サキソフォビア in BAY SIDE JAZZ 2009 CHIBA

サキソフォビア

毎年行っている、 ”ベイサイドジャズ” に今年も行って来た。
インフルエンザも流行ってきたからどうしようかと迷っていたけど、休みでうちにいてもつまらないし。

そして初めて「サキソフォビア」 というサックス4菅のグループの演奏を聴いた。
ライヴ・ハウスの場所が分からなくて迷ってしまって途中から聴いたのだった。

そしてその凄さにビックリ! かっこいいー! 2ステージ目も見てみたくなってしまった。
そして2ステージ目を見たら、3ステージ目も見てみたくなってしまって。

結局、他のアーティストの演奏は聴かずに、サキソフォビアの演奏だけ聴いたのだった。
ベイサイド・ジャズに行ったんじゃなくて、サキソフォビアのLIVEに行ったというのが正しい。

曲は、オリジナルの他、「サムワン・トゥー・ワッチ・オー・バー・ミー」や「ラブ」、「黒い瞳」、
「オーバー・ザ・レインボウ」などのスタンダードやスティービー・ワンダーの曲、民謡など、
親しめる曲が多くてとてもよかった。

そしてそれぞれのソロも普通の?ジャズの曲の中にアヴァンギャルド風な感じもあって
とても楽しかった。
他のお客さんもとても楽しんでいるのがわかった。私のようにアヴァンギャルド系が好きな人も
スタンダードが好きな人も、誰もが楽しめるグループだと思った。
パフォーマンスも楽しくて。。

バリトンはベースの役割が多かったけど、それぞれの楽器が順にソロをとるので、ときに
リズム隊が入れ替わったり戻ったり。。
サックス4管の音の重なり合いは迫力があって圧巻だ。

なんと3ステージ、みな違う曲を演奏していた。
普通はベイサイド・ジャズって毎ステージお客さんが入れ替わるから、
同じ曲を演奏してもいい気がするけど。
私のように3ステージ聴いた人も他にも数人いたみたいなので、そんな私たちとっては本当に
毎ステージ新鮮に感じられた。

特に竹内直さんのバスクラは最高にすばらしかった。
とても感動しすぎて、このサキソフォビアの演奏聴いたらもう満足しきっちゃって、
他のアーティストの演奏は聴かなくてもいいやって思ってしまった。

本当楽しかったなぁ。かっこよかったなぁ。しあわせ気分~。
このグループ、毎年ベイサイドジャズに出ているらしい。知らなかった。
もっと早く知っていればよかった。
来年も是非行ってみたいな。


竹内 直(テナー・サックス、バス・クラリネット)
緑川英徳(アルト・サックス、ソプラノ・サックス)
岡 淳(テナー・サックス、篠笛)
井上"JUJU"博之(バリトン・サックス、フルート)


サキソフォビア プロフィール →http://www.jazzpage.net/saxphobia/
SAXOPHOBIA official site →http://saxophobia.papi4.com/

ベイサイドジャズ 2009 ちば →http://www.f-cp.jp/info/bsj2009st.pdf

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク