スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスは音楽(ジャズ)の歴史

自叙伝マイルス

マイルス・デイビス自叙伝Ⅰ     マイルス・デイビス、クインシー・トループ著 中山康樹 訳
                                    宝島社文庫

サックスを始めて1年。
ちょっとは上達したんだろうか。よくわからない。

私はどんな音楽をやりたいのか。
ジャズでなければダメってわけじゃない。
でも、できればジャズっぽいものをやりたい。
アドリブ、インプロヴィゼーションなんかができるようになったらかっこいいな。
SAXプレーヤーになれたら最高だなぁ。。。と妄想を抱く日々。

ジャズをやるのにどんなアーティストを聴けばいいのか、ジャズって何?ジャズの歴史って?
師匠に質問したところ、ジャズの歴史を知りたければ、マイルスの自伝を読んでみなさいと。
そしてそこに登場する数々のアーティスト、「バード、ディズ、コルトレーン、モンク、ショーター、
キース。。」 を順に聴いてみるといいとのこと。
音楽的背景もわかるらしい。

ということで、読んでみました。『マイルス自叙伝、全2巻』 
マイルスと関わった多くのミュージシャンの名前がたくさん登場する。
有名な人たちばかり。

そして、マイルスも含めて薬をやっていた人が多いのだ。
芸術家って大変なんだな。才能あるがゆえに苦悩も多いんだな。
しかし、マイルスも含め立ち直った人たちも多いからすごい。

1冊360ページもあるから結構読むの大変かなって思ったけどそうでもない。
おもしろくてぐいぐい引き込まれる。
マイルスのファンだから。というかマイルスを知っててファンじゃない人っているんだろうか。
コルトレーンはちょっと。。っていう人聞いたことあるけど、マイルスはちょっと。。
っていうのは聞いたことがない。

彼の音楽はジャズなんだろうか。いや違う。
マイルス・デイビスだ。
私が初めてマイルスを知ったアルバムは昔リアルタイムで聴いた、『アマンデラ』 とか 『デコイ』
だったような気がする。
これってジャズとは言えない気がする。聴いたときも、マイルスがジャズだとは思っていなかった。
でも、ジャズかどうかなんてどうでもいいこと。

そして一気に1冊読んでしまった。2冊目に突入。
音楽本なんて読んだことなかった。そんなの読んで勉強になるのかって疑問だったから。
でも、なんたって天下のマイルスの自伝だ。
彼とかかわった人はみなすごいミュージシャンばかり。

彼の生涯=音楽(ジャズ)の歴史でしょう。
この本すすめてくださった師匠に感謝です。


2マイルス自叙伝

マイルス・デイビス自叙伝Ⅱ

マイルス・デイビス自叙伝→レヴュー

<追記>
この本、マイルスのファンの方はきっと読んでいると思いますが、読んでいない方のために、
貴重なマイルスのお言葉をちょっと載せておきます。

・音楽に興味を持ち始めたら、もう何も他のことをやる時間がなくなってしまった。
音楽がおれのすべてになった。本当にすべてになってしまったんだ。

・オレみたいに何か新しいことをやろうとする人間は、無視されるリスクをいつも背負っている。

・オレは決して後ろを振り返ったりはしない。それがオレという男の生き方だ。

・オレは正直な聴き手が好きだ。そうじゃない連中には我慢できない。

・ジャンルというやつも嫌いだ。そんなもの、音楽に関係ないだろ。

・オレがやりたかったのは、ただトランペットを吹いて、音楽、そして芸術を創造し、それを通じて
 心に感じることを伝えることだけだった。

・オレは双子座で二人分の人格があったから、全部で四人の人間がオレの中にいたことになる。
 良心のあるのとないのが二人ずつ。

・昨日は死の瀬戸際にいたのに、今日はものすごい音楽をやっている。
 みんなは、完全に驚き呆れた表情でオレをみていた。

・オレの耳には今でも”ウイ・ウォント・マイルス!” という叫び声が聴こえている。

・今のオレの、演奏し、音楽を創造したいという切迫感は、演奏しはじめた頃よりもすごいものだ。
 はるかに激しい。呪いみたいなものだ。。。

コメントの投稿

Secret

お読みになられましたか!
読み始めると、とても面白い本でしょう(笑)
あまりにも超人的なのですが・・・。
マイルスを聴くこと=ジャズの歴史を聴くこと・・・が実感できますよね!
同じ著者で、この自伝のアナザー・ストーリー的な
『マイルス&ミー~帝王の素顔』と合わせて読めばさらにカンペキですね(笑)

マイルス・デイビス・・名前は知ってます。
が、悲しい事に「死刑台のエレベーター」しか思い浮かばない・・
それも確か、そうだった?くらいにおぼろげです。
これ聞かなくちゃ人生損してるよっていう音楽は
きっといっぱいあるんでしょうね。
学ばせていただいてます。

★sou-unさんへ

sou-unさん、こんばんは!
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

もっと早く読んでおけばよかったなあと思います。
読んでみて、マイルスの偉大さをますます感じますね。
『マイルス&ミー~帝王の素顔』、これも興味深いですね。この本読み終わったら是非読んでみようと思います。

★みどさんへ

みどさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

マイルスのアルバムは半端なく多いですからね~。私も持っているアーティストのなかでは一番多いと思いますが、それほど多いとはいえません。『死刑台のエレベーター』、これももっていません。
今度聴いてみたいです。
ジャズ聴かなくたって、人生損するってほどのもんでもないと思いますが、良さがわかると人生もっと楽しめるかと。。
でも、マイルスがジャズなのかどうか。一度聴いてみてほしいアーティストではあります。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。