スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球上で最も偉大なギタリスト JEFF BECK

jeff beck

先日 「地球上で最も偉大なギタリスト JEFF BECK いったいどこまで飛躍するつもりなのか」
という新聞のコピーを見つけて、感激して思わず切り抜いてしまった。

ジェフ・ベック、私が地球上で最も崇拝するギタリスト。

最近はJazzの雑誌はほとんど読まないし、Rockだって全然知らない。
この記事読むまで、彼が来日することも知らなかった。
そして滑り込みセーフでチケット購入。



『エモーション・アンド・コモーション』、久しぶりのニューアルバム。
ジェフ・ベックというと爆音・轟音っていうイメージだけど、
このアルバムは従来のアルバムとはちょっと違うかも。

教会音楽のような神聖な雰囲気。
バックがオーケストラなのかシンセなのかよくわからないけど、静かにそして壮大に響き渡る。

これがジェフ・ベック?って感じ。
彼を知らない人が2・9曲目以外を聴いたら、誰もこれがロックとは思わないかも。

初めて彼のアルバムを聴く人(って彼の存在を知ってる人で聴いたことない人いないかも)
にも凄すぎてお薦め。

ロックでもフュージョンでもないジェフ・ベックというジャンル。

ポール・ボッツさんが歌ったあの有名な曲や「虹の彼方に」 も入っていて本当に
素晴らしい。
このメロディライン、あーなんていいんだろう。涙でちゃうよな。

地球上で最も偉大、といわれるだけあるよなぁ。
何回聴いても感動の嵐。

下記のレヴューから視聴できるので、是非聴いてね。


1. コーパス・クライスティ・キャロル
2. ハンマーヘッド
3. ネヴァー・アローン
4. 虹の彼方に
5. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー
6. スリーン
7. ライラック・ワイン
8. 誰も寝てはならぬ
9. ノー・アザー・ミー
10. エレジー・フォー・ダンケルク
11. プア・ボーイ * Bonus Track
12. クライ・ミー・ア・リヴァー * Bonus Track

ビニー・カリウタ (ds)
タル・ウィルケンフェルド (b)
ジェイソン・リベロ (key)
ジョス・ストーン,イメルダ・メイ,オリヴィア・セイフ (vo)




65歳でこんなにもかっこいい。決してとどまることを知らない。
本当に ”いったいどこまで飛躍するつもりなのか”。
そして今後も進化し続けることでしょう。

12日の東京国際フォーラムのライブ、行ったらきっと失神するに違いない?
無事に帰ってこられたらまた記事書きますね~。

ジェフ


JEFF BECK 『エモーション・アンド・コモーション』 試聴あり →レヴュー



<追記>
本屋さんに行ったら、昔よく読んでいた雑誌(最近は立ち読み程度)”ADLIB” が来月で休刊に
なるとのことで、表紙も彼だからってことで久しぶりに買ってしまった。まだ読んでません。
37年間も続いていたのになくなるのは残念だなぁ。

コメントの投稿

Secret

いいですね。

ライブ行かれますか!
昔とは違う円熟の境地のベックを堪能してください。今回のメンバーもここ10年では一番の音を出しますから。

私世代ではベックなしではギターを語れないくらいの存在でしたし、常に別格に位置する憧れでしたね。
ある時期を境に、彼は何処に行ってしまうのか・・・と思わせるくらいに常に進化するギタリストで、他にはちょっと見当たりませんね。

★ LesPaul L-5さんへ

LesPaul L-5さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。彼はとどまることを知らない。
いったいどうなってしまうのか~って感じ。

このアルバム、本当これがRock?これがジェフ・ベック?って感じ。
でもすごく癒される素晴らしいアルバムです。
爆音は2,9曲目だけ。後はほとんど静かな雰囲気で。。
聴いてみてくださいね。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。