母子関係について

子供にとって母親はとても大事な存在だ。
父親だってそうだけど、子供の食事や洗濯、育児全般を行い子どもと接する時間が多いのは
何と言っても母親の方。

子供がなんか困った時にも、「おかあさ~ん。」 とは言っても、「おとうさ~ん。」 
なんて言わないからね。

最近は子供に手をかける母親が多い。母子密着型といい、以前、『あなたの周りのアブない人々
という本の紹介のところでも書いたことがある。
(母子密着が精神病を発症しやすくなる要因となる)

母親は子供のことを大事に思うからこそ異常に近づき過ぎたり、またそうすることで子供は母親を
うっとうしく思うこともある。また反抗的になったりすることも。。
過保護になりすぎて子供がなかなか自立できなかったりもする。

母子密着と育児障害』 という本でも ”手をかけ過ぎの育児常識が子供の「生きる力」を奪う”
と言っている。

この本のレビュー見ると結構読んだ方は批判的なようだけど、最近の母親に対する著者の意見が
書かれているので読んでみてもいいかなと思う。

昔は(私の時代)母親にうるさくいわれるのがいやで早く自立したくて家を出た。
私の場合は、とにかく一人で生きていくために仕事(看護師)を持った。

最近は、母親がいつまでも要求を聞いてくれて守ってくれるから家をでたくない、自立したくない
って感じかな。

私が勤務している精神科急性期病棟に入院する患者さん、若い人も結構多い。
母親との関係がうまくいかない人、母親に攻撃的・暴力をしてしまう人、
また逆に母親の過保護・過干渉の人。。

先日わたし、患者さんに 「お母さん。」 って言われちゃった。
その患者さんの妄想に私が入っちゃったみたいで。。

病院(職場)と家との往復だけの毎日だけど、仕事に行って患者さんとコミュニケーションとることが
とても勉強になるんだ。自分自身を見つめるきっかけにもなる。

母親と子供との関係、難しいよね。近づき過ぎず離れすぎず。
ちょうどよくいくといいんだけど。。

そういう我が家も結構過保護。嫌、かなり過保護だ。
他人ごとではないよ。見直さないといけないな、母子関係。。

コメントの投稿

Secret

こんにちは♪

難しいですね、母子関係って・・・。
私も過保護っぽかったけど、それはある程度は仕方無いんじゃないかな?
だって母親なんですもの、ある程度は・・ネッ!
それ以上に子供を干渉しすぎるとチット先行き不安でしょうけど、
母親=チョットの過保護はいいんだよ!(勝手な思い込み?笑)

でも、周りを見てると異常な過保護が多いのが現実!
「これじゃぁこの子自立出来ないんじゃない??」って思う家庭をいっぱい見てる。
だからといってさぁ、人様のお家の事に口を出す訳にいかないし。。。

何書いてるかわからなくなっちゃったけど、ある程度の過保護!おおいに結構だわヨ♪
poohさん、お仕事&家事・・・色々大変でしょうけど頑張ってね!
その姿を見てるだけで子供さん達は立派に育っていってくれるわよ^^

★ taisho さんへ

taisho さん、こんばんは~。
いつもいつも心やさしいコメントありがとうございます。

過保護にやや共感してくださってるんですね。うれしいです。
私自身があまり厳しくされていなかったということもあり、厳しくするのが難しいんですね~。
時代の流れもあるので、いろいろ厳しくいっても「そんなこと言ってるのうちだけじゃん。」 とか、昔のことを言うと「何言ってんのお母さん、そんな大昔の話されたって困る~。」 「それっていつの時代の話ぃ?」 な~んてね。
そして言うのをあきらめちゃうんですね。

まあ、最近少しづつ母の大変さがわかりつつあるようですけどね。
まだまだです。
子育て、自分自身を育てる意味でも楽しみながら頑張りますね~。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク