ジェフ・ベック LIVE ~安らぎと騒乱

ジェフ


行ってきましたよ~。ジェフ・ベック来日公演。失神せずに帰ってきました^^v

12日、東京国際フォーラム。ジェフ・ベックのLIVEに行くのは2度目。
前回行ったのは4年位前だったかな。

今回のメンバーは、ナラダ・マイケル・ウォルデン(ds)
             ロンダ・スミス(b)
             ジェイソン・リベロ(key)

最初に彼が出てきたときは、涙出ちゃいましたよ~。
なんてかっこいいお姿。65歳とは思えない。

曲は新譜 『エモーション・アンド・コモーション』 からがほとんどで、
それ以外でも最近のアルバムのものが多かった。昔の曲はほとんどなかった気がする。

前回行ったときと曲全体の雰囲気が違い、新譜が中心だったせいか静かな曲が多かった。
昔のイメージで行った人や新譜を聴いていない人は、あれ?と思ったかも。

しかし音の大きさ、アグレッシブなプレイは前回よりも増していた気がする。
頂点に達していたのでは。これ以上のものはないでしょうってくらい。

だからきっとみな満足したに違いない。
前よりも声援が多かったし皆のノリも違っていた。

♪虹の彼方に♪ も演奏。これ最近は定番らしい。大好きな曲。すごく綺麗な音色&響き。

♪アデイ・イン・ザ・ライフ♪、これホント素晴らしかった。
あの途中の登りつめていく部分の演奏はオーケストラのようで。
ビートルズも最近はPOPSクラシックになっているから誰がやっても素晴らしいけど、
彼の演奏は最高だったな。
 
そして最後はやっぱりあの曲。そうじゃないかなって予想はしてたけど。 
♪誰も寝てはならぬ♪ ♪ラララ、ラララララ~♪ 」  ♪ラララ、ラララララ~♪
もう感動で歓喜いっぱいだ~。

アルバムでは、オーケストラをバックに演奏している曲も数曲あるけれど、
LIVEではオーケストラはもちろんなしだったけど、オーケストラと同じのような演奏。
音の広がり、壮大さは素晴らしかった。

女性ベーシスト、ロンダ・スミス(b)の凄みのある演奏、この人のヴォーカルも迫力ある声だった。
女の人のベースってかっこいい。
これ見て、長女に 「あんた、ウッド・ベースじゃなくてエレキ・ベースやったら。」 
って帰ってから薦めてしまったほど。

ドラムも壊れるんじゃないかと思えるほどの迫力・パワーありすぎで。
これほんとドラム? 違う楽器じゃないかと思ってしまった。

彼はどうしてこんなにすごい演奏が出来るんだろう。
その技術にはすごいものがあるらしい。

ギター・フリークに言わせると、さまざまな何とか奏法というものを駆使し、
しかも軽々とやっているんだそう。しかしその技術・奏法はあくまでもその曲の良さを最大限に
表現するためのものにすぎず、決して技術だけをひけらかすものではないのだそう。
ってあたりまえのことだけどね。

彼は次の日のインタビューで、「どうしてギターを45年もやってこれたんですか?」
って質問に、「みんなに楽しんでほしいからだよ。」 と。

楽しんでほしいって?ただそれだけ?
私がサックス始めたのは人に聴かせるためなんかじゃない。
自分が吹きたいだけ。ちょっとでも上手にそしてカッコよく出来るようになりたいだけ。

人に聴かせて楽しませる、いや楽しませる以上に彼の演奏聴いて生きててよかった、
この時代に生きててよかった、とこの上なく幸せな気分にさせるというほどの気持ちのほんの
一端でいいから自分もそうできたらいいなと感じてしまった。

今回のアルバム、『エモーション・アンド・コモーション』 についての
一つの見解としてある雑誌では、「”安らぎ”と”騒乱”の同居・・・これがおそらくジェフの
ギター・サウンドの最終完成型なのだろう」 と。

しかし、また他の雑誌のインタヴューで彼は 「まだまだやりたいと思ったことのほんの一部分を
かすっただけのこと。今後も追究し続けていくつもりだ。」、というようなことを語っていた。

え~まだまだやるの? まだまだ登りつめる? 彼はどこまで行くんだろう。。。
いったいどんだけ進化するんだって感じだ。

本当に素晴らしい方、尊敬・崇拝・目標・夢。。。神だなぁ。

こんなにすごい演奏聴いちゃうと、音楽なんてやるものじゃなくやっぱ聴くものだって思うな。
しかし、やる人がいるから聴く人が楽しめるんだ。

天才ジェフ・ベックに言わせると、努力することが大事。うまくなるのはとても時間がかかること
諦めず努力することが大事だと。
きっと彼も日々努力を重ねていた(現在も止まることなく)に違いないんだ。

彼の100分の1くらいでもいいから、そのセンスと技術、そしてアーティストとしてのこころざし、
努力できる才能?を身につけたいものだな~。

だから私も彼の足もとにおよぶ様になれるくらいに音楽頑張りますね~。
と決意を新たにしたのだった。

ジェフ・ベック最高!!!


ジェフ・ベック → ウィキ・ペディア
ジェフ・ベック →You tube "a day in the life"
ジェフ・ベック →You tube "scatter brain"

コメントの投稿

Secret

羨ましいです。

コメントが遅れてしまいましたが・・・。
今回のベックを見れたのは羨ましい限りです。私は行けませんでした。
次に来るのは何時になるか見当もつかないし、ベック自身も年を取ってしまうので今回はベストの条件だと思います。
若い頃のベックの攻撃的なギターを知っている私にとっては、ほんの少しだけ丸くなった彼のギターは理想形に近いロックギターです。
ベックは昔からビートルズに対して少なからずコンプレックスを持っていたようです。
昔のインタビューで「自分がジョージ・ハリスンの代わりにビートルズにいたらもっと音楽性の高いバンドになっていた」・・・と自信満々にコメントしてました。
その裏返しでビートルズの曲をインストで結構やっていました。
ビートルズの曲をギターで別次元の曲にしてしまった“シーズ・ア・ウーマン”なんかお見事としか言えませんね。
やっぱりベックはナンバー1だと思います。

★ LesPaul L-5さんへ

LesPaul L-5さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

彼のギター爆音&アグレッシブですが、彼の性格的にはどうなんでしょう?
演奏とは裏腹の様な気もしますが。。

ビートルズに彼が入っていたら。。うーん考えられません。
なんか、ギターだけ目立っちゃいそうですよね。それにビートルズの音楽性は素晴らしいけど、
彼とは全く違う世界ですからね。

彼はまだまだこれからも深化(進化)すると思いますよ。
65歳という年齢は全然感じなかったです。また今後に期待ですね。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク