夏に聴きたい~AEOC


戦士への讃歌

夏になると聴きたくなる、アート・アンサンブル・オブ・シカゴ。
このアルバム 『戦士への讃歌』 は、 前衛と主流派の間を自由に往来したジャズとポップスの融合で
ファンの間では最高傑作との呼び声も高いのだそう。

ムハール・リチャード・エイブラムスのピアノが加わっているせいか
以前紹介した3枚のアルバム(カテゴリー→AEOC)に比べると、
よりメロディアスな部分が多いしアグレッシブ&ダイナミックな感じだ。

多楽器主義の彼らは、ステージ上に膨大な数の楽器を掲げ演奏する。
いったいどんな風に演奏するんだろって思ってyou tube で見てみたら。。

これが実に楽しそう。
メンバーの皆が音を芯から楽しんでいるのが伝わってくる。
だからこそ心地よく感じるのかも。

CD聞いてるだけではその良さは伝わらない。
生で聴けたらどんなにいいだろうと思うけど、もうその演奏は聴けないのだ。
 
1. イリストラム
2. バーンヤード・スカッフル・シャッフル
3. ノナー
4. 戦士への讃歌
5. ホワッツ・トゥ・セイ
6. トヌーナ
7. ザ・キー

レスター・ボウイ (tp,flh,perc,vo)
ロスコー・ミッチェル (as,ts,perc,pic,vo)
ジョセフ・ジャーマン (as,ts,fl,perc,poetry)
ムハール・リチャード・エイブラムス (p,perc,vo)
マラカイ・フェイヴァース (b,perc,vo) ドン・モイエ (d,perc,vo)

録音:1973年9月6日シカゴ

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ → ウィキペディア
                      → You tube

暑くなってきたね。
もう、1年も半分終わりそうだよ。(^^;
みなさん、夏風邪などひきませんように。。

コメントの投稿

Secret

夏に聴きたい音楽は色々あります。

お久ぶりです。以前、川嶋哲郎さんの記事でコメントしたホームズです。体調の方は如何でしょうか。
Art Ensemble Of Chicagoは聴いたことがないですが、編成的にはタワー・オブ・パワーやEarth Wind &Fire、日本のスカパラなどに近いものを感じます。
ジャズ・メッセンジャーズの『モザイク』、ゲッツ『ゲッツ/ジルベルト』、アダレイ『キャノンボールズ・ボサノヴァ』などが夏によくかけます。

★ホームズさんへ

ホームズさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

 そうですね。メンバー構成はそんな感じかも。
しかし彼らはかなり多楽器使用してますので、聴いてるとホント音が楽しい。
You Tube 見ると楽しさが伝わってくると思います。
もう残念ながらLIVEは見れませんから。。

夏に聴きたい音楽って、私は断然こんなフリーミュージックです。
フリージャズ風、ジャマイカの夏の風って感じもする。
おすすめです~。
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク