ディープな音楽♪ カサンドラ・ウィルソン

カサンドラ
New Moon Daughter

ジャズ好きな同僚(男性ナース)を見つけたよ。
彼はジャズに限らず何でも幅広く聴くらしいんだけど。。
その彼のオススメ、カサンドラ・ウィルソンのCDを聴いてみた。

深い海の底にいるような雰囲気。ダークな声と色? ディープな音楽。
仕事が終わってまったりしたい夜にゆっくり聴きたい音楽。

聴いているととっても落ち着く。落ち着きすぎちゃうほど。
もう何も焦らず人生ゆっくり行きましょって思える。

間違っても朝や昼間に聴いちゃあいけません。
一日が終わる頃、夜聴くのがオススメよ。


バイオグラフィー
息をするのも忘れる――。モノ凄い集中力と緊張感で怖いくらいのオーラを発し、黒い海原のように静かな声で、内に秘めた孤独感を表現するカサンドラ・ウィルソン。熱いファンク・ビートであろうと音数少ないストレート・アヘッドなジャズであろうと、その演奏の“間”を浮遊するディープ・ヴォイスには、マイルス・デイヴィス(tp)に通じる気迫がこもっており、聴衆を含めた空間すべてを魅了/支配するのだ。


って~書かれているのだ。興味深いでしょ。
カサンドラ・ウィルソン、まだ聴いたことない方、是非ぜひ聴いて見て。

そして、教えてくれた同僚のHさんありがとう。
またオススメ教えて!


1. Strange Fruit
2. Love Is Blindness
3. Solomon Sang
4. Death Letter
5. Skylark
6. Find Him
7. I'm So Lonesome I Could Cry
8. Last Train To Clarksville
9. Until
10. A Little Warm Death
11. Memphis
12. Harvest Moon
1996


カサンドラ・ウィルソン →ウィキ
カサンドラ・ウィルソン →ディスコグラフィー

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク