峠の我が家~ヤコブ・ブロ

/ブロヤコブ
Balladeering

みなさん、こんばんは。
2月も本日で最後。
でもまだまだ寒い日が続きますね。

風邪なんかひいてないですか?

私も毎日忙しい日々が続いています。
外来処置室は、連日多くの患者さんでごった返し。

点滴・採血のほか、救急患者さんが結構多い。
特に夕暮れ時に。

過量服薬、下血、下痢・嘔吐、熱発、痙攣、意識消失、レベル300。。。

先日は、勤務が終わろうとしていた5時半過ぎに、患者さんの救急搬送に付き添うことに。。
救急車って乗ったことある方はわかると思いますが、結構揺れるんです。

私車酔いするのでちょっと辛かった。
でも、プロだから乗らなきゃいけないことも多いんです。
頑張りました。ってただ患者さんと一緒に乗って行っただけですが。。

こんな日の夜はゆったりいい音楽聴いて癒されたい。

このアルバム、コンテンポラリー・ジャズの最重要人物であるデンマークのギタリスト、
ヤコブ・ブロの超豪華メンバーが参加した最新作。 『Balladeering』。

ジャズというよりは、癒し系・ヒーリングとも言える雰囲気の音楽。
ヤコブ・ブロのシンプルかつ美しいメロディ。優しい音色。
リー・コニッツのアルト・サックスも甘く切なく響く。。

こんなにも繊細で美しく、心癒される音楽って久しぶり。
ずっとずっと繰り返し聴いていたい。
ずっとずっと繰り返し聴いていてレビューが遅れてしまいました。

最近、聴いたアルバムに勝手に邦題をつけるのが好きな私ですが、
このアルバムは、『峠の我が家』。
曲が似ているわけでもなんでもないのだけど、なんか家でゆっくり癒されたい雰囲気の音楽
って感じなので、この題名が浮かんでしまいました。

または、『お家に帰ろう』 でもいいかも。
なんて、こんな勝手なこと書くのは私くらいでしょうね。


1 WEIGHTLESS
2 EVENING SONG
3 VRAA
4 STARTING POINT/ACOUSTIC VERSION
5 GREENLAND
6 TERRACE PLACE
7 SORT
8 STARTING POINT / ELECTRIC VERSION

Jakob Bro(g)
Bill Frisell(g)
Lee Koitz(as)
Ben Street(b)
Paul Motian(ds)    2009

Balladeering/Jakob Bro →http://diskunion.net/jazz/ct/detail/DUJ058

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク