スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体的交感~阿部薫のこと


高柳昌行・阿部薫/解体的交感   
   29年の歳月を経て世紀末に蘇る狂気のデュオ・インプロビゼーション(1999発売) 
                           1970 厚生年金会館小ホール


先日ウィークデイの休日の午後、家事や買い物も終わって
 「さあ久しぶりに家で好きなCD聴くゾ。」 と思って聴き始めていたら、ちょっとすると
部活で帰りが遅いはずの次女が学校から帰ってきた。
「えー。早いねー。」
「うん、部活さぼった。ねぇ、また変なの聴いてるねー。」
そう。一人でゆっくり聴こうとした計画は流れるかのように思われた。
しかし次女は3番目の子供なので、普段から雑音、騒音の中で育ったせいか、
それに慣れている。だから気にせずこのCDを家で聴くことができた。

娘 「この人こんなのやってて早死にしないのかなー。」 と。
私 「そうだよ。このサックスやってる人早く亡くなったんだよ。29歳で。」
娘 「えー、ほんと? こんなの聴いてたらお母さんも早死にするかもよ。」
 ね、 面白い会話でしょ。

この演奏、フリー・ノイズ・インプロヴィゼーションて感じで、
ひたすら高柳昌行のギターと阿部薫のサックスの激走、破壊・破滅音の追及。
音楽というより音の連鎖。
音楽に意味を見いだそうとする人には拷問、苦痛のなにものでもない音の連続・洪水。

阿部薫とを知ったのは3年くらい前。
他のアーティストのアルバムが欲しくてCDショップに行った時、実はそのアーテイストのものと間違えて買ってしまった。
それが、阿部薫の 『彗星パルティータ』 (SAXのソロのインプロヴィゼーション)だった。
阿部薫という人がどんなアーティストなのかはまるで知らなかった。
ただそのCDの帯に書いてあったコメントがすごくて、ただならぬ人と言う気がした。
そのコメントが↓
   このCDに感謝だ。永遠に語り継がれるべき使者/死者「阿部薫」が吐き出す魂の「音玉」が、平成の時空を彷徨う時、脳味噌はマグマと化し鼓膜はケイレンを繰り返すだろう。心を痛めるがいい!!悲しいまでに美しく純粋で過激で必死な音の連鎖にー。あらゆるジャンルの音楽家よ、リスナー諸氏よ。この1枚を聴くがいい!!束縛をかなぐり捨て、誘発されるがいい!!己が生きているという証としてー。音の指標としてー。ここにあるのは「自由」という名の永遠の「音玉」だ。それ以外に言葉は見当たらない。                    ハスキー中川

そして、CDの中に書いている著名人たちのコメントもすごくて、理解不能なものが多かった。
私が阿部薫に興味をもった最初だった。

彼はサイトのインタビューの中で、音に対する興味深い考えについて話している。
そして、アルト(sax)以外は楽器ではないと。
彼はアルト以外にもソプラニーノ、バスクラ、ギター、ピアノなどの楽器もやっているが。
彼のことに関する本 『阿部薫1949-1978』 も出版されているので是非読んでみようと思う。本当はこれを読んでから記事に書けばよかったんだろうけど。
彼のパートナーの鈴木いづみのことにも興味がある。
彼女も36歳で亡くなっている。

思えばブログを書き始めた頃、いろいろ書きたいことはたくさんあったが、阿部薫のことも
書きたかったことのひとつ。

最近調子が悪い。彼の音を聴いてから?なおさらに。。
しばらくブログお休みします。


阿部薫  http://www.yo.rim.or.jp/~t_okuno/ak.html

takayanagi's data http://www15.ocn.ne.jp/~guitar21/

高柳昌行・阿部薫 「集団投射」  http://www33.ocn.ne.jp/~shinma/musics/musics009.html

解体的交感   http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E4%BD%93%E7%9A%84%E4%BA%A4%E6%84%9F-%E9%AB%98%E6%9F%B3%E6%98%8C%E8%A1%8Cfeat-%E9%98%BF%E9%83%A8%E8%96%AB/dp/B0000507BN/ref=pd_sim_m_img_2

阿部薫 You Tube  http://jp.youtube.com/watch?v=IqvwBos9HQk&feature=related

コメントの投稿

Secret

こんにちは。
体調だけはくれぐれも気をつけてくださいね。
お大事に。

阿部の本、面白いですよ。
解体的交感は、poohさんの言う通り本当にすさまじいアルバムだと思いますけど、体調優先ということで。

記事自分のブラウザからみてもグチャグチゃになってますよ!(笑)
poohさんらしくてgood!ですけど!

○Tatsuさん、ありがとうございます。
阿部薫の本、今読んでいます。
ますます凄い人だと尊敬してしまいます。
今生きていたらどんな音だしていたんでしょう。
他のアルバムも是非聴いてみたいです。

○masuda323さん、おはようございます。
記事がぐちゃぐちゃですかー。
そうですね。阿部薫のことを書いたからでしょうか。
彼の音を言葉で書くのはとても難しい。
彼の音楽はメロディーはなく、ただ音をだすのみ。彼もそういっていますが、彼の出す音に今とても興味があります。

エンドレスワルツという映画を見るといいですよ。
阿部薫と鈴木いずみのことを映画化したもの。
阿部薫を町田町蔵が演じていて、これがはまり役。
よく似ています。

灰野敬二も実際に出演しているし(ちょっとだけど)、これは面白い映画ですよ。

○Tatsuさん、こんばんは!
エンドレスワルツは絶対見ようと思ってます。
今、阿部薫本を一生懸命読んでます。
CDも発売しているものは出来るだけ聴いてみようと思っています。
Tatsuさんのおすすめありますか?

こんばんは。
どれもアルバムは好きだけれど(DIWのライブシリーズ騒は今一つかな)、やっぱり「なしくずしの死」はよく聴いています。
PSFから出ているライブシリーズも好きだし、今回の「解体的交感」もいいし、阿倍薫にはまるとしばらく抜け出せないかも!

○Tatsuさん、こんにちは!
やはり「なしくずしの死」、いいんですね。
絶対聴いてみなきゃと思っていましたが。
あと 「アカシアの雨がやむとき」 も気になります。なんか、深みにはまり込む気配が。。

私のブログにコメントありがとうございます。
ノイズ系の音楽がお好きなのですか?
私はノイズ系、正直苦手なのですが、旦那がノイズを好んでいます。
SOBとかジュータスプリースト(?)を旦那はよくかけていますね。
私には理解できない分野です(苦笑)
精神科看護師をなさっているとのこと、同じですね。
私は今の職場で一番の若者です。
自分の母くらいの年齢の人と一緒に働いていて、日々勉強になっています。
今後もよろしくお願いします。

○ようこさん、こんばんは!
ご訪問&コメントありがとうございます。
音楽はジャズからフリーに、そして最近はノイズ系に移行しつつあります。
でも、徳永英明やB'zも大好きです。
看護師の仕事が趣味と同じ位好きなんです。
日々のことや仕事のこと、本の紹介など雑多なことも書いています。
またいらしてくださいね。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。