自信を持てないあなたへ ①

自身のもてないあなたへ

自信をもてないあなたへ  自分でできる認知行動療法   メラニー・フェネル 著 曽田和子 訳

以前、認知行動療法について書いたことがあったけど。→『認知行動療法

この認知行動療法についての講義は今も定期的に開かれているけれど、
私は第1回目だけ出席してあとは断念。
精神科って用語自体が難しいから、まずは疾患を勉強してからと思ったから。
そして病棟に勤務して早くも半年が過ぎ。。

まだよくわからないのは変わらずだ。
でもそれじゃあいかん、いかん、と思っていた。

そうしたら出会ったこの本。自分自身でできる認知行動療法の本。

自分に自信がない、自己評価が低いって人結構多いでしょう。
私もそのうちのひとりかも。

真剣に悩んでいる人、それほどでもないけどもっと自信をもちたい人、
自分をダメな人間と思っている人、否定的な思い込みから脱却し、自分をもっと寛大な目で
見る見方を手に入れるための方法が紹介されている。

自分自身でできるようにわかりやすく書かれている。
実際やってみるといいと思う。

自信をもてないあなたへ →レヴュー



不安症を治す

不安症を治す 対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない   大野 裕 著    幻冬舎新書

人生に不安はつきもの。
時間が解決していくもの、自分自身の努力によって軽減できるのもあるけれど
すべての不安がなくなることはない。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害、PTSD、全般性不安障害。。
不安症状を中心とした多くの精神疾患もあるけれど、病気と診断されなくても皆常に気を紛らわせながら
不安とともに生活しているんだよね。

不安についての解説。薬とのつきあい方から、不安を和らげる治療法やコントロールの仕方など、
「不安」への対処法を教えてくれる本。

不安症を治す →レヴュー



こころの自然治癒力

こころの自然治癒力 自分を回復させる力の高め方   大野 裕 著

誰もが仕事や将来について不安を感じている。「傷つきやすい時代」 なんだよね。
でも、私たちのこころには、傷ついても自ら回復させる「自然治癒力」が備わっているんだ。
誰の心にも備わっているそんな力を引き出すヒントが書かれた本。

「ちょっと疲れたと口に出す」 「つらいいままでも楽しめる」 「大事な決断は先送りに」
「とにかく体を動かしてみる」 「失敗はチャンス、困るはラッキー」 
「行き詰ったら、ワンクッション」 「気持ちは揺らいでいる方がいい」。。。
など、参考になることがいっぱい書かれている。

そして、「頑張るノウハウ」 を考えるよりも、「自分を休ませたり和ませたりするコツ」 
をなるべくたくさん身につけていく方がいいのではないか、と筆者は言っている。

こころの自然治癒力の基本は、cognition(認知、ものの見方・考え方)、
contro(コントロール感覚、自分らしさ)、communication(コミュニケーション、人間関係)、
にあるとのこと。
自分のこころからのメッセージに耳を傾けること、自分にとって何が大切なのか真剣に考えること
がいちばん大切であると。。。

こころの自然治癒力 →レヴュー


最近本ばっか読んでるんだ。今回も一気に3冊。
しかし。。

「お母さんて本いっぱい読んでるわりには文章稚拙でバカっぽいよね。」 と娘。
うるせ~よ。そんな頭のいい人ばっかりいね~よ。
バカも必要。

人間、たとえ向上しなくてもそうなるよう努力する気持ちが大事。
いろんな人がいるから世の中成り立っているんだ。
みんな偉い人ばっかりだったら困るでしょう?

ってそんなに努力してないでしょって?
まあ、そうだけどね。。^^;

この先の人生どうなってしまうのか、
不安は常にあるもの、なくならないもの。
だから、不安をなくそうとは思わないこと、不安と向き合い成長していくバネにする、
自分の味方にする、。。。宝物にする。

って考え方って大事なのかも。

ん~、しかし不安だ~。^^;

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク