キース・ジャレット

・アウトインサイド
インサイド・アウト

このブログを再開するときに、プロフィールのところに 「Jazzが大好き(特にfree improvisation)」
と書いたけど、書く前にこの 「improvisation」 のスペルがわからなくて(やっぱ私ってバカだな)
わざわざネットで検索してしまった。
その時何件が先のほうにでてきたのが、このキース・ジャレットの 『インサイド・アウト』
だった。
いつか聴きたいと思っていたら、先日渋谷のタワレコで見つけて 「あー!」 と思って
思わず購入したのだった。

キース・ジャレットの記事を書くのは初めてだけど大好きなピアニストだ。
彼のアルバムを初めて聴いたのは、もうかなり昔で、フュージョンを聴き始めてちょっとして
からだったと思う。19歳か20歳のころ?

当時、実姉がジャズ・フュージョンのお店で働いていて、すごくいいアルバムがあるから
と聴かせてくれたのが、『ケルン・コンサート』 だった。
このアルバムは衝撃的だった。
ジャズってこんなのもあるんだ、すごいなー。芸術的~。かっこいいー!いい雰囲気。。
って思った。
キース・ジャレットはその時からのファン。

インプロヴィゼーションが好きになったのはごく最近じゃないかって思っていたけど、
実はこの時からだったんだってこの記事書きながら思った。

曲が次にどんな風になるのか予想がつかない。メロディーもリズムもはっきりしていない。
でもなんか心を打つ。
それが本当の音楽、本当の芸術?
音楽って楽譜を見ながら楽譜通りにやるのって本当の音楽じゃないんだそう。

インプロヴィゼーションもただ好きなようにやっているのではなく、アーティストによっては
かなりの枠組み、制約をつくって演奏したりするのだそうだ。
セシル・テイラーなんかは、かなり制約を作った中でインプロヴィゼーションをしているのだそう。
そんな風に聞こえないんだけどなー。

アドリブはいろんなフレーズ、聴いてて心地よいフレーズを何度も何度も練習するんだそう。
そしてその積み重ねがインプロヴィゼーションってことになるんだろうか。

私にはジャズの定義さえよくわからないから、音楽を専門的に語ることなんてできない。
ただどんな制約や理論があろうと、聴いていて心地よい音楽が、私にとっての本当の音楽。
音楽をやる人にとっては、難しい理論も必要んだろうけど、聞くだけの私たちには
どちらでもいいもの。

ただ、いろいろ知っていた方が音楽を聴く楽しさがもっと増すのであれば、
知っていた方がいいのかなと思ったりもする。
本当のところはどうなんだろう。誰かそこのところ教えてほしいなぁ。

ということで、このインプロヴィゼーションのアルバムはトリオだからすごい。
すごいけど、すごいパワー、凄いエネルギーって雰囲気じゃないんだな。

とても自然で、メロディラインがはっきりしてるわけでもないのに、なぜかメロディアスだし、
すごくきれいでリリカルな音楽なんだな。
自然のままに音が流れるような演奏で、とても心地よい。
こんなに綺麗なインプロヴィゼーションって他にないんじゃないだろうか。

前回紹介した、沖至・大友良英の『邂逅』 が夜寝る前に聴きたいとしたら、
このアルバムは朝とか日中聴きたい音楽。
なぜかってよくわからないけど、聴いててとても清々しい(これ、すがすがしいって読むんだって。PCがないと漢字の読みがわからないものが多い。最近むずかしい漢字使う人が多いけどそれってPCのせい?と勝手に思ってるけど)から。

インプロヴィゼーションでもちゃんと曲名が付いている。
本当は完全即興なんかじゃなくて、あらかじめ決められた演奏してるのかなーなんて思ったりも
してしまう。
何度も聴いていると、スタンダードをアレンジしているような気もしてくる。
親しみやすささえ感じてくる。

是非みなさん、聴いてほしいな。
聴いてて気持ちいい音楽。心がなごむ音楽。
華麗なるフリー・インプロヴィゼーションだ。


1.フロム・ザ・ボディ
2.インサイド・アウト
3.341フリー・フェイド
4.ライオット
5.ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ(Edward Heyman/Victor Young)


キース・ジャレット(p)
ゲイリー・ピーコック(b)
ジャック・ディジョネット(ds)

2000年7月26&28日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールにてライヴ録音

インサイド・アウト →http://www.universal-music.co.jp/jazz_040317/artist/keith_jarrett/ucce1016.html

キース・ジャレット・ラストソロ 84’(You tube)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm2045124

<追記>
UP係さんが、Listenin’にこの記事をUPしてくださいました。you tube もありますから、ご覧になってくださいね。 →http://listenin.blog82.fc2.com/blog-entry-176.html

コメントの投稿

Secret

憧れ。

キース・ジャレットは昔から好きなんですよ。ギタリストから見ると“憧れ”に近い存在です。ピアノの表現出来る世界は同じコード楽器としては別次元なんで・・・。
ただ、彼の音楽性の高さには共感します。ソロであそこまで聴く人を惹きつけられるんですから。
ケルンコンサートは私も結構聴きました。
ギタリストにもラルフ・タウナーみたいに彼の領域に挑戦した人も数多く居るんですよ。
是非聴いてみて下さい。

お姉さんの働いていたお店って、まさか渋谷の“スタッフ”じゃないですよね?
私良く通ったんですよ。


★LesPaul-L5さんへ

LesPaul-L5さん、こんんちは!
コメントありがとうございます。
キースのピアノは本当すばらしい。私も昔から大ファンです。
他のピアニストとは別格って感じで。

ピアノってコードもメロディも自由自在(彼だからでしょうけど)だからすごいですね。
キースのピアノはジャズとかフリージャズ、インプロヴィゼーションさえも超越した演奏ですね。
聴いてると妄想の世界に入り込んでしまって
心地よくてなかなか抜け出せません。

姉の働いていたお店は、新宿の「ロッキン・チェアー」です。検索してみたらなかったのでもうないのかなぁ。ジャズ&アンティックなお店で大好きだったんだけど。。

poohさん、こんばんは♪
やっぱりJAZZは面白いですね!
同じアーティストが好きでも、セレクトするCDが違うんですから!
キースの、JAZZの、音楽の奥深さを見たような気がします。
詳しい知識を得ることで、もっと音楽が好きになるのなら、それはとても素晴らしいことですよね。でも、良い意味でも悪い意味でも、サウンド以外の情報って、どこまで知ってイイのか分からなくなったりしますね。
う~ん、どうなんでしょう??
興味を持って調べてみた事は素直に知識として貯めてしまって、無理やり知識を得ようとしなければ、自然に音楽を楽しめるのかなぁ、なんて思ったりします。

難しいですね。
でも、やっぱり音楽はイイですよね~
心からそう思います♪

★ひさしさんへ

ひさしさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
キース・ジャレットはいろいろ聴きましたが、最初に聴いたのが「ケルン」 だったということも
あるせいか、インプロものを追ってしまいます。
もちろん、スタンダードもすばらしいですが。

音楽的知識、あったらいいなぁと思いますが、ほとんどの人がそんなものなくても音楽を楽しんでいるのだからなくてもいいのかもですね。音楽は自分の感性で楽しむものですから。。

このアルバム、完全即興って書いてあるんだけど、聴けば聴くほどメロディアスに感じるんです。
キースの音楽性のすばらしさに感動です!
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク