スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大友良英 ギターソロ


Guitar Soro

本日はめずらしく、2つめの記事のUP。
先日聴いた 『大友良英 ニュー・ジャズ・クインテット・ライブ』 にとても感動しまして、
第2弾!(私が聴いたCDが) 『 ギター・ソロ 』 。
っていっても、購入は一緒にしたんですが。

このアルバム、とても静かなアコースティック・ギターのライブアルバム。
と言いたいけど、実はアコースティックだけじゃない。
1曲目はかなり静かに始まるんですが、2曲目はその調子で聴いてると大変なことになる。
いきなり大音量のドカーンと爆発したかのような、破壊音&轟音が響き渡る。
同じ音量ではとても聴いていられないくらいひどい、激しい音。
私も最初は、びっくりして音量下げてしまいました。
なんでこんなに破壊的な音だすんでしょう。
あと、6曲目、8曲目も同じく。
とても同じ人が出している音とは思えない。

この2、6、8曲目とその他のアコースティックの静かないわゆる癒し系の曲とのギャップが
凄すぎて、聴いてて気持ちの切り替えが難しいかも。
というか、静かに聴いてるといきなり、ドヒャーンと始まる感じ。
こんな激しい音に癒される人なんているんでしょうかね。
意味わからない、訳わからない、騒音、雑音、ノイズ。。
車に誰か一緒に乗ってたら、この2、6、8曲目は飛ばさないといけません。
こんな音がいいなんていう人いるはずありんませんから。
それに、カーステレオで聴いてたってあまりに大音量じゃ道行く人にも迷惑じゃないかと
気になってしまう。

でもでも、実はこんな音、興味ありすぎ。嫌いじゃない。
というか結構好き。大きな声じゃ言えないけどね。
アコースティック・ギターもいいけれど、3曲目から5曲目まで聴いていると、
ちょっと静かすぎて退屈。眠くなってきそうでどうしよう、と思っているところに、
6曲目の破壊音は、すごい刺激で目が覚める。

いったい、アコーティステイックと破壊音を出しているときとで、精神的に気持ちの違いは
あるのだろうか。どんな人なんだろう。
ブログを見るとなんか普通の人みたいだし。
といろいろ思いをめぐらせてしまう。

アコースティックと破壊音との対比の音がすばらしいアルバムです。
でも、アコースティック・ギターの音色もかなりすばらしいですよ。


1.Theme From Canary
2.Rig
3.Gomen
4.Mood Indigo
5.Kazahana
6.Roulette
7.Misty
8.Cylinder
9.Lonly Woman

                           2004 Shinjuku Pit Inn, Tokyo+1


大友良英 You Tube http://jp.youtube.com/watch?v=E-DXwxKlE2I
大友良英 ホームページ  http://www.japanimprov.com/yotomo/yotomoj/

コメントの投稿

Secret

“ミスティ”・・・どんな感じなんでしょう?poohさんの感想聞かせて下さい。
私のライブでもオープニングでやるほど好きな曲なんですよ!
なかなかギターで演奏する方が少ないので私も聴いてみます。
フレディーハバードが素晴らしい演奏してます。YouTubeで見つかりますよ。

○LesPaulさん
このアルバムのアコはホントいいです。
ギターって絶対エレキって思ってたけど、ギターの弦をはじいたときのあの自然な響きがとてもいいです。アコースティック・ギターやってる人の中でもダントツかも。ってアコはあまり聴いたことないけど。
「ミスティ」 すごーくいいです。というか一番いいかもです。静かに静かに響くギターの音色。
すばらしいです。
このアルバム、2、6、8曲目の破壊&過激音除いたら、LesPaulさん好みのアルバムではないかなと思います。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。