境界性人格障害について

精神科疾患で多いのが統合失調症(旧、精神分裂病)、気分障害(うつ病、躁うつ病)。。
そして最近多いと感じるのが境界性人格障害。

最近では 「情緒不安定性人格障害」 と言われていることが多い。
スタッフ間では「ボーダーライン」又は「ボーダー」と言ったりする。

どんな人かと言うと、

心理操作や対人操作が巧み。
対人関係が不安定で激しい。敵か味方か、と極端。
感情が極端に不安定で気持ちや態度がミラーボールのようにコロコロ変わる。
見捨てられと抑うつ。行動化(自傷行為、自殺未遂、万引き、過食、薬物依存など)。
治療者を振り回す、巻き込む、ふらふらにする。
病棟スタッフ全体を惑わす。
                 と言った感じか。

仕事のことなんて普段はあまり考えないことが多い。
もちろん仕事関係の本は常に読んでいるけど、患者自身が頭に浮かぶことは少ない。

しかし、あの時は。。
家に帰っても考えている。考えないようにしようと思っても浮かんでくる。
そして、どうしてあげたらいいんだろう。
私にできることって?。。。と。

接するときはいつも一生懸命。
話も腰を据えてじっくり聞いてあげることが多かった。
仕事が終わったあと1時間くらい聞いていたこともあったかな。

そしてそのあと振り返ると、「ああ。。私操作されていたんだ。」 と。
でも、話をしているときは嫌じゃない。むしろ引き込まれてしまう方が多いのだ。
しかし、それこそがこの病気の特徴なのだ。

境界性人格障害の看護はとても難しい。一番難しいのかも。
しかし、この疾患の看護は他の多くにもあてはまるものが多い。

そこで、境界性人格障害の患者さんの看護についてまとめてみた。
といっても読んだ数冊の本から看護の部分を抜き取ってコピーしてファイルしただけ。
その中からさらにポイントだけをわかりやすく書いてみたよ。

・つかず離れず、相手との距離をとる。
・「思いやり」や「親切さ」 と「けじめ」や「ルール」 とを混同することを避けること。
・ドライかつソフトに相手の過大な要求を断る。
・相手がキレてもうろたえない。
・「見下さず」「あなどらず」なめられず」「つけこまれぬように」毅然とした態度で、
 「さらりと接する」
・会話において、こちらは自分が使いやすいチャンネルを守り続ける。
・患者さんを特別扱いしない。
・患者さんのことばの端々にこだわらない。
・病棟生活では、ある規則を設ける。
・「ドクターショッピング」は良いように働く場合が少なくない。
・リストカットに対しては多少誇張するほど丁寧過ぎる処置をおこなうのがよい。
・相手が「するどい槍」となれば、こちらは「ふんわりした楯」 となる。
・孤独な治療者は境界例の治療に当たらぬほうがよい。
・治療者は、睡眠をはじめ自分の精神健康の維持に最大の注意をする。

と言う感じかな。

なぜこんなファイルを作ってみたのかと言うと、自分自身の疾患の理解のためと
皆(スタッフ)に読んでもらおうかと思ったためだ。

しかし、考えてみたら、精神科看護についてよく知らないのは私自身。
ベテランナースは皆知っていることばかりが書かれているのだ。
皆に読んでもらってどうすんだよ。
まあ、あらためて確認することは悪くはないと思うけどね。

そして思った。あ~やっぱ私操作されてたんだなぁと。

皆さんの周りにももしかしたらいるんじゃないかなぁ。
ボーダーな方。。。

コメントの投稿

Secret

はい、振りまわされております。

poohさん、お久しぶりでした。

いや~、なんかその通りって人がね、いるんです。職場に。
しかも一人じゃない!!!
職場のトラブルはほとんどこの二人が絡んでいるのです。さすがに薬物とか拒食とかはないけどね。
こっちは振りまわされてふらふら。
関わり方、すっごい参考になります(ナースじゃないけど・・)
なるべくなら身構えずに人間関係の構築を目指したいと思って生きてきましたが、
それが無理っていう事もあるんですね・・
なんだかすごく気が楽になりました。
ありがとう!

でも今、新たなモノに操作(?)されつつある私・・おばかです。
久々にblog更新しましたので笑ってやって下さい。

★みどさんへ

みどさん、こんばんは。
お久しぶり~。お元気でしたか。

そうですね。私も自分で書いた記事を読み返してみて思いました。
結構こういう人って(これに近い人)身近にいそうですよね。
ただひどい行動化を起こさないために受診することがないのかも。

そして、精神科の患者さんは他の疾患(統合失調症やうつやアルコール依存など)と
この疾患を併発していると思える人が結構多いです。
医師の診断はされてないんですけどね。
だから対応がとっても大変なんですよ。

なるほど一般の人にもこの看護の部分参考になるかも。すべての人間関係においても。。
そうですか、いるんですね、こんな人。
大変ですね。しかしあまり戦ってはいけません。戦いは共倒れに終わり疲れるだけですからね。
あたらず、さわらず、距離をおてさらりと接する、。。でいきましょ。

こちらはまだ夏が終わらないんです。暑くて大変ですよ。
みどさんも無理されませんように。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★鍵コメ様へ

鍵コメさん、ご訪問とコメントありがとうございます。
コメントに気が付かずお返事遅くなってすみません。

私のような仕事をしている人に限らず結構この病気の人多いですから注意が必要です。
最近特に多いと感じています。
境界のまた境界型のような受診するまでに至らない人も含めると結構な数?

仕事の事ももっと書きたいと思っていますが、個人情報の問題もあり患者さんの事はあまり書けないので難しいです。この記事でも少しだけ書いていますが。。

メールは基本的にやらないことにしていますので公開コメントにして申し訳ありません。
またいらっしゃってください。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク