ブレード・ランナー



みなさん、連休は何してるんでしょう?
私は家事をしっかりやろうと思いつつも、やっぱりきらいなんだな~。
だからはかどらない。

私と同じくオタクの長男とDVD三昧。
本日見たのはこれ、『ブレード・ランナー』。
近未来のLAを舞台にして、人造人間と人間との戦いをフィルム・ノワール調で描くSF映画。
監督は 『エイリアン』 の監督でもあるリドリー・スコット。(ブレード・ランナー→解説

この映画は1982年公開。もうリアルタイムで見たのは27年も前なんだなぁ。
なんか普通のSF映画とは違ってちょっと暗い、陰鬱な雰囲気。
まあテーマがテーマだから仕方ないかも。

昔見たときも、レプリカント役のルトガー・ハウアーが妙に魅力的だったのを憶えていたけど、
今回も、やっぱ彼の魅力に圧倒。
ハリソン・フォードが主役にもかかわらず、ちょっと影が薄い感じする。
それに、レプリカントのほうが断然体力的に強くてかっこいいから。
まあ設定がそうなんだから仕方ないけどね。

2019年が舞台になってるけど、あとそれまで10年かぁ。
こんな世に中になってるって27年前には想像したのかなー。
『2001年宇宙の旅』っていう映画もあったけど、今はもう2009年だし。
未来って進歩しているようで、意外と変わっていないのかも。




そうだ、当時(27年前)この映画を見てから、ルトガー・ハウアー ↓ の出てる映画が見たくて、
見た映画が、『レディ・フォーク』 だったな。
この映画もかっこよかったなーと今思い出した。今度また見て見よう。



今回のこの 『ブレード・ランナー』 、最終版ってことで、当時見たものとは何箇所か
変わっているらしいんだけど、あまりよく覚えてなくてよくわからない。
ただ、エンディングはデッカードとレイチェルが2人で車に乗っているシーンだったと思う。
そこにテーマ曲がかかっていてかっこよかった気がするんだけど、そこが違っててちょっと残念。

んー。しかし暗い映画だなぁ。昔見た時はそれほどと思わなかったけどな。
見る時代の相違のせいか。


BLADE RUNNER THE FINAL CUT →http://wwws.warnerbros.co.jp/bladerunner/

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク