なしくずしの死~阿部薫のこと Ⅱ


ラスト・デイト

1. アルト・サックス・インプロヴィゼイション
2. ギター・インプロヴィゼイション
3. ハモニカ・インプロヴィゼイション (1978)

久々の更新で、またまたこんな破壊&破滅的な音の紹介。
阿部薫。フリー・インプロヴィゼーションではカリスマ的存在。天才的アルト奏者。

もう最近彼のアルバムばっかり聴きすぎていて、これを書かなくては前に進めないと言うほどに
のめりこんでいて、そろそろ抜け出さなくてはと思っています。
ブロバリン97錠服用して、極北に旅立ってしまった。29歳という若さで。。
亡くなる前から悲壮ただよう雰囲気で、孤高のアーティストだったようです。

この↑アルバム「ラスト・デイト」 は亡くなる10日程前に行われたライブ盤。
もう悲壮感たっぷりで泣きたくなりますねー。
ハーモニカのなんて切ない音。そしてとてもすばらしい。涙でちゃうな。
ハーモニカ奏者としてもすごいと思います。




阿部薫  1949-1978

阿部薫の本 ↑ 「阿部薫1949-1978 」 (分遊社) も読みました。
400ページ近くもある単行本なんですが、興味深くて2、3日で読んでしまいました。
彼に関わった多くの人たちが記事を書いています。
彼のすべてとは言えないけれどほとんどのことがわかります。
読んでいると彼の魅力を感じて、あーホントにもっと早く出会い(知り)たかったと思います。

この本の中に彼の数々の名言が書かれています。あまり書いてはいけないのかもですが、
興味深いので少し紹介します。

「僕は誰よりも速くなりたい 寒さよりも、1人よりも、地球、アンドロメダよりも どこにいる
 どこにいる 罪は、」
「いつも北だ、見える? あの極光 寒さか、いや暗い汗・・・・泳った熱 だれがいるのか 
 会うのか、磁場はうそ」
「エリック・ドルフィーを父とし、ビリー・ホリディーを母親として俺は生まれた。
 そして俺はエルック・ドルフィーを、俺のアルトの演奏によってどうしても超えなければ
ならない。それは義務なんだ。」
「俺は静けさが爆発するところまでやる。そこですべてが現れ俺はめくらになり、
俺を聞いた者は 死ぬ。」
そして、最後の 『インタビュー』 の中での
「音は徹底的に音でしかないって。もうそれでいいんだよ。音だけだしゃいいんだよ、とにかく。」 
 ってことばもおもしろい。 




アカシアの雨がやむとき(佐藤康和percussionとのデュオ)

1. アカシアの雨がやむとき
2. チム・チム・チェリー~暗い日曜日
3. 恋人よ我に帰れ (1971)



暗い日曜日

1. アカシアの雨がやむとき
2. アルト・サキソフォーン・ソロ・インプロヴィゼーション
3. バス・クラリネット・ソロ・インプロヴィゼーション
4. 暗い日曜日 (1971)



風に吹かれて

1. アルト・サキソフォーン・ソロ・インプロヴィゼーション1
2. アルト・サキソフォーン・ソロ・インプロヴィゼーション2
3. アカシアの雨がやむとき
4. 風に吹かれて~花嫁人形 (1971)

この ↑ 三部作のアルバムは阿部薫の作品のなかでも、特にメロディアスで叙情的
ということなので、多分私好みと思い、聴いてみました。
やはりフリーにしてはとてもメロディーがきれいだし、音色もすごく澄んでいてとてもいいです。
かなり好きです。
「暗い日曜日」 だけはネットでかなり値段が高かったので持っていません。
いつか安値で手に入ったら聴いてみたいなと思っていますが。
多分3枚とも同じ路線なのではないかと思います。

”アカシアの雨がやむとき” これって懐メロ? ”風に吹かれて” ってボブ・ディランの曲?
実は私はどちらも原曲をよく知りません。
でも原曲があってもなくても、自由にインプロヴィゼーションしている演奏は、彼の音楽
そのもの。だから曲名はとくにどうでもいいと思っています。
”チム・チム・チェリー” も一生懸命聴くと、なんとなくそれとわかる感じで。
”アカシアの雨がやむとき” はよく演奏しているようなので、彼の好きな曲なのでしょう。
いつか懐メロの原曲聴いてみようかと思います。聴き比べたからどうだって?感じですが。。

彼は、エリック・ドルフィーをアルトで超えることが目標と言っていましたが、
彼のアルトの美しい音色はとてもすばらしくて、ドルフィーのバスクラを越えるかも。
でもバスクラもかなりいい。
ドルフィーのバスクラはいつ聴いてもしびれまくりなんですが、阿部薫のバスクラも独特な音色。
悲しさの咆哮、叫びの音色です。




なしくずしの死(MORT A CREDIT)

ディスク:1
1. Alto Improvisation No.1
2. Alto Improvisation No.2
3. Alto Improvisation No.3
ディスク:2
1. Soprano Improvisation No.1
2. Alto Improvisation No.4 part 1
3. Alto Improvisation No.4 part 2
4. Soprano Improvisation No.2 (1975 )

「なしくずしの死」 これを聴かずして阿部薫は語れない、というほどの代表作。名盤の1枚。
阿部薫を知るための必須の1枚なんだそうです。
手に入れるの苦労しました。
ネットでも置いてないところが多くて。

なるほど、すばらしい。
前回 「解体的交感」 を紹介しましたが、それと並ぶすばらしい作品です。
「解体的交感」 はノイズ系という感じですが、こちらはそれとはちょっと違う。
ノイズというよりもやはり叙情的かも。
フリー・ジャズでもなく、ひたすらフリー・インプロヴィゼーション。
私はこちらのほうが好きです。
彼はソロの方がのびのびと自由に動き回っている気がします。
こんなになんの制約もなくひたすら自由に吹きまくるって、他に出来る人がいるんでしょうか。
フリー・ジャズだってある程度の制約があると思いますから。

あととても好きなのが、福島「パスタン」 での動画。これは何度見ても(聴いても)
すばらしくて感動です。この音源はCDにはなっていないんでしょうか。
とても気になります。あと「13人の連続暴行魔」。この動画もとてもいい。
これらをまず聴くとCDで最初に聴くよりも、わかりやすいし音色もきれいだし、とても破壊的
とは思えません。
フリーがよくわからない、理解できないと言う方も是非見てくださいね。
まあ、マニアック?って言われますが、興味ある方是非CDも聴いて共感されたらコメントして
くださいね。
「なんだよーこんなのわかんねぇ」 でもいいけど、なんかわかんないけど興味あるから半年に
1回くらい聴いて、やっぱり無理って思ってしまっちゃう人もいるみたいです。
それでもいいのかなー。
なんだろうこの人の音、うーんすごいー。何考えながら演奏してるんだろう。
ってそう思えるだけでも充分すばらしい人なんだと思います。

あともう少ししたら阿部薫の世界から抜け出して、現実の世界に戻ろうかと思います。
でも時々浸りたくなる気がする、そんな魅力ある阿部薫の音の世界です。

Kaoru Abe  http://www.yo.rim.or.jp/~t_okuno/ak.html
阿部薫のこと  http://www.fsinet.or.jp/~bonchan/jazz-room/abekaoru.htm

解体的交感~阿部薫のこと


高柳昌行・阿部薫/解体的交感   
   29年の歳月を経て世紀末に蘇る狂気のデュオ・インプロビゼーション(1999発売) 
                           1970 厚生年金会館小ホール


先日ウィークデイの休日の午後、家事や買い物も終わって
 「さあ久しぶりに家で好きなCD聴くゾ。」 と思って聴き始めていたら、ちょっとすると
部活で帰りが遅いはずの次女が学校から帰ってきた。
「えー。早いねー。」
「うん、部活さぼった。ねぇ、また変なの聴いてるねー。」
そう。一人でゆっくり聴こうとした計画は流れるかのように思われた。
しかし次女は3番目の子供なので、普段から雑音、騒音の中で育ったせいか、
それに慣れている。だから気にせずこのCDを家で聴くことができた。

娘 「この人こんなのやってて早死にしないのかなー。」 と。
私 「そうだよ。このサックスやってる人早く亡くなったんだよ。29歳で。」
娘 「えー、ほんと? こんなの聴いてたらお母さんも早死にするかもよ。」
 ね、 面白い会話でしょ。

この演奏、フリー・ノイズ・インプロヴィゼーションて感じで、
ひたすら高柳昌行のギターと阿部薫のサックスの激走、破壊・破滅音の追及。
音楽というより音の連鎖。
音楽に意味を見いだそうとする人には拷問、苦痛のなにものでもない音の連続・洪水。

阿部薫とを知ったのは3年くらい前。
他のアーティストのアルバムが欲しくてCDショップに行った時、実はそのアーテイストのものと間違えて買ってしまった。
それが、阿部薫の 『彗星パルティータ』 (SAXのソロのインプロヴィゼーション)だった。
阿部薫という人がどんなアーティストなのかはまるで知らなかった。
ただそのCDの帯に書いてあったコメントがすごくて、ただならぬ人と言う気がした。
そのコメントが↓
   このCDに感謝だ。永遠に語り継がれるべき使者/死者「阿部薫」が吐き出す魂の「音玉」が、平成の時空を彷徨う時、脳味噌はマグマと化し鼓膜はケイレンを繰り返すだろう。心を痛めるがいい!!悲しいまでに美しく純粋で過激で必死な音の連鎖にー。あらゆるジャンルの音楽家よ、リスナー諸氏よ。この1枚を聴くがいい!!束縛をかなぐり捨て、誘発されるがいい!!己が生きているという証としてー。音の指標としてー。ここにあるのは「自由」という名の永遠の「音玉」だ。それ以外に言葉は見当たらない。                    ハスキー中川

そして、CDの中に書いている著名人たちのコメントもすごくて、理解不能なものが多かった。
私が阿部薫に興味をもった最初だった。

彼はサイトのインタビューの中で、音に対する興味深い考えについて話している。
そして、アルト(sax)以外は楽器ではないと。
彼はアルト以外にもソプラニーノ、バスクラ、ギター、ピアノなどの楽器もやっているが。
彼のことに関する本 『阿部薫1949-1978』 も出版されているので是非読んでみようと思う。本当はこれを読んでから記事に書けばよかったんだろうけど。
彼のパートナーの鈴木いづみのことにも興味がある。
彼女も36歳で亡くなっている。

思えばブログを書き始めた頃、いろいろ書きたいことはたくさんあったが、阿部薫のことも
書きたかったことのひとつ。

最近調子が悪い。彼の音を聴いてから?なおさらに。。
しばらくブログお休みします。


阿部薫  http://www.yo.rim.or.jp/~t_okuno/ak.html

takayanagi's data http://www15.ocn.ne.jp/~guitar21/

高柳昌行・阿部薫 「集団投射」  http://www33.ocn.ne.jp/~shinma/musics/musics009.html

解体的交感   http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E4%BD%93%E7%9A%84%E4%BA%A4%E6%84%9F-%E9%AB%98%E6%9F%B3%E6%98%8C%E8%A1%8Cfeat-%E9%98%BF%E9%83%A8%E8%96%AB/dp/B0000507BN/ref=pd_sim_m_img_2

阿部薫 You Tube  http://jp.youtube.com/watch?v=IqvwBos9HQk&feature=related

片山広明&立花秀輝 デュオ LIVE

TS330001[1]


昨日行って来ました。片山広明&立花秀輝 デュオLIVE。
なんとこのLIVEのことを知ったのは、先日片山広明の記事をアップしたとき、
彼のサイトを検索して始めて知って、予約したのは当日の2日前。
場所はCANDYというジャズスポット。昨年の春、ペーター・ブロッツマン&羽野昌二のLIVE
をやった場所だ。小さなスペースでのマイクなしの生演奏。

立花秀輝は 『dust off』 で一緒にやってるメンバーのひとり。
もちろん「渋さ知らズ」 でも一緒です。
最初、SAX(ts、as)だけのデュオだからどんなだろう。物足りなくないのかな。
それともかなりめちゃくちゃやるんだろうか。
といろいろ想像していた。

始まるとかなりすごい。すごい!かっこいー。迫力!
2人の息ぴったり。ハモリはかなりきれいだし、和音も不協和音もいい響きで。
アルバム 『dust off』 の中から結構演奏してくれて親しみやすかった。
アルバム(4人でやってる)よりも迫力あってすごくよかった。
まあ、LIVEだからね。

片山広明のテナーはすごくいい音色。凄みもあるし、おじさまの色気たっぷり。
サックスって単音しか出ないって思ってたけど、2音でるんですね。
というか、そういう奏法なのか、濁った音もだしていてすばらしかった。
彼のSAXの音色と吹き方、本当独特で好きだなぁ。
片山秀輝のアルトもすばらしかった。
なんか聴いたことないような吹き方、咆え方をしていた。
「酒屋が閉まる前に」 では、途中に片山広明の照れたような歌い方の歌もあり。
本当に明るく楽しいフリージャズ。
こんなに楽しいんだからもっともっとみんな見に(聴きに)くればいいのに。
なんとお客さんは10人もいなかったような。
もったいないなーこんなにすごくて楽しい演奏なのに。
でももっと多かったら、ここでは(CANDY)演奏できなかったんでしょうね。

途中の休憩時間にはなんと、またしてもサインをもらってしまった。
サインもらうの得意なので。っておばさんのくせに私ってすごいミーハーだ。
最近毎日彼のアルバム 『dust off』 を聴いていたので、CDジャケットが
バックにはいっていたので。
本当はそこでCD買って、サイン貰うべきなんでしょうけど。
そのサイン入りジャケットが↓。 私の名前(本名)も入れてくれて。
1文字間違えてるけど、まあそんなのいいか~。

TS330007[1]


片山広明 趣味の排便  http://www003.upp.so-net.ne.jp/korochan/
片山広明 You Tube http://jp.youtube.com/watch?v=I1ED3UQ-BsI

事故報告

事故っていっても交通事故じゃあない。
仕事の事故。間違い、失敗って意味。
仕事に失敗なんてつき物。そんなに気にしたってって普通は思うけど、
私の仕事は失敗が許されない。それが命にかかわることになるかもしれないから。
本日私が犯した失敗もそう。何事も起こらなかったけれど、もしかしたら大変なことに
なるかもしれなかったこと。

仕事のことは家にもちこまない、家のことは職場にもちこまない、がモットーだけど
今日はちょっと落ち込んでて、ナーバスな気持ち。
忙しいときこそもっともっと気を引き締めなきゃです。
言いたくないけど今後のこともあるから、みんなの前で「事故報告書」 を読みました。

こんな日は、破壊的&破滅的な音を聴いて寝よう。
もっと落ち込んだりして。。
阿部薫 You Tube→ http://jp.youtube.com/watch?v=IqvwBos9HQk&feature=related        
              http://jp.youtube.com/watch?v=iFvVKhcyBdQ&feature=related            
              http://jp.youtube.com/watch?v=E6gyIHldJyg&feature=related

片山広明


dust off

関東地方は、今日雪が降っているらしいですね。
私の住んでるところはまだ大丈夫。でも今後が心配ですが。

本日も暖かくなるアルバムの紹介。
片山広明の 『dust off』 。 渋さ知らズのメンバーと一緒にやっています。
このメンバーは 「渋さチビズ」 として活動もしているらしいです。

POP&JAZZYな雰囲気のアルバム。
オリジナルもあるけれど、全部スタンダードなのかと思えるくらいに聴きやすいメロディーの
曲ばかり。全部名曲って思えます。
1曲目はまともなスタンダードという雰囲気で始まるんですが、もちろん片山広明のこと、
まともに最後まで終わるはずがない。
途中から炸裂、咆哮、唸りが始まってはちゃめちゃ、めちゃくちゃ。
なーんだやっぱりそうなるのと思ったりするけど、そうでなければ彼らしくない。
彼がまともにメロディー吹いているのもとってもいいんですが、
なんか変な感じもするから不思議。

3曲目はオリジナルですが、とても親しみやすいメロディー。
どこかで流れていたのかなーと思えるくらい。
♪酒屋が閉まる前に~お酒を買いに行こう~♪ なんて歌もコーラスで入っていたりして
とても楽しい。
もうすぐに覚えてしまって、思わず口ずさんでしまっている。

2,4曲目はロックっぽいリズムで明るく楽しい。かなりポップだ。

5曲目はミンガスの曲。ブルースっぽくて、ややしっとり気味でいい感じ。

6曲目は渋さ知らズのアルバムにも入っているらしいけど、アルトとテナーSAXのバトルが
すばらしい。聴き答えたっぷり。
渋さ知らズでダンドリストをやっている不破さんてベースもやるんですね。
知らなかった。すごい人だ。

全体に、渋さ知らズの音の洪水とちがって、よりPOPで音が楽しめる感じがする。


  ジャケットは半分に折られているんですが、1枚に大きくすると
  ↓の絵になります。楽しいイラストです。

     


  そしてその裏が↓の写真。

     


1. Star dust  (Carmichael, Parish)
2. Ama Gappa  (Katayama)
3. 酒屋が閉まる前に  ( Tachibana)
4. Better Get Git In Yo' Soul  ( Mingus)
5. Dinah  ( Lewis & Young - Akst)
6. Dust Song   ( Fuwa )

Katayama Hiroaki : T.Sax
Tachibana Hideki : A.Sax, Cmelody.Sax(#5)
Fuwa Daisuke : W.Bass, E.Bass(#4)
Isobe Jun : Drums

Tanaka Atsushi:Engineer
Kuhara Taiga:Illust & Designe             2007


  CDのレーベルが↓。曲の題名も楽しいし、聴かなくてもなんか楽しい雰囲気
  伝わってくるでしょう?

     


寒いさむい雪の日なんかに、昼間っから聴いちゃってください。
ほ~んと楽しいですよ。


詳しいアルバムの紹介はこちら↓
   dust off アルバム紹介  http://www003.upp.so-net.ne.jp/korochan/album.html

片山広明 趣味の排便  http://www003.upp.so-net.ne.jp/korochan/
片山広明 You Tube http://jp.youtube.com/watch?v=I1ED3UQ-BsI

糖尿病療養指導研究会&LIVE etc

今日はおもしろくておかしかったこと、勉強になったこと、感動したこと、うれしかったこと
などいろんなことが満載の日だった。

まず、おもしろくておかしかったこと。
本日の午後、『第6回千葉県療養指導研究会』 に行った。
先輩ナース二人と。
行くとき、大網に車をとめて(駐車場)、大網から電車で千葉まで行こうということになって、
先輩のひとりが安い駐車場を知っていると言うので、後から二人でそれぞれ車で
ついていくことにした。
すると、本来左折するべきだから左車線を走るべきなのに、先輩は右車線を走っている。
なんか変だなーと思ったけど、違う行きかたがあるのかもと思いながらついて行くと、
なんと高速道路の入り口まで着いてしまった。
ここで少し停車して聞いたら、やはり間違えてしまったとのこと。
もう、戻るわけにも行かず、そのまま車3台で千葉まで高速で直行。
なんか、「ごめんねー。間違えちゃって。」 と申し訳なさそうにあやまる先輩の顔が
運転しながらも浮かんできちゃって、おかしくておかしくて、笑いながら運転していた。
なんかアクシデントとはいえ楽しいアクシデントだからおもしろかった。
月曜日に職場で話題にしよう。

勉強になったこと。
本日の 『千葉県糖尿病療養指導研究会』。
これは、私たちが行くべき研究会だったのか。来たのは皆、CDE(糖尿病療養指導士)
ばかり。資格がないのは、うちの病院から行った、私たち3名だけだった。
テーマは、『効果的な集団教育のためにCDEができること』。
えー、いまさら集団教育? うちの病院では今までの集団指導がうまくいかなかったから
個別指導にしましょうということになったのに。
なんかちょっと的外れだったような気もする。
でも、グループディスカッションでは色々な病院のやり方や意見などが聞けたし
交流が持てて楽しかったし、とても勉強にもなった。
CDEの方たちは毎回この研究会に参加しているらしい。
免許更新の単位をとるために必要らしい。って人事のように言っているが、
「早くCDEの資格を取ったら。」 と言われている。
CDEの方はやはりみな勉強家だ。尊敬する。見習わなきゃだ。

感動したこと。
研究会に行ったあと、友人の所属しているロックバンド 『THE RIVER』 のLIVEに行った。
せっかく千葉まで行ったのだから、同じ日にLIVEをやるバンドのLIVEに行ってみようと
昨日の夜思い立って。ついでだからってわけでもあるんだけどね。
ってごめん。でも若者たちのように元気いっぱいで、楽しかったしかっこよかった。
なんであんなにすごい演奏ができるんだか。
感動したし、久々のLIVEでうれしかった。
でも、LIVE HOUSEってタバコの煙いっぱいで、空気悪いのがちょっと困る。
あと、胃の調子は相変わらずだ。

その後、子供の塾の迎えに行った。帰りにハンバーガーを買って帰った。
なんと、夕飯を作っていくのを忘れていたのだった。もう9時を過ぎていた。

ハードだったが、楽しい一日だった。明日は寝坊したいな。
おやすみなさい~。Zzz。。。

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク