夏の終りの。。。体験記

最近、朝晩涼しくなってきましたね。
やっと、って感じですが。

もう夏も終わり? 
今年は残暑が厳しくなりそうですが、子供たちの夏休みが終わりに近づくと、
もう夏も終わりなんだなぁって思います。

昨年の今頃も同じようなことを書いたような気がしますが。
もう1年経ってしまった。
そしてこのままのんびりしていると、すぐに冬がやってきそうです。

今年の夏は暑かった。
だから(というわけでもないけど)、いつものように職場(病院の外来)と家との往復で。
そしてこの夏も何もせずに終わってしまいそうだった。

それじゃあしょうがない。
最近暇な主婦の焦燥を感じる。
何をしていいのかわからない。何かをしたいんだけどなにをしたらいいんだか。

ということで、「夏の終わりの。。。体験記」。
え?夏の終りの体験? そんな主婦の体験なんてどうでもいいって?
まあ、そう言わず。

かねてから念願の、”サックス・レッスンのお試し体験”に行ってきました。
ずいぶん前にも1度やったことがあるんですが、その時は1回やってそれで終わり。
クラシックをやってる先生でした。

サックスという楽器、楽器の中でも一番声に近い楽器といわれていて、一番その人らしさ
が表われるという。
テナー・サックスで言えば、荒っぽく重厚なアーチー・シェップ、
包容力のあるマイケル・ブレッカー、透明感のあるケニー・G、
バリバリと切れのいい川嶋哲郎、凶器のような鋭いペーター・ブロッツマン、
サックスとは思えないくらいソフトなスタン・ゲッツ、艶っぽいエリック・アレキサンダー、。。。
というのは私の超個人的見解ですから、そう思わない人もいるでしょうが。

そして、アルト・サックスではオーネット・コールマンの音はとても透明で透き通っている。
同じく阿部薫は破壊的な悲壮感漂うきれいな音。
悲鳴のようなジョン・・ゾーンなどなど。。

なぜサックスにしたのかというと、楽器の音色が好きだということもありますが、
たまたま長女が中学時代使っていて眠ったままになっていてたアルト・サックスがあって、
吹いてあげたいなぁという気持ちになっていて。

今回の先生はジャズをやっている先生。
クラシックとジャズでは吹き方や音の出し方がまるで違うんだそうです。
マウス・ピースのくわえ方も。それも最初から。

どんな楽器もクラシックとジャズでは基本的に練習の仕方が違うのでしょう。
でも、例えばピアノの場合、最初からジャズをやる人はいないでしょう。
最初の数年はクラシックをやるのではないかと思うんですが。

サックスの場合はまったく最初から違うんです。
クラシックは大勢で演奏する(吹奏楽など)ことが多いので、個性の強い音を
出してはいけない。めだっちゃいけない。
だからそのような音になるような吹き方にするんだそうです。

ジャズは少人数での演奏が多いから、個性的な音を求められる。
その人らしさが必要なんですね。
ってことで、やはり私はジャズがやってみたい。
バリバリ吹けたらかっこいいなぁ、なんて思ってしまいます。

今回の体験、前回の時と比べて、クラシックとジャズの違いがわかるサックス体験でした。
他にもいろいろ聞いたんですが、もう忘れてしまいそうです。

でも根性のない私ですから、この先続けられるかどうか。
サックスのレッスンに関する記事がこれで終わりになったら、やっぱpoohさん続かなかった
んだなーと笑ってくださいね。

コメントの投稿

Secret

poohさん、こんばんは!
知らぬ間に体験レッスンを!!!
続くかどうかはともかく、良かったですね。
すごく気持ち分かります。やっぱジャズを吹いてみたいですよね。
サックスは「声」に近い。ほんと、そう思います。

憧れっていうのか、そういうのは大事な気がします。
「自分の表現」なんて言える域まで行けるかどうかは
また先の話として。いつか何か吹けるかもな、っていう。
川嶋さんの演奏なんかが脳裏にありつつ(^^;)
とぼとぼと練習をやる感じ。

「ブルースの真実」私も持っています。
同様の感想を持ちましたが、
貸してあげた若い同僚からは「ノーコメント」でした。
ま、若者には分かるまいね(なんつって(^^;))

こんばんは!

サックス吹けたらなって憧れありますよね^^
でも練習場所が限定されちゃうし、いまだ
に手が出ない楽器です。
独学じゃやっぱり難しいんですかね?

○うららさん、おはようございます。
飽きっぽい私のこと、続けられるかどうか。。
というよりもですね。子供が3人いまして、手はかからなくなったんですが、お金のかかる時期に突入してきまして、母親が習い事をやってる場合か?って感じです。
(多分)独身?のうららさんがうらやましいなぁ。
最近では、帰るとオタクな子供たちが私のパソコンを占領しているので、更新もままならない。。
ってことで今後のことは未定です。

川嶋さんにお会いしたら、是非よろしくお伝えくださいね。もう憶えててないかもですが。。

○つっしゃんさん、おはようございます。
独学で成功しているアーティストはたくさんいるので、できなくはないと思うんですが、
やっぱり最初はならったほうがいいみたいです。
ただ、記事にもかいてありますが、どういう音楽を目指すか(ジャズorクラシック)で
吹き方が全く違うので、先生を選ぶことも大事です。

音の問題もありますが、私もそのほかにもいろいろありまして、今後のことは未定です。

poohさん、こんにちは。
サックスのレッスンに行かれたんですね!
羨ましいです。
やっぱり、実際に楽器に触れてみて、吹いてみて、
サックスの生の雰囲気や自分の出した音を体験できるって、
本当に素晴らしい事だと思います。

何でも一度は体験してみることが大事なんだ、と良く理解できました。
僕もやってみたいです!!家の近くに音楽教室が無いのが残念ですが・・・(笑)

○ひさしさん、こんばんは!
そうなんです。
一度の体験だけでもとてもためになりました。
まあ、続けることは難しいけど、やったことは決してマイナスにはならないと思います。
楽器に限らずなんでも挑戦することは大事なことですよね。

やりましたね!

サックスはいいですよ。
私も他に何かやれ・・・と言われたら迷わずアルトを手にとります。
サックスって音がジャズしてるんですよね。
頑張ってほしいと思います。

曲が吹けるようになったらギターで伴奏させて下さい。まずはデュオで。

選択肢にギターは無かったのでしょうか?
ちょっと気になります。

○LesPaul-L5 さん、こんにちは!
他に家にあるのは、ピアノとギターとトランペットなんですが、おっしゃるようにサックスの音
そのものがジャズって思える。
やっぱジャズ(っぽいもの)やってみたいって思いまして。

といってもまだ今後のことは未定だし、音そのもの自体がまともに出ないんですから、
ジャズやる以前のことで話になりません。

ギターとのデュオ、なーんて夢の夢。
でも実現できたら素敵ですね~。

みなさん、コメントいっぱいありがとうです。
やっぱ、みなさん楽器には興味やあこがれがあるんですね。

スミマセン遅ればせながら!
poohさんの家にアルトあったのですね!
確かに吹き場所が必要な楽器ですよね~!!
サックスはだいたい学生時代の友人も練習の仕方などを教えてもらうためにプロに習いに行ってましたヨ!!実際自分で楽器やってみると、きっとpoohさんのジャズの記事もキレが余計に加わりそうですね!!楽器は気長にやるのがイイと思います!!

○masuda323さん、こんばんは!
そうなんです。楽器は、ピアノにギター、トランペットにアルト・サックス、
たくさんあるのに何もできない。なにか一つやってみたいなーと。
でも根性なくて、できるのかどうか?

ん~、切れのいいジャズの記事ですかぁ。
目指したいですねー。やっぱがんばってみようかなぁ。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク