献血  ~再び~

先日美術館に行った日、実は献血にも行った。
出不精の私は、出かけるときは思いっ切りいろいろと用事を入れるのだ。

献血ルームに着いたのは、もう3時近かった。
しかし一人でランチってのは私はやらないんで、お昼は食べていなかった。
なんかひとりで食べるのもったいないから。ケチだよね。

問診でお昼食べてなくて心配されたけど、ダメとは言われなくてよかった。
そうか、「食べました」 ってウソつけばよかったのかな。

担当の若い看護師さんは、なんかまだ慣れないような雰囲気で、後ろに年配の看護師さんが
ついて、助言を与えたり準備を手伝ったりしていた。

私の血管はとてもよく出ているので、駆血帯をやって消毒をしてしばらく乾くまで放置していた
ので、針を刺したとき、浮き出ていた血管からピュッっと血液が勢いよく飛び散ってしまったのだった。

普通こんな時、「うわっ!」っと驚くんだろうが、私も患者さんに採血したときこんな経験したこと
あるので、へっちゃらだったし驚かなかった。
看護師さんは申し訳なさそうに何度も謝っていた。そんなにあやまらなくてもいいのにね。
血なんか見ても大丈夫だよ。

私は、血液がバックにだんだんたまってくるのを時々見つめていた。
それを見た若い看護師さん、「血液見て、大丈夫ですか?」 って言っていた。

あっ、まずい! 職業ばれたかな。意外と隠していても、医療従事者だということが
思わぬところでばれてしまうことがあるのだ。気をつけよう。

終わった後のアイスを実は楽しみにしていたんだけど、今回はアイスの自販機がなかったんだな。
お金かかるからかなぁ。
仕方なく、お菓子いっぱい、飲み物2杯飲んだ。そう、お昼食べてなかったからね。
ってせこいよな。タダだからって。

そして、献血のあと、足底腱膜炎の治療のために作った 「足底板」 の料金の返還金の申請
(保険で三割負担なので、それ以上の支払い分が返還される)のために、保険組合にも行った。

その後、よそゆき(今こんな言葉あるのかなぁ)に着る洋服(その日着ていた)に似合う靴を
買うために、いつも行くお気に入りの靴屋さん(バッグもある)に行った。
お店の女の子に、「この洋服に似合う靴ってどんなのですか?」 って聞いたんだ。

この日の休日は忙しかった。
でも今日は1日だらだら過ごしてしまったんだなぁ。
まあ、そんな日もあるか。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク