安野光雅~あんのみつまさ~

あんのみつまさ

安野光雅(あんのみつまさ)って知ってるかな?
透き通った色彩、柔らかなタッチ、そして精密な絵も描く、本の装丁や絵本を中心に描く画家。
高校1年の時、美術の先生が1冊の絵本を紹介してくれた。その時からのファン。
だからもうファン歴30年以上だ。

今までに出版された絵本は数十冊。いやそれ以上かな?
私が持っているのはほんの数冊に過ぎないのだけど、
色彩が柔らかくてやさしい。そして不思議で繊細。
眺めていると幸せな気持ちになれる。温かくなって気持ちが落ち着くんだ。

その安野さんの本が8月にまた出版された。
『安野光雅 キャンバスが絵になるとき』。
多くの著名人が彼との交流について書いている。絵もたくさん納められている。

店頭で見つけて、思わず「キャー。」 と悲鳴をあげそうになった。
値段も見ずに会計に走った。2200円。
でも、絵がたくさん入ってるし、安野さんと交流のあった方たちの文章から
安野さんの人柄や生涯がわかってとっても良かった。

安野さんて、絵の雰囲気からも伝わってくるけど、優しくて温厚、お茶目で楽しい、
繊細でこだりがある、新しいものが好きで勉強家。
いろんな面がある方で皆に好かれるとってもいい人らしい。

まだまだ読んでる最中。
絵が結構いっぱいあって、それも一つ一つ感動しながらながめてる。
もう、幸せ気分の今日この頃だよ。



ふしぎなえ

美術の先生が紹介してくれたのがこの本。『ふしぎなえ』。
エッシャーに影響されて描いた絵本。彼の絵本デビュー作だ。
これって本当に手で描いたの?っていうような精密さ。そしてユーモア。
とっても楽しい不思議な絵の数々。。



旅の絵本

この本は、もう数冊も続編が出ている人気の絵本。
看護学校の時、絵が好きだという私に寮で同室だった子が誕生日にプレゼントしてくれた本。
本当はもうすでに持ってたんだけどね。でもプレゼントでもらえたのがうれしかったよ。
そう。だから今でも同じ本が本棚に2冊。



かげぼうしl_f635ce2d9d71f217df9b60b36b2b23c60c8a4129

この本も買ったのはかなり昔。表紙はかなり色が変わっちゃってて。。
なんたって絵本に限らず自分が好きだったこと、最近数年前までもうずっと忘れていたんだから。
改めて読み返してみた。
え~、こんな内容だっけ。お茶目でメルヘンチックだなぁ。



安野光雅の世界

この本実は持ってないんだ。
いつか買いたいと思いつつ。。
画像がきれいなので載せてみたよ。

安野さんの絵本は、『ふしぎなえ』 『あいうえおの本』 『ABCの本』 のように
とても繊細で精密に描かれているものや風景などはさっと短時間で描いたのではないだろうか
と思える優しいタッチのものなどいろいろなタイプのものがあり、誰が見ても
好きになるんじゃないかと思う。
いや、この方の絵を見て好きにならない人っていないんじゃないだろうか。

安野光雅さん、今年85歳になられるそう。
新しいものが好きで、パソコンやスマートフォンも使いこなすのだとか。

まだ出会ったことない方、本屋さんの絵本コーナーにいけば必ず数冊はあるはず。
手にとって見てほしいな、安野光雅さんの絵本。
きっとやさしく幸せな気持ちになれるよ。


安野光雅 →ウィキペディア
安野光雅 →絵本の数々

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク