スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安のしずめ方

070807_2103~01001[2].jpg

不安のしずめ方ー人生に疲れきる前に読む心理学
         加藤諦三 著  PHP研究所

    人生の最大の敵は「不安」である。それをなんとかしのいで、
    少しでも楽に生きていくための、「心の習慣」をやさしく教える。

みなさん、日々のストレスどうやって解消してますか?
スポーツ、カラオケ、旅行、映画etc。。
いろいろあると思いますが。では、不安については?

将来に対する不安。
人から自分はどう思われているのだろうか。
任された仕事がうまくできるだろうか。
上司に認められているのだろうか。
明日の試験いい点とれるだろうか。
あんなことしゃべって、恋人に嫌われないだろうか。
人生に不安はつきもの。
人生は常に不安との闘いかも。。

本書は、なぜ私たちがこのような不安を抱くことになるのか、原因を考え、この不安に
どう対処したらいいのかについて考えた、人生の危機管理の本です。

先日本屋さんで、精神科についての何か読みやすい本はないかなーと探していたところ、
本書に出会いました。専門書ではありませんので、とても読みやすい本です。
なぜ不安なのか、不安のしずめ方、不安の構造、自分の人生の責任は自分にある、
不安をしずめるための知恵、などについて書かれています。

不安をしずめるためのヒントがたくさん書かれているこの本。
本書を要約することはとても難しいので、私が気に入った文面を紹介させていただきます。

できるだけのことをすればいい。
そう思ったら落ち着いた。
これだけのことを 「しなければならない」 と思うから、不安になる。
これだけのことを 「しなければならない」 と思うから、焦る。
こんなことをしていられないと焦る。
仕事の不安も、子育ての不安も、
やるべきことをするだけで気持ちは落ち着いてくる。
やるだけのことをやれば気持ちは落ち着く。
不安は毎日の手抜きの生活の垢から生まれる。
不安なときは、自分のなすべきことを、まずすることである。
たとえ不安でも、活路はそこから生まれる。

不安をなるべくしずめて、人生楽に生きていけるといいといいですよね。


コメントの投稿

Secret

なるほど、シュミットはフリージャズを聴くことで気分スッキリなんて思ってましたが、それってきっとストレスの発散だったんですね。
不安を取り除くまでは行っていないんでしょう。
「できるだけのことをすればいい」というのは、実にいい言葉だと思うし、実際、身に覚えがあるような感じもします。
今度読んでみます。

○シュミットさん、こんばんは!
ホントに復帰されて、うれしいです。
ブログやってる方(特にリンク貼ってる方)は仲間、同志という感じで親しみを感じていますので、ずーっと更新されていないと心配になります。
でも、無理せずマイペースでやればいいと思います。
シュミットさんは、真面目でがんばりやだと思いますので、あまりがんばりすぎず、気楽にやられるといいと思います。何事にも。。
この本もとてもよかったですが、カテゴリーのMental Health で以前紹介している、「統合失調症とのつきあい方」 「うつ病を体験した精神科医の処方せん」 もおすすめです。
特に「うつ病・・  」は誰が読んでも、かなり参考になります。蟻塚せんせいとのコメントバトル?もおもしろいですよ。お読みになってください。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。