スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーネット・コールマン

C1057500.jpg
オーネット・コールマン/フリージャズ

ジャズにはモダン、モード、スイング、etc いろいろありますが、
私が好んで聴くのはフリージャズ。
でも、こだわるつもりはありません。いいと思えるものでしたらなんでも。。。

これは私が好きな音楽のジャンルそのままのタイトル、オーネット・コールマンのアルバムです。
フリージャズというと、混沌、煩雑でまとまりのないイメージですが,
(私も聴く前はそう思っていました)そうではなく、
共演するアーティストがそれぞれの音を邪魔することなく演奏している。

そして、それぞれのアーティストが交代でソロをとっていていいハーモニーをかなでています。
アルバム全体もまとまりのあるサウンドになっています。

オーネット・コールマンのアルトはとても澄んだ音をしています。
いつも思うんですが、これってサックス?トランペット?って思ってしまいます。
私的にはエリック・ドルフィーが好きですので、ついつい彼の音に聴き入ってしまうのですが。。。
心地よい幻想の世界にいるような気分になれるアルバムです。


オーネット・コールマン(as)
エリック・ドルフィー(bcl)
ドン・チェリー(p-tp)
フレディー・ハバード(tp)
スコット・ラファロ(b)
チャーリー・ヘイデン(b)
ビリー・ヒギンズ(ds)
エド・ブラックウェル(ds)
                        1960 録音

コメントの投稿

Secret

こんばんは、poohさん。

こんばんは、肩凝り取れーんです。

確かにこれ、聴いてて心地よいですよねー。
今聞けば、どこがフリージャズ?と思うぐらい、全体的に調和が取れてて、安心して聴ける。

poohさん、"Mingus presents Mingus" のドルフィーなんてどうです?僕はむちゃくちゃ好きなんですけど。

それと、これも何かのご縁。
僕もリンクさせていただきました~。
これからもよろしく。

○肩凝り取れーんさん
はい、ありがとうございます。
私のほうもリンクさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
フリージャズってあまり聴きすぎると、もういいー!って煮詰まってきちゃって、突然バラード調のもの(コルトレーンとかマイルスのバラードetc)を聴きたくなったりしますが、このアルバムは何度聴いてもあきないですね。
Mingus presents Mingus まだ聴いていません。ドルフィーもやってるんなら是非。ミンガスも好きですし。紹介ありがとうございます。


プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。