都現美に行ったよ

世の中ゴールデンウィークだそうで。。

私は、27,28と1,2が休み。これだけだって休み多くてどうしようって思う。
でもそう思うのは私だけらしい。

みなさん、お休みはどうしてるんでしょう?

28日に都現美(東京都現代美術館)に行ってきたよ。

都現美は私が大好きな美術館。
以前行ったのはイッツ・ア・スモールワールドのデザインを手がけたメアリー・ブレア展
借りぐらしのアリエッティの映画美術監督の種田陽平展、岡本太郎展などで
多くの現代アートの展覧会を開催している。


あいおう

『靉嘔 ふたたび虹のかなたに』

靉嘔(1931~)は「虹のアーティスト」として国内外で知られている。靉嘔の虹との格闘は、版画、絵画、インスタレーションと様々な形式により、現在まで続いている。 本展では、数多くの虹のシリーズやパフォーマンスのドキュメントの他、触れて楽しむ体験型のインスタレーションや192色の虹色で描かれた30mにおよぶ新作、1987年にエッフェル塔にかけられた300mの虹の帯等を大規模に展示している。



敦子田中

『田中敦子 - アート・オブ・コネクティング』

田中敦子(1932-2005)は前衛団体「具体」に参加。20個のベルが順に鳴り響く《作品》(ベル)(1955年)、9色の合成 エナメル塗料で塗り分けられた管球約100個と電球約80個からなる《電気服》(1956年)ほか、彼女のパフォーマンスやインスタレーションの試みを絵画において表現すべく、電気服の電球と配線に対応する円と線から成り立ったおび ただしいヴァリエーションの絵画群を生涯描き続けた。
本展は作家自身の監修の もとに再制作された《作品》(ベル)《電気服》をはじめとした代表作約100点で構成され、革新性を模索し続けた彼女の歩みを回顧するもの。

そのほか
『MOTコレクション特集展示|福島秀子、クロニクル 1964- OFF MUSEUM』
や常設展なども鑑賞した。

今回は結構な鑑賞量で大変だった。
って見るだけでしょ?って。まあそうだけどね。

しかし、いつも刺激になるアートたち。
作者の意図や思考を考えながら静寂の中の音も感じつつ。。

現代アートは、今後の芸術活動?(って何すんの?)をする上でとっても参考になる。
感性・センス、魂、幻想的思考、そして多くのエネルギー。。
それらを一つずつ心の引き出しに入れて貯金するんだ。

そしてそれらを自分の人生経験とその見解とに融合させられる日が来るといいなぁと。
って何言ってんだか。。


東京都現代美術館 →http://www.mot-art-museum.jp/index.html

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク