スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみのいろ うみのかたち

クレー


昨日、ブリヂストン美術館に行ってきた。
芸術の秋。最近寒くなってきたけど、昨日はとてもいいお天気で暖かかった。
半袖の人もいたくらい。

どうして、絵が好きなんだろう。
行こうと思ったとき、やっぱワクワク・ドキドキ。
あれー、前回の記事で書いた、「音楽聴くのは恋する気分」 っていうのと同じかも。

美術館に行って絵画を見るのも、私にとっては恋人に会うのと同じなんだ。(恋人いないけどね)
しばらく行かないとまた行きたくなる。
会いたいな~って感じなんだ。


ジャン/デュビュッフェ


今回のテーマは 『うみのろ うみのかたち 印象派から抽象絵画まで』 。
モネ、ルノアール、ミレー、コロー、クールベ、ゴーギャン、ピサロ、カンディンスキー、クレー。。。
もう、いっぱいいっぱいありすぎて、素晴らしすぎる色彩の絵画の数々。

印象派や現代美術、そして抽象画は特に大好きだからとても楽しめた。
中学か高校性の頃見た、クールベの絵も久しぶりに見れてまたまた感動。
本当にいい絵画に出会えて幸せ。素敵な彼に会えた気分~。

なぜ今回行ったのかというと、ジャン・デュビュッフェの 「暴動」 という絵を見たかったから。
この絵のことが、新聞の夕刊に紹介されていたから。見た人もいるでしょう。
すごーくいい絵なんだ。だから原画をこの目で見たかった。

でも、残念ながらこの絵の画像がUPされているものがなかったので、ちょっとだけ似ている
↑の画像を載せます。

ジャン・デュビュッフェ の絵、すごく好きな絵。 心に湧きあがる感情を表現している。
子供が描いてるような無垢な絵。

心の内面を表す抽象画ってとても素晴らしい。心に描く姿かたち、色、気持ち。。。
もちろん写実的な絵だって嫌いじゃないけど、抽象画の方がより想像力が膨らむんだなぁ。
フリー・ジャズ聴くのと同じ感覚かも。


ジャン・デュビュッフェ →ウィキペディア
ブリヂストン美術館 →ウェブサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。