生誕100年 東山魁夷展


白馬の森

今日はとても暖かくて春らしいお天気でしたね。
このところ寒い日が続きましたので、こんな日はほっとしますね。

本日は、東京国立近代美術館で開催中の 『東山魁夷展』 に行ってきました。
3月29日から5月18日までですから、前回の 『エリック・カール展』 同様、
滑り込みセーフでした。
平日でしたから、それほど混んでいないかと思いきや、10時過ぎに着くとチケット売り場は
もう行列していて、中に入るととても混雑してざわざわしていました。
さすが都会の美術館だなぁと思いました。
静寂の中でゆったり見るという雰囲気ではありませんでした。

東山魁夷、日本画界を代表する風景画家。
「白馬の森」 は子供の教科書にも出ているし、昔美術の教科書にも載っていたような
気がします。誰もがどこかで一度は見かけたことがあると思います。



残照


東山魁夷の代表作ばかりが展示され、作品が7つの章に分けて紹介されていました。
第1章、模索の時代
第2章、東山芸術の確立
第3章、ヨーロッパの風景
第4章、日本の風景
第5章、町の建物
第6章、モノクロームと墨
第7章、おわりなき旅



冬華


各章ごとの作品の移り変わりや、画風の違いなどもわかりました。
作品は、心の奥底の心情を表わしていて、日本人の共感を得るものばかりだと思います。
唐招提寺御影堂の障壁画の展示もあり、障壁は実際に畳の部屋が作られていて、
情景の深さを感じました。
画像をすべてのせるのは難しいですから、代表的なものを載せてみました。




花明り




晩鐘




夕星


都会の美術館はやはり朝一番に行くべきですね。
もう少し静かにゆったり見られたらもっとよかったかなと思いました。
会期前半で行ったほうがよかったのかもしれません。
まだ見られていない興味ある方、18日まで開催していますので、混雑を覚悟で
行かれてみてください。


東山魁夷展  http://higashiyama-kaii.com/index.html

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク