スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症

070701_1923~01001[2].jpg

統合失調症とのつきあい方ー闘わないことのすすめ

私が勤務している病院の精神科医の書いた本の紹介、第二段!
  「統合失調症とのつきあい方」 闘わないことのすすめ
        蟻塚亮二 著   大月書店

統合失調症は回復する病気である。
闘わず、あきらめず、必要なことはすべてやろう!

「統合失調症」ってどんな病気?よく知らない方も多いと思いますが、
この本は統合失調症とは何か、どのようにしたら回復できるのか
をとてもわかりやすく書いています。
医療従事者やこの病気を持つ方のご家族はもちろん、
全く精神の病気とは無縁の方にも難しい言葉はほとんど使っていませんので、
一般的なエッセイのような感覚で読める本です。
そして、読むと統合失調症についての理解がかなり深まります。

統合失調症って心の病気と思っていましたが、そうではないんですね。
「統合失調症とは、脳の機能の失調や働きのアンバランス、あるいは脳のストレス対処機能
の失調である。脳が、ある種のストレスに弱いために発生する」とのこと。
診断基準として、特有の思考障害、感情障害、幻覚や妄想、興奮や拒絶などの精神運動興奮、
気力低下・引きこもり・無為・関心喪失などのうちいくつかの症状が、一カ月以上続くもの。
実際には、家庭環境や性質、おかれた立場など様々な事柄について推察して話をし、
診断するとのこと。
そして、統合失調症は世間で言われているように、進行性に悪化する病気ではない。
時間の経過や適切な環境によって人格や社会性は発展し、「治る」病気である。。と。

この本とても楽しく読めまして、先生の明るく楽観的な性格?が文章から伺えまして、
笑える箇所も多く、一気に読めました。
私もかなりアバウトな性格であまり悩んだりしない方なんですが、
この本読んでとても気持ちが楽になりました。

みなさんにも参考になるお言葉かなりあるんですが、私がこれは、と思った言葉、
文章を載せておきます。
「症状とのつきあい方」の項目のところで、
・闘わない、根拠の無い悲観も楽観もしない、淡々と必要な手立てをとる。
・未来の心配事は成り行きにまかせよう。
・病気と長くつきあうには、「開き直る」、「決して頑張らない」、「ひどく怒らない」、
 「嘆かない」、「少し我慢する」、などの心構えの下で、淡々と受け止める。
・マイペースを大切にする。
・物事を善悪でなく、損得勘定で考える。。。などなど。

もっと良いお言葉たくさんありますが、とても書ききれませんので、
皆さん是非お読みになってくださいね。
そして、精神科についての理解を深めて欲しいです。


コメントの投稿

Secret

ところで゛、今日も午前は外来診療、明日も午前は外来と、私とpoohさんは同じ場所で勤務しているのですが、私はpoohさんが誰なのか分からないのです。poohさんは当然私を知っているのですが、こういうミステリーって面白いですね。

○ありんこさん、こんばんは!

先生、ご訪問ありがとうございます。
この本、同僚の外来ナースから借りていち早く読ませていただきました。外来では(職員の中でも)一番早いのでは。。
先生に話しかけようと思いつつ、機会を逃していまして。それに、ブログのこと職場の人には言ってませんので。
ジャズ好きなんですか?機会があったらお話したいですねー。そのうち声かけさせていただきたいなーと。

○ありんこさんへ、追記
カテゴリーのJAZZ、で「綾戸智絵」の記事を読んでいただけると。。

綾戸智絵さんの記事は記事として読みましたが、外来にそういう人いませんでしたよ。まあ、この件はこれっきりにしときましょ。ところで私は音楽なんでも好き。原稿書くときにはバックに「ど演歌」かけると筆が進みます。ジャズは高校時代にディキシーに熱中しヘレンメリルとスウィングを経て、ホワイトジャズの特にピアノものが好き。でも時にはレゲエスプラッシュを聞きに行ったり、クラシックの弦楽四重奏にのめりこんだり、白鳥の湖を踊ったりと、節操がありません。ロンドンの場末のパブでビール飲んでる時に流れるレゲエは良かった。これから風呂に入りますが、風呂用のプレーヤーで流すのは田端義夫。

○蟻塚先生、こんばんは!
コメントありがとうございます。
クラシックは聴くと眠くなって寝てしまいますし、演歌はいまいち音楽的に合わなくてー。。
先生忙しそうですね。昨日は診察の合間に、診察台で寝ていましたね。知ってますよー。
今度、先生の講演も聞いてみたいです。
お身体に気をつけてがんばってくださいね。
そして、また遊びにいらしてください。

○先生!
今日は思いがけず、ごあいさつ出来てよかったです。
しかも、先生の採血することになるとは。。
実はとても緊張しました。
今度、また精神科本の別バージョン書いてくださいね。
期待してマース。

昨日は「綾戸智絵さんが・・・・・」「あ、居た」という感じですぐ分かりました。私の本は、ネット書店で統合失調症をキーワードに検索すると、楽天、紀伊国屋、アマゾンで上位のランキングに入りました。なんか、ジャズの世界を散りばめて精神科の本を書けないですかね。その時はpoohさんにも分担執筆してもらえます。

○蟻塚せんせい、またまた、ありがとうございます。
精神科の本が上位とはすばらしいです。
ホント、先生の書く文章とても楽しいので、是非みなさんに読んで欲しいと思います。
私自身、精神科はまだ初心者(昨年9月からの勤務)ですから、もっともっと勉強しようと思っているところです。

こんばんわ

はじめまして。こんばんわ。
統合失調症の検索をしていて、このページにお邪魔してます。
私は統合失調症に苦しんでいますが、
このページで幾分はげまされました。
「治る」ということを信じて気楽にこの病気と向き合って
いきたいな、と思います。
私も最近ですがblogをはじめました。
パソコンやっていて少し気がまぎれて楽しいです!
エッセイみたいな本、読んでみたいです。
では、よかったら私のblogに遊びに来てください!
だれかに訪問してもらいたいです!
はじめたばかりじゃ、病気と一緒、まだまだ知られてないですけど。

○MOさん、こんばんは!
ご訪問とコメントありがとうございます。
私は精神科の病院で看護師をしています。
このブログは趣味(ジャズ)のことを中心に日常のことや健康のこと、仕事のこと、いろいろ雑多に書いています。
私が紹介しているその他の本もとても興味深いものが多いです。よろしかったらお読みになってみてくださいね。そうですね。治ることを信じて、気楽にがんばらずにいきましょう。
またいらしてくださいね。MOさんのブログにも伺いたいと思います。URLを教えてください。

ありがとうございます。そうですか、病院にお勤めですか。
私はペイペイですが、ジャズピアニストです。
立花くんはMIOで通じます、以前バンドを組んでましたから。
世間はせまいですね!立花くんの名前を久々に聞いて、
安心してブログにコメントできた感じです。
ジャズがお好き、と聞いて、とってもうれしいです!

私は入院を去年11月に1ヶ月間しました。
やさしい看護師さんがいて、とっても励みになりましたよ。
手をにぎってくれて、「大丈夫、早くよくなるといいね。お母さんのためにも」と言ってくれたのを
大事に思ってます。看護師さんは大変なお仕事ですね。憧れちゃいます!
URLお教えします。遊びにきてください!

○MIOさん、ありがとうございます。
お名前間違えてしまってごめんなさい。
URLで検索したんですが飛びませんでした。
違ってるのかなぁ。
MIOさん、アーティストですか?知らなくてごめんなさい。
やはり検索しましたがよくわかりませんでした。
立花さんのLIVEは最高によかったですよ。
私は普通のジャズより片山さんや立花さんのようなフリー&アバンギャルド系?が好みです。
先日仕事で失敗してしまってまだちょっと沈んでますが(ブログにも書いています)。
またいらしてくださいね。



プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。