ピアノのこと

本日は久しぶりに長女(高3)のピアノのレッスン日。
試験やらあれこれあって、なんと三週間ぶり。そして、例によって練習も全くしていなくて、
ピアノに触ったもの三週間ぶり。

曲はずっと変わらず 「幻想即興曲」。
でも、弾いてるのを聴いてみてびっくり。
なんと下手になってるかと思いきや、ちょっとうまくなってるようにも感じてしまった。
親ばかのせいとも思えない。

子供の偉大さを感じてしまった。
もっともっと練習すればもっとうまくなるに違いないのに。
でも、それがなかなかできないらしい。

私もできなかったことだから、仕方ないかも。
よく親で、自分が子供の時できなかったから、子供にはやらせたいって言う人がいる。
それって無理なこと。
自分ができなかったことは子供だって出来ない。
お金がなくて習えなかったとか、行きたくても大学に行かせてもらえなかった、
ということもあるとは思うけど。

子供は自分以上にも以下にもならない。
親が生きてきたように生きるのでは。
親の背中を見て育つんですよね。ってさめてるかなー。
そういう意味では、本当あまりがんばれない親で申しわけないなと思う。

でもせっかくここまで頑張れたんだから(親を例外的に超えてる)、
やめずにずっとやってほしいな。

コメントの投稿

Secret

“天使のピアニスト”・・・いい言葉ですね。
私が娘さんくらいの年には人より上手く聞こえるようにするにはどうしたらいいか?ばかり考えていました。
今思えば競争の無い自由な感覚で音楽に接していられれば・・・と時々後悔します。

次回の話、楽しみにしています。

○LesPaul-L5 さん、こんばんは!
そうですね。若い時って他の人と比べてばかりで、真に楽しめない。
私の場合は根性もないのでやめちゃった。
下手でもいいから、自分なりに楽しめればそれでいいのに、
って今になって思いますが。


プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク