アート~ 『貴婦人と一角獣』  『LOVE展』

国立新美術館で開催中の 『貴婦人と一角獣展』 と 森美術館で開催中の 『LOVE展』 
に行ってきたよ。
美術館に行くのは1月の 『会田誠展 天才でごめんなさい』 以来だから私にしては久しぶり。
なんと今回は 子供たち(長男・長女、どちらも成人してる)と行ってきた。

最近(いつもだけど)、都会に行くのは苦手だ。
電車の時間調べたり、場所を調べたりするのもいまだにガラ系のケータイを使っている私にとって
は難しいんだよ。
そうじゃなくても、FacebookもラインもTwitterもやらない私、
ネットはいまだにこのブログ1本だけだから。。って~時代について行けてないよね。

今回は子供たちが一緒だったから、私は後ろからついていけばいいだけ。楽ちんだったよ。
2つも行ったから、歩きすぎて翌日、翌々日は筋肉痛だった。
でもすごーく幸せな時間を過ごせたよ。



貴婦人と一角獣

『貴婦人と一角獣展』

中世ヨーロッパ美術の最高傑作といわれるもので、6面すべてが出品され
なんと日本初公開。
5面は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」 と人間の五感を表わしている。
残る1面 「我が唯一の望み」 が何を意味するかは今だに謎なのだとか。。

これらを音声ガイダンスを借りて解説を聞きながら見たのでとても分かりやすかったし
作品の魅力をより深く堪能できた気がする。
すべてタピスリーに描かれているのだけど、これほとんど絵にしか見えない。
しかし、糸が丁寧に織り込まれているんだ。

この作品に描かれている伝説の動物・一角獣や動植物もひとつひとつ丁寧に描かれていた。
この展覧会、実は長男のおすすめだった。
長男が見ているアニメにこの「貴婦人と一角獣」 の事を描いているものがあって、
それで息子が興味をしめしたらしい。
結構楽しめたみたいよ。普段は美術なんてほとんど見ないのにね。
長女は 「すごい感動。涙出た~。」 と。
私もすごーく楽しめたよ。

貴婦人と一角獣展 →http://www.lady-unicorn.jp/index.html



LIVE展

『LOVE展 アートに見る愛のかたち シャガールから草間彌生、初音ミクまで』

森美術館10周年を記念して、「愛」 というテーマを掲げ、美術史を彩る名作や
意欲的な新作を含む約200点を通して、愛のかたちを探る展覧会。

草間彌生 草間彌生「愛が呼んでいる」

私の好きな、シャガールや岡本太郎、デミアン・ハースト、草間彌生、ロダンなどの作品もあって
こちらもとても楽しめた。
草間彌生さんの作品は色鮮やかでいつもきれいだ。
初音ミクちゃんも登場したよ。

アートを通して 「愛」 について考えたり感じたりすることが出来たよ。
「愛」 って生きているすべてのことだよね。
な~んて普段は言える言葉じゃあないよ。柄にもない。。

初音ミク

LOVE展 →http://www.mori.art.museum/contents/love/about/index.html


『貴婦人と一角獣展』 は7/15まで、『LOVE展』 は9/1まで開催中。
皆さん是非ぜひ行ってみて。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク