岡本太郎展~何だこれは!

岡本太郎展

東京国立近代美術館で開催中の 『生誕100年 岡本太郎展』 に行ってきた。
岡本太郎は大好きな芸術家。

「芸術は爆発だ!」「芸術はきれいであってはいけない。うまくあってはいけない。
 心地よくあってはいけない。」 など、数々のインパクトのある言葉を残している。

以前ブログ記事にも書いた『明日の神話』 という壁画はあまりにも有名。
現在渋谷駅構内に飾られているそうだ。ってまだ見に行ってないんだよ~。
遅れすぎだよね。


掟森の
森の掟

”今回の展覧会は、対決との連続の人生だった岡本太郎が立ち向かった相手を、「きれい」という概念、「わび・さび」に代表される日本の伝統観、戦争や核の脅威など7つの章に分け、苦闘の中から生み出された絵画・彫刻・写真・デザインなど約130点の作品を紹介。そして、今日に生きる私たちが、彼の「対決」から何を学びとれるかを探るもの。”

岡本太郎の作品はマグマのごとく心の底から湧きあがってくるエネルギー、
観ているだけで熱くなってくるパワーを感じるんだ。

いつもドキドキして心臓の鼓動が速くなる感じ。
その色彩はとても明るくて、ラインも優しく楽しくて。。。

震災の時からずっと落ち込んでた気持ちがパ~ッと晴れた感じだ。
本当に幸せな気持ちになれたよ。


にらめっこ
にらめっこ

岡本太郎の心に響くお言葉を載せた本も2冊買って帰ってきた。
『壁を破る言葉』 『愛する言葉』
刺激的でかつ共感できて心に突き刺さる言葉の数々。

展覧会の出口で 「太郎のことば」を書いたくじ引きみたいな三角の小さな紙を1人1枚
引かせてもらったんだけど、私が引いた紙に書かれた言葉は、 
”もっともっと悪条件のなかで闘ってみることだね。”
というもの。この言葉も 『壁を破る言葉』 にでている。

いい言葉だな。
私、考えてみたら何事にもいい条件に恵まれている気がする。
だからきっと頑張れないのかも。ハングリーじゃないんだな。
ってこの言葉を読んで思ったよ。

彼に関する本はブログでも 『岡本太郎関係の本』 というカテゴリーで紹介している。
こちらも同様にご参照して。 

この展覧会は5月8日まで開催。
連休中はかなりの混雑が予想されると思うけど、是非行ってみて見て。
落ち込んでた人もきっと明るく元気になれるよ。


生誕100年 岡本太郎展 →http://taroten100.com/index.html

2工芸館

近代美術館のちょっと先にある工芸館にも行ってきた。
この美術館、レトロな感じで昔から大好き。
展覧会ももちろんだけど、美術館の建物自体も好きだな。

他に好きな美術館は、原美術館、庭園美術館、世田谷美術館。最近では国立新美術館かな。
まだ行ったことない方、美術館?ん~。。って人是非行ってみて。
美術館って素敵なデートコースだと思うんだけどな。。^^v

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク