スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズとバード。。。巨人たちの饗宴

/マッセイジャズアット
ジャズ・アット・マッセイ・ホール/チャーリー・パーカー

めずらしく古いアルバムの紹介。

なんとディズとバード(チャーリーパーカーas、ディジー・ガレスピー、tp)
だけでなくバド・パウエル(p)、チャールス・ミンガス(b)、マックス・ローチ(ds)
の5人のモダン・ジャズの巨人たちの饗宴。

『マイルス自叙伝』 の中に幾度となく登場するディズとバード。
マイルスは彼らを尊敬しかなりの影響を受けている。

ジャズを始めるときに誰もが目標とするのが、ディズとバードではないだろうか。

アルト・サックスの矢野沙織さんも寺久保エレナちゃんもチャーリー・パーカーを目指しているという。
私だって密かに目指してるんだよな~。

このバードの高速奏法はいつ聴いてもすごいよ。
ディズのアドリブもかっこいい。

ディズはアドリブの随所に既製のメロディを取り入れてる。
これは誰もがよくやること。

私の所属しているサックス道場の発表会でもいつも誰かしらアドリブに他の曲のフレーズを
使う人がいる。
皆かっこよく入れてるけど、これってずるいと思う。
自分で考えたアドリブじゃないじゃんて思う。

でも、みな上手に入れてるんだな。
自分ができないからというひがみもあるんだけど。。
自分もできるようになればいいだけのことだ。

ディズもカッコよくそれをやってるんだ。
何度も聴いてかっこいい。

この二人のアドリブ聴いてるとすごく気持ちいいんだ。
聴いてるだけでも気持ちいいんだから、演奏している彼らはもっともっと
いい気持ちに違いない。

いつか近づけるようになりたいな~。
彼らのアドリブ真似してみようかとも思うんだけど
かなり速すぎで、コピーするだけでもかなりの年月かかりそうだ。

ってことで、このアルバム、メンバーのすべてが最悪の状況&体調でのライブ録音だった
とのこと。
 チャーリー・パーカーは、やっと麻薬をやめたが酒に溺れるようになっていて
ディジー・ガレスピーとの関係も最悪の状態だった。
バド・パウエルは麻薬中毒からきた精神障害のため、精神病院に入院しており、
まだ退院してきたばかりだったとのこと。

しかし最悪の状況だったにせよこれだけの演奏ができるのだから、やっぱプロなんだなぁと思う。
  
「バップ最後の饗宴」 というこのアルバム、かなり貴重だと思う。
是非聴いてみてほしいな。


1. パーディド
2. ソルト・ピーナッツ
3. オール・ザ・シングス・ユー・アー ~ 52丁目のテーマ
4. ウィー
5. ホット・ハウス
6. チュニジアの夜

チャーリーパーカー(as)
ディジー・ガレスピー(tp)
バド・パウエル(p)
チャールス・ミンガス(b)
マックス・ローチ(ds)

19535月15日、トロント、マッセイ・ホールにてライヴ録音


ジャズ・アット・マッセイ・ホール →レヴュー(試聴あり)
ジャズ・アット・マッセイ・ホール 解説 →http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/1953.htm

コメントの投稿

Secret

確かに。

最悪の状況でもコノ演奏。
確かに凄いと思います。
僕が最初このアルバムに魅かれたのは
「巨匠達の共演」
という、まぁ、実にミーハ-な理由だったなぁ・・・。なんて事を思い出します。
それにしても、音の悪さも凄いですよね(笑)

★土佐のオヤジさんへ

土佐のオヤジさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

土佐のオヤジさんも聴いたんですね。
音が悪い? 
それは昔の録音なのでしょう。
私が聴いたのはごく最近なんで、「DVDマスタリングの至高のアコースティック・サウンド」 だから音も最高ですよ~♪

しかしやっぱ巨匠たちの演奏はすごいな~。
かっこいいですよね。

なるほど!

そうか・・。
オヤジがこのCDを買ったのは、今から20年近く昔だもんねぇ~。
んで、その辺の事を思い出しながら、私もこのアルバム、近々にブログネタにしようと思います。今原稿書いてるんで、その時にはよろしく~。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。