、本当にお祭りで流したら、最初から最後まで気持ちよく踊れそうですよ。
よさこい、よりは阿波踊りって感じですが。
踊れるフリージャズです。
ジャズ好きじゃなくても、お祭り騒ぎが好きなら、楽しめますよ。
こんなにはちゃめちゃでも、なぜか最後はいつもすっとまとまって終わる音の洪水たち。
渋さはフリージャズにしてはかなり聴きやすい。
それに、LIVEなんてパフォーマンスがかなりすごいですから、見てるだけでも、すごく楽しい。
渋さのLIVE行く人がみんなフリージャズ好きだとは思えません。
このアルバム聴いたら、是非彼らのLIVEにも行ってみてくださいね。
楽しさ倍増すること間違いなし!


01.Fight on the corner
02.Hamachikaze
03.a song for One
04.Dust song
05.有限会社中嶋材木店
06.P-Chan~Rearrange~
07.We are a Fisherman Band
08.a theme for Inuhime


不波大輔(Dandoーlist)
室舘 彩(flu,vo)
北 陽一郎(tp)
小森慶子(ss,as,cl,bcl)
片山広明(ts)     その他多数      
                       2007 録音

渋さ知らズオーケストラ ウェブサイト http://plankton.co.jp/shibusa/index.html      

Aqua Timez

jacket_m.jpg
風をあつめて

Aqua Timez、2003年に結成された5人グループ(J-POP)のバンドで、
かなりメジャーなんだそうです。
私は初めて知ったんですが。。えーっ!ほんと?って?  
そう、ごめんなさいね。聴く音楽偏ってまして。
2006年には、初の全国ツアーも行ったとのこと。
紅白歌合戦にも、初出場。実はこれも知りませんでした。

『風をあつめて』 は、2006年発売の1stアルバムで、その中に入っている、
「決意の朝に」 は、アニメ映画 『ブレイブストーリー』 の主題歌として、大ヒットしています。
歌は、私、実はあんまり興味ないので、ほとんどJ-POPなんて聴かないんですが、
この歌の詞がとてもいい! ので、載せてみます。とても感動ですよ。
その他もいい歌ばかり。ヒップ・ホップ、ラップ、ハード・ロック・・・
いろんなタイプの音楽をやっていて、いい感じです。


「決意の朝に」

どうせなら ヘタクソな夢を描いていこうよ
どうせなら ヘタクソで明るく愉快な愛のある夢を
「気取んなくていい かっこつけない方がおまえらしいよ」

一生懸命になればなる程 空回りしてしまう僕らの旅路は
小学生の 手と足が一緒に出ちゃう行進みたい。
それもまたいいんじゃない? 生きてゆくことなんてさ。
きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

心の奥の奥 閉じ込めてた本当の僕 生身の36度5分 飾らずにいざwe don’t stop
けどまだ強がってるんだよ まだバリアを張ってるんだよ 痛みと戦ってるんだよ

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ 僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ
僕だけじゃないはずさ 行き場のないこの気持ちを 居場所のないこの孤独を

他人の痛みには無関心 そのくせ自分の事となると不安になって
人間(ひと)を嫌って 不幸なのは自分だけって思ったり
与えられない事をただ嘆いて 三歳児のようにわめいて
愛という名のおやつを座って待ってる僕は
アスファルトの照り返しにも負けずに 自分の足で歩いてく人達を見て思った
動かせる足があるなら 向かいたい場所があるなら この足で歩いてゆこう

もう二度とほんとの笑顔を取り戻すこと できないかもしれないと思う夜もあったけど
大切な人達の温かさに支えられ もう一度信じてみようかなと思いました

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ 僕達強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど
過ちも傷跡も 途方に暮れ べそをかいた日も 僕が僕として生きてきた証として
どうせなら これからはいっそ誰よりも 思い切りヘタクソな夢を描いてゆこう
言い訳を片付けて 堂々と胸を張り 自分という人間を 歌い続けよう

 
1. 1mm
 2. 星の見えない夜
 3. No rain,No rainbow
 4. 決意の朝に
 5. ハチミツ ~Daddy,Daddy~
 6. 千の夜をこえて
 7. green-bird
  8. 歩み
9. マスターマインド
10. ホワイトホール
11. プレゼント
12. Perfect World
13. いつもいっしょ
14. 白い森

Vocal:太志(ふとし)
Bass:OKP-STAR(おーけーぴーすたー)
Guitar, Programming:大介(だいすけ)
Keyboard:mayuko(まゆこ)
Drums:TASSHI(たっしー)


Aqua Timez official site
      http://www.aquatimez.com/index2.html
アクア・タイムズ非公式ファンサイト
     http://aquatimez-fan.popnavi.net/


定年退職

本日、定年退職する先輩ナースに、みんなで花束を贈りました。
彼女は勤続29年。私が働いてきた、倍近くも今の病院で働いてきた方。
本当、尊敬します。
ひとつの職場でこんなにも長く辛抱強く働くのは、大変なことだと思います。
辛いことや、いやなこと、辞めたくなったことも何度もあったのではないかと思います。
私の場合は、いやになると、何かと理由をつけてはすぐに辞めてしまう。
その繰り返しを今まで、続けてきました。
今の職場も、まだ1年。
でも、今の職場にきて、ホントいい先輩たちに会えまして、ずっと長くここで働いていこう
と思いました。
私は定年まで、あとまだん~十年、がんばりましょ。

山田太郎ものがたり最終回

TBSの22時の山田太郎ものがたりの最終回、見ましたか?
これって、漫画が原作のドラマなんですが、お話も漫画みたいでおもしろい。
毎週見ていた訳ではないんですが、いつも長女が好きで見ているので、
ついつい私も断続的に見ていました。
主人公役の男の子が貧乏な家族のために、アルバイトしながら、高校に通うと言うお話。
下に弟、妹が合わせて6人もいて。。
主人公の男の子役は、二ノ宮くん、その友達役が桜井くん。
この2人は、ジャニーズ系。
父親役は、松岡充、母親役は、菊地桃子。ってこれだけでもおもしろい。
最終回は、弟たちが、お兄ちゃんをアメリカの大学に行かせてあげたくて、町内の福引で
賞金を当てようとがんばるというお話。(詳しく書いても仕方ないので、かなり省きますが。)
お兄ちゃんを思う弟たち、その弟たちとずっと一緒にいたいと言うお兄ちゃんの家族愛に、
感動!涙、涙の最終回でした。
誰か見た方いたら、コメントくださいね。

水中ウォーキング

今日は久しぶりにウィークデイのお休みでした。
夏の間は多分子供たちでいっぱいで混んでいるだろうと、行かないでいた、温水プールに
久しぶりに行ってきました。
普段は用事が無い限り、週一回~10日に一回の割合で行っています。
水泳のことは以前、ブログ始めた頃にも書きましたが、私はスポーツ大の苦手で、
運動神経ゼロに等しいです。
でもなぜか泳ぐのは好きでして。。(もちろん少ししか泳げません。)
多分、ひとりで自分のペースでできるからだと思います。
クロールと平泳ぎを交互に、間にウォーキングを入れます。
泳いでばかりだと疲れますので。。

最近仕事で、糖尿病の方に「療養指導」というものをやっているんですが、そこでは、
運動療法として、ウォーキングをすすめています。
ところが、このウォーキング、外を歩くと足腰に負担がかかる。
体重のある方は特にその負担が大きいと思います。
そこで私としては、水中ウォーキングをおすすめします。
水の中は何分歩いても疲れないし、足にも負担がかからない。
筋肉痛になることもありません。
ただ、プールに行かないといけませんので、近くにない、時間をとれない、ということに
なるんでしょうが。。
温水プールだと、日焼けも気にならないし、ただ水の中で浮んでいるだけでも全身運動になり、かなり消費エネルギーも大きいです。。
秋のスポーツ(とは言えないかも、ですが)としてお勧めです。

070913_2107~01001[2].jpg


塩谷 哲

VICJ-60739.jpg
ピアニズミックス

「やばい、かっこいー!まじ、すごいー!!」
カーステレオから流れてくる、最初の曲聴いたときの第一声。
最近の若い娘風に言ったらこんなかなーと。
大迫力の音でぶっ飛びます。ほんとかっこよすぎ~!

若い頃、フュージョンばかり聴いていたんですが、最近はあまり聴かなくなっていました。
久しぶりにこんな明るいフュージョンサウンド聴いて、心晴れやかになりました。
スカッと雲ひとつない秋晴れの日にとっても似合う曲の数々。。
6曲目の「シャドウ・オブ・ライト」、9曲目の「テンダー・アイズ」は落ち着いた曲調で
(これもとてもいい!)、他はホント元気いっぱいの明るい曲。
落ち込んでるときに聴いたら、明るくなれそうだし、朝から聴いたら1日元気に過ごせそう。

塩谷哲、ピアニスト、作・編曲家、プロデューサー。
オルケスタ・デ・ラ・ルスで活動していたこともあり、多くの音楽家との共演もしている方。
彼のアルバム聴いたのはこれが初めてで、彼のプロフィールもよく知りませんでしたので、
ネットで調べてみました。下記にURL載せましたので、ご覧になってください。

最近私のブログ、ジャズ聴かない方も見ていただいているようで、とてもうれしいですが、
ジャズ苦手な方やあまり聴いたこと無い方でも、こんな明るいフュージョンから聴いたら、
ジャズに興味が移行しやすいのではないかと思います。
最新アルバムも発売されたようで、そちらも聴いてみたいです。

01.トランス・カフェ
02.キャブ・トーク
03.アヴェニュー21
04.ゲノム
05.ストローリング・ボブ
06.シャドウ・オブ・ライト
07.エアロトレイン
08.キャット・ダンス
09.テンダー・アイズ
10.キープ・スマイリング

塩谷哲(p,elp,synth)
沼澤尚(ds) 松原秀樹(elb)
浅野祥之(elg) 大儀見元(perc)
森俊之(synth,programming) 他

2000.12-2001.2  東京録音

Victor Entertainment 塩谷哲トリオ 
     http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A014232/-.html

文化祭

今日は長女(高2)の文化祭に行ってきました。
クラスで自主制作映画を製作したとのことで、娘も結構重要な役柄で出演するというので。。
「I am you?」と言う題名で、原作は「オレがアイツでアイツがオレで」。
最近TVでやった「パパと娘の7日間」のように、あるとき2人の中身が入れ替わって
しまうと言うお話。
娘は主人公の女の子の彼氏に思いを寄せる下級生の役。
うちの娘は幼く見えるので、役柄はぴったりでした。ほんの5分足らずのシーンでしたが。。
高校生の作った映画にしてはかなりの出来ばえ。
それもそのはず、監督の男の子は演劇部で、将来は映画監督志望。
監督から撮影、編集、演技指導などほとんどすべてひとりでやったそうです。
演技はみな素人の高校生のことですから、皆あまり上手くはないんですが、普通の映画のように自然に映像が流れているし、話もとても分かりやすい。
最後のエンドロールも一般の映画のようで、とてもかっこよかったです。
帰ってから、娘にほんのワンシーン撮るのも何回も撮り直したりしたこと、
ひとつのせりふ言うのにも何回も言い直しさせられたりと、苦労話聞かされました。
映画撮るって大変なんですねー。
先生たちからもかなり好評で、娘たちのクラスは特別賞いただいたとのこと。

そしてそのあと体育館での声楽部(娘の所属する部)の発表。
こちらは、前回(合唱コンクール)同様で、まあ上手くはないんですが、優しい歌声。
来年に期待したいです。

そのあとはダンス部の踊り。
これはかなりすごかった。今年初めて、1年生だけで作った同好会なんだそうですが、
本格的でかっこいー!
高校生ダンスコンテストに出場できるのではと思える出来栄えでした。
かなり元気いっぱいで楽しかった。

そして最後は吹奏楽部の演奏。
これは前々からとても上手と聞いていましたので、かなり期待して楽しみにしていたんですが、
やっぱりすごかった!高校生の吹奏楽ってかなりレベル高いんですねー。びっくり。
曲目は、吹奏楽コンクールに出場した時演奏した「民衆を導く自由の女神」の他、
シルビー・バルタンの「あなたのとりこ」や「ディープ・パープル・メドレー」を演奏してくれまして、
すごーく懐かしくて、うれしかったー。
多分私と同年代の先生の選曲なのではないかと思います。

実はうちの娘中学時代は吹奏楽部(as)だったんですが、あまりのレベルの高さについて行けないだろうと、入部するのを断念したんです。
やはり聞いてみると、練習はかなりハードで毎日放課後遅くまで、土、日も朝から晩まで練習。
楽しくてやってる人は一人もいないとか。。
楽器うまくなるにはかなりの練習が必要なんでしょうね。
私の崇拝する天才ギタリストのジェフ・ベックが、以前雑誌のインタビューで
言っていたんですが、「ギターが上手くなるのはとても時間のかかること、毎日努力を
積み重ねることが大事だ。」 と。天才は1日にしてならずなんですね。
最近、ネット上でミュージシャンの方々と知り合う機会が増えたんですが、
彼らも毎日毎日練習を重ね、日々努力している事でしょう。

最近の高校生って、もっと冷めてるのかなーって思ってましたが、こんなに熱くがんばっている子どもたちを見て、とても感動したし、元気をいっぱいもらいました。
私もまた明日からがんばろう!

070909_1220~01001[2].jpg


秋風

関東地方は、昨日の夜から今日の午前中にかけて、台風のため暴風雨でした。
学校も休校したところが多かったようです。
みなさん、職場には無事行けましたか?
電車も止まってしまったところもあって、大変だったようですね。
私は車通勤なので、なんとか大丈夫でしたが。
台風の影響か、本日は外来にいらっしゃる方は普段に比べて少なめでした。
特に私の本日の担当場所(処置室ー採血や点滴、救急患者さんを診るところ)は、暇でした。
病院なので、いいことなんでしょうが。。

このところ朝晩とても涼しくなってきて、秋風感じますね。
私も今の職場に来て、1年。
飽きっぽい性格ということもあり、今まで職場を転々としてきました。
でも、最後は精神科を、という思いがあり、今の精神科メインの病院に来ました。
出来れば、ずーっと働きたいと思っています。
年取って具合が悪くなって倒れるまで。。

このブログ、最初はもっともっと大好きなジャズのこと書こうと思ったんですが、
考えたらジャズなんてそれほど詳しくはない。
それに、いろんなこと書きたくなって、雑多なブログになってしまいました。
でも、見てくれている方はそれなりにいるようで、コメントもくださるととても励みになります。
まとまりのない、へんてこなブログですが、これからもよろしくお願いします。
何かご意見ご要望などがございましたら、いつでもおっしゃってくださいませ。


夏の終わりの。。。Love Song

070902_1959~01001[2].jpg
マイルス・デイビス/ラヴ・ソングス

このところ涼しくなってきましたね。
今年の夏の暑さは異常でしたが、過ぎてしまえばあっという間。
明日から子供たちも学校が始まります。秋が来るんですねー。

みなさん、今年の夏は充分満喫できましたか?
それどころじゃあない、仕事が忙しくて、と言う方も多かったんでしょうが。。

夏の終わりに、「Love Songs」 なんていかがでしょう。
ブログを初めて8ヵ月、マイルス・デイビスのアルバムが初めて登場するとは。。
このアルバム、初期のレコーディングの中から集められた、ラヴ・バラード集。

「バラード」というアルバムはかなり有名ですが、私は実はこちらの方が好きです。
マイルス・デイビスといえば、ジャズ好きな人なら嫌いな人はいない、
すべてのミュージシャンが崇拝するほどの人。
ジャズの神様みたいな人ですね。

彼のトランペット、神秘的で物哀しい、メランコリックで聴けば聴くほど深みを増す、
という独特な音。彼にしか出せない音ですね。
この夏、失恋した方、好きな人になかなか思いが通じない方、このアルバム聴いて
またまた涙。。
そして、そのまま、センチメンタルな秋に突入しましょう。

私は特に「いつか王子様が」、「星影のステラ」が好きです。
「星影のステラ-Stella By Starlight」 の 「starlight」 は
私のメルアドの1部分にも使っています。

ジャズ聴いたことの無い方、ジャズ初心者の方はとても聴きやすいアルバムだと思います。
そして、このあとマイルスのもっと別のアルバムも是非聴いてくださいね。

01.アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
02.アイ・ソート・アバウト・ユー
03.サマー・ナイト
04.マイ・シップ
05.サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム(いつか王子様が)
06.ステラ・バイ・スターライト(星影のステラ)
07.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
08.愛するポーギー
09.オールド・フォークス
10.タイム・アフター・タイム
11.ヒューマン・ネイチャー

マイルス・デイビス・ミュージアム http://www.marland.co.jp/miles/md_top.html
マイルス・デイビス日本非公式ファンサイト http://milesdavis-japan.com/
マイルス・デイビス http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/miles-davis.htm
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク