いびきのことがよくわかる本



いびきのことがよくわかる本  
    重大な病気を未然にチェックし、迷惑も解消!
                          高山幹子 著    小学館

みなさん、いびきかきますか?
私は、若い時はかかなかった(と思う)けど、最近中年になったらかくようになった
(らしい)んです。
「らしい」 というのは、自分ではわからないから。

普段は一人で寝ますが、たまに娘たちの部屋で寝ると、決まって
「おかあさん! うるさいー!!」
という叫び声で何度も起こされる。
しかし半分夢の中なので、よくわからずまた夢の中へ。
次の日の朝、「あー、また私いびきかいてたんだな。」
とわかるわけです。そして次の日の夜は、またひとり寝室に行く。

どうしてこうなっちゃったんだろう。
若い娘だったら100年の恋も冷めるってもんでしょうが、歳だからまあいいか。

『いびきのことがよくわかる本 重大な病気を未然にチェックし、迷惑も解消!』。
この本、本日お風呂でカラーリングしながら読んだ本。
「いびきのメカニズム」 や「睡眠時無呼吸症候群」 のことや 「いびきの治療」
について書かれた本。
この 「睡眠時無呼吸症候群」 っていうのがやばいらしいんです。

「睡眠時無呼吸症候群の臨床症状」 について書かれていたので載せておきます。
   ○習慣的にいびきをかく。
   ○睡眠中の呼吸停止がある。
   ○昼間から眠くてしかたがない、居眠りでトラブル(車の事故など)
     を起こしたことがある。
   ○不眠がある。
   ○起床時に頭痛がしたり、口の中が乾いている。
   ○睡眠中に異常に体を動かしてもがいたり、痙攣の発作がある。
   ○日中、体が重く息切れや立ちくらみがしたり、まっすぐに歩けないことがある。
   ○記憶力低下や集中力低下が」みられる。
   ○次のような性格的な変化が見られる。
      ・疲れやすく、あまり活動的でなくなった。
      ・ものごとに無頓着になった。
      ・怒りっぽくなった。
      ・ボーッとしていることが多い。
      ・落ち着きがなく、じっとしていることができない(子どもの場合)。
       ときどき意識がうすれる
   ○性的障害がある
   ○夜尿、尿失禁がある(子どもや高齢者の場合)。

あてはまる項目がある方は要注意です。
いびきをかく方はご家族によくいびきの程度を聞いて、治療が必要ないびきなのか
専門医に的確な診断をしていただきましょう。

いびきのことがよくわかる本→
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093044066/jinseioseikou-22/ref=nosim/

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

いびきを元から治したい人はぜひお読み下さい。 今迄いびきをかくとまずは市販の器具を探し回り、いざ使用してみると 寝ているうちに外れたり、せっかく体を休めリラックスできる睡眠なのに、 何かを体に付けて寝なければならない不快感を感じていませんか?  体に付け?...

コメントの投稿

Secret

こんばんは!

寝ているときばかりは、録画でもしないかぎり
自分がどんな感じなのかわからないですもん
ね^^

でも「睡眠時無呼吸症候群」は、やばいらしい
ってよく聞きますよね!

○つっしゃんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
「睡眠時無呼吸症候群」は、高血圧、不整脈、糖尿病などの合併症を引き起こす
危険性があるんだそうです。

いびきって自分ではわからない。
私だって本当にかいてるのかなぁと疑問ですが。
一緒にいる家族やパートナーに寝ているときの状態を観察してもらうといいですね。
いびきをかいていたら、その音を録音してもらうのもいいかも。

poohさん、こんばんは!
いびきかぁ…僕も飲酒後や仕事がハードだった夜は、かいているようです(笑)
寝入る瞬間に、自分のいびきで目が覚めることもあります…

治療が必要な場合もあるんですね。
睡眠時無呼吸は、誰かにチェックしてもらわないと分からないのが、病気の発見を遅らせるのかも。
たかがイビキでしょ、なんて思っていると危ないんですね!

○ひさしさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

そうですね。
自分ではなかなかわからないですからね。
家族と一緒でしたらチェックしてもらいやすいですね。
私も「おかあさん、いびきうるさいー!」 って言われた時はすごーくショックでした。
もう慣れましたが。笑。
無呼吸はおこしてないみたいですが、気をつけないといけないなと思います。

いびきの要因は
・太っている人や首が太く短い人
・下あごが後退している・下あごが小さい人
・口蓋垂が長い人   
・疲労やストレスがたまっているとき
・お酒や睡眠薬などを飲んだ時
・老化による場合(呼吸筋の弛緩)
・体に異常がある場合(上気道の疾患、高血圧、心臓病、糖尿病)

だそうです。私の場合は明らかに「老化」 です。
若い時はかかなかったみたいですから。くやしい!

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク