スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本太郎 「明日の神話」

1岡本太郎


東京都現代美術館で開催されている、常設展の ”岡本太郎 「明日の神話」” 
に行ってきました。
館内で上映されているメキシコで発見された壁画 『明日の神話』 の修復作業を収めた
ビデオを初めて見たんですが、とても感動しました。
一度解体してから接着された8000個ものパーツ。
発見された当初は欠損や汚れが激しく、最悪の作品だったそう。
再生プロジェクトが立ち上げられ、修復にはかなり多くの人たちのエネルギーが注がれた
ということです。

東京都現代美術館では、『大岩オスカール展』 が開催されているんですが、
実は私はこの常設展の 『岡本太郎 明日の神話』 のほうが見たくて行きました。
もちろん 『大岩オスカール展』 も最高によかったんですが、
この 『明日の神話』 の1枚が凄すぎて、帰ってきたいまも心に焼き付いて離れない。

この壁画が出来る前、ほとんど同じ4枚の絵を制作している。
小さいサイズのものから徐じょに拡大されている。
そして最後に製作されたのがこの作品。

最近偶然、本屋さんの店頭でみかけた、『自分の中に毒を持て』 という岡本太郎の書いた
本を読んで、彼にかなり興味を持っていた時期だったので、この 『明日の神話』 は
かなり強烈で衝撃的だった。
彼はこの本の中でも多くの興味深い考えを述べているが、ビデオの中でも同じようなことを
言っている。
  「財産や地位や名誉なんて欲しくない。欲しいものはマグマのように噴出する
   エネルギーだ。」
  「芸術はうまくてはいけない。きれいであってはならない。心地よくあってはならない。」
  「人生即芸術だ。」

『明日の神話』 の壁画は、縦5メートル、横30メートルというかなりの大きさで、
ひとつの大きな部屋に展示されていて、反対側の壁の前に椅子がいくつか並べられていて
座ってじっくり眺められるようになっている。
私も椅子に座ってしばらく眺めたあと、『大岩オスカール展』 と 『屋上庭園展』
(同じく同美術館で展示されている)を見て、美術館内の喫茶店に行った後、
またもう一度みたくなって、再入場してしまいました。

見ていると、なぜか息切れするような心の中の魂が湧き上がってくるような、ドキドキ
するような気持ち。
そして涙さえ出てきそうな躍動感。
絵を見てこんな気持ちになったのは初めてだ。
「芸術は爆発だ!」 と言った岡本太郎さんの魂が伝わってきます。




東京都現代美術館  <明日の神話>

<追記>
記事をUPしたら、画像の幅が大きすぎて(上の画像)記事に線が入ってしまった。
ちょっと変だけど画像を小さくしたくないので、このままにします。
岡本太郎さんも怒らないと思います。なーんてわからないけど。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。