スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病

070605_1949~02001[2].jpg

今日はめずらしく、本の紹介をします。
「うつ病を体験した精神科医の処方せん」ー医師として、患者として、支援者としてー  
  著者 蟻塚亮二 大月書店
この本は私が勤務している病院の精神科医が書いたものです。
この先生、4月から勤務しているんですが、他にも多数著書を出版しています。

うつ病、最近では現代病ともいわれるほど、多くの方が罹患していますね。
国民の7人に1人はかかるとされています。
症状としては、気分の落ち込み、気力の減退、喜びや興味・集中力の低下、眠れない、
食べられない、自身がなくなる、体重減少、いらいらや怒りや焦りの感情、などが
二週間以上くらい続くこと。
性格的には、真面目で几帳面、社交的、協調的で職場でも家庭でも頼りにされる人が
かかることが多いそうです。
まあ、私はかかりそうもないかも。
この本では、20年前先生自身もうつ病にかかったことからその体験の模様を交えながら、
家族や社会との関わり、「患者」からみたうつ病の治療や対処方法や生活技術
について書かれています。
ユーモアのある文章で、専門用語などの難しい言葉はほとんど使われていませんので、
エッセイを読んでいるような感覚でとても読みやすいです。
「無責任・あいまい・いい加減・どんぶり勘定」
「成り行きにまかせよう」
「心は楽にして、からだは使え」
「家事は手抜きするべし」
「何事も欲張らないこととし、今日できることでも気が向かなければ明日にまわす」
など、うつ病でない人でも参考になる気持ちの持ち方や対処法が書かれています。
そして、文章の端々に先生のお人柄のよさがうかがわれます。

うつ病は、個人のもつ資質と環境要因が反応して発生します。
季節柄、うつ病の疑いで来院する方も多いように感じます。
周囲や本人がそれと気づいたら早めの専門医の受診をおすすめします。


コメントの投稿

Secret

こんばんは!
初めてコメントさせていただきます。
■ヤセガエルの独唱■管理人の
ヤセガエルです。

うつ病の記事、興味深く拝読いたしました。
終盤にある“対処法”の中に、私の座右の銘
(どんぶりとか、頑張らないとか…)がいくつも
入っていて、果たして今の姿勢で良いのか?
…と、フクザツな気分です。(^-^;)

poohさんのお仕事は、ストレートに人から
頼られる大変なお仕事ですよね。
ストレスが溜まったら、いい音楽を聴いて発散
してくださいね!(・∀・)

それではまた。

○ヤセガエルさん、こんばんは!

ご訪問とコメントありがとうございます。
私の周りには真面目でがんばりやが多いので、
あまり頑張りすぎちゃだめよーってよくいっています。少しいい加減、アバウトなほうが人生楽しめますから。。
でも、なかなかそうは出来ないみたいです。

私、JAZZと同じくらい、こんな私でも少しでもみなさんの役に立てるこの仕事が大好きなんです。
JAZZ以外の記事も多いですが、またいらしてくださいね。
ヤセガエルさんのブログにコメント書いたんですが、うまく飛ばなかったんです。また、うかがわせていただきますね。


「うつ病を体験した精神科医」の著者、蟻塚です。私の本はともかくジャズの好きな人が身近におられて嬉しいです。ではでは。

○蟻塚先生

先生ー!びっくりです。どこからいらしたんでしょう?
私は外来ナースです。
いつもお世話になっています。
先生の本読ませていただいて、とても感銘しましたので、ジャズ好きな方にも読んでいただきたくて、紹介させていただきました。 
でも、はずかしーっ!ブログのことは病院には内緒にしてますのでよろしくお願いします。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。