ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて

本日観た映画(DVD) 『ものすごくうるさくてありえないほど近い』

”ある日突然、愛する者を失った主人公の少年オスカーが、やがて悲しみから歩きだし、再び「生きる」ことを取り戻していく姿を描く。”

人との関わりって大事だ。
子供たちとその友人などとの関わりについて聞いたり、また精神科ナースという仕事で
患者さんと関わりを持つ中で学ぶことがとても多い。
その時々でいい人間関係を築けるときもあるけど、そうでないときもある。

そんなことを考えていた時、どんな映画なのか知らずに見たこの映画が
今の気持ちにピッタリでとても感動した。

ものすごく素晴らしく、ありえないほどすごかった。
長女と一緒に観たんだけど、もう2人とも号泣~。
すべての人におすすめの映画だ。

言うことなし!


映画 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 →公式サイト 

コメントの投稿

Secret

ものすごい

新作の頃、この映画借りて見ました。

ものすごく、ざっくり言えば、911で父親を無くした子供が、父親の足跡をたどって、町を歩きまわっているうちに、沢山のさまざまな悲しみを抱えた人に出会い、今まで父親のいない世界を受け入れられなかったが、前に進むことができるようになる。そして、母親も子供の゛鍵探し゛のロールプレイが、父の死を乗り越える作業になることを理解して、影ながら子供の足跡をたどりサポートしていく,,,。それが、母親自信の゛夫の突然の死゛に対する癒し、或いは受容になっていく,,,。
そんな感じですかね。思い出しながら、書いてたらざっくりじゃなくなってしまいましたが(--;)

こうして書くと、感動しながら見たように思われるかも知れませんが、私自信はなんか感動したような、ピンと来ないような、複雑な感情でしたね(-_-;)

ワールドトレードセンターとかも、DVD 持っているのに、二回目の観賞ができないんですよね。

9.11とか、3.11とかって、映画の題材としては、難しいのでしょうね。適当に脚色することもできないだろうし、簡単に実話を切り取ってきてもダメだろうし,,,。

現実は映画の何倍も、ものすごく、ありえない程に゛うるさい゛のでしょうね。

何か、映画でも借りに行きましょうかね。

見すぎて、何が面白くてそうでないのかが、最近分からなくなっていますが,,,(^-^;




★ありえないほど。。

もう、最近H君のコメばっかになっちゃって。。ありがとうね。

映画の詳しい解説ありがとう。そうそう、そんな感じですよ。
さすが、映画ツーだけあってお上手。他にも映画のレビュー書いてほしいな。

最近、子供たちの出来事も含め、人との関わりって本当大事だしありがたいって思えるのです。
人の言ってくれた一言で幸せ気分になれることって多い。
長女と一緒にそんな話をしていたときだったから、2人とも現実に重ね合わせちゃってまじ感動してしまった。
3・11は今でもまだつらいかな~。私自身は何の被害もなかったのだけど。。

今日、「図書館戦争」 を長女が見に行ってすげえよかったと感動していた。
息子の部屋で今度DVD借りて見てみようかと。おすすめです。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:療養型病棟勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク