「GARO BOX」で知った村岡建さんのこと



これは↑オーダーメイドファクトリーから4月に再発売された 
「GARO オリジナル・アルバム8枚セット」 だけど、この発売を待たずに2006年に発売された
「GARO BOX」↓ (こちらは上記のものに未発表音源とDVDがプラスされた11枚組)

ガロ

のほうを購入したのが1月。実はかなり高額だった。もう手に入らないかもって思って。。
それからはもう、GAROばっかりばっかり。
聴けば聞くほど素晴らしすぎて。。彼らの魅力は語りつくせないほど。

宗教? 洗脳されてるんじゃぁないの?
と娘に言われるんだけど。。

「学生街の喫茶店」 はGAROの代表曲のようだけど、もう聴きすぎたんで
しばらく聴いていなかった。
あらためて聴くとバックのオーケストラや間奏部分のアドリブが素晴らしいことにも
気づかされる。
このアドリブ、ニール・ラーセンの神秘的なキーボードのアドリブにも似た雰囲気でとってもいい。
サックス? クラリネット? オーボエ? いや違う。なんだろ。。
(コールアングレという楽器なんだそう)

そしてアルバム 『吟遊詩人』 の 2曲目「アドベンチャー」、9曲目「大都会の羊飼い」
に入っているサックスのアドリブソロもいい感じ。
どちらもほんの短いフレーズなんだけど、とってもかっこいいアドリブソロで素敵~。

「学生街の喫茶店」 のほうには ”木管:村岡建”  『吟遊詩人』 のパーソネルには
”テナーサックス:村岡建” と書いてある。
村岡建。。って?

調べてみたらすごい方でびっくり。
白木秀雄クインテットや日野皓正クインテットなどに参加されていた方。
何と誰もが知っている「太陽にほえろ」や「ルパン三世」「傷だらけの天使」「名探偵コナン」 
のテーマを吹いている方だったのだ。

スタジオミュージシャンもしていて、参加した歌手のレコーディングやCMは数知れず。。
村岡建さんの履歴書がこちら→私の履歴書
サイトがこちら→村岡建のサックスとジャズのページ

「学生街の喫茶店」 のレコーディングでは、買ったばかりのコールアングレ
(オーボエを少し低くした感じの音?)を組立てて、言われるままにその曲名も知らずに
アドリブしたとのこと。このエピソードがとても面白い。
ブログで書かれている記事がこちら→学生街の喫茶店(ブログ内)

なんと私の師匠と同じく松本英彦氏に師事している。
阿川泰子さんのバンドでバンドリーダーをされているのだそう。
最近LIVE活動されているのかどうか。やっていたら行ってみたいんだけど。。

あ~やっぱガロのファンでよかった~。
音楽ってジャンルは違ってもどこかでつながりがあるから楽しいね。
サックスやっててよかったぁ。

最近仕事が大変すぎて疲れすぎてて、レッスンは休んでるし練習も停滞気味で。。
でも、やっぱジャズは好きなのでやめずに頑張ってみようと思う。

GAROはずっと聴きつつジャズも追求していこうと思うよ。

<追記>
GAROの ♪暗い部屋♪ の 動画を見つけてしまった。→https://www.youtube.com/watch?v=WiXxt3xFiRM
最近になってUPされたらしい。 これ大好きすぎて気が狂う~。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク