CARO クリスマスパーティ LIVE



毎月行ってる、GAROのリスペクトユニット、CARO LIVE。 
今月は24日ということで クリスマスパーティでした。
チーフがお料理をいっぱい作ってくださって。
普段より料金1000円UPだけなのにお料理いっぱいで、すごくおいしくて
こんなに食べちゃっていいの?ってくらい、おなか一杯食べてしまった。

いつものように一部はCAROの歌で。
今回は、普段聞けないような曲が多くてとても良かった。
毎度のことCAROの歌とハモリは本当に素晴らしい。

二部はいつものようにマスターの小噺のあと、
みんなでクイズ大会やプレゼント交換。楽しかったぁ。
三部は、楽器を演奏する方もいて、皆で一緒に歌いました。

実は3日くらい前に連絡があって、何か一人ずつ歌ってほしいと言われたので
えっ今さら何を?と思ったのだけど 普段やってるSAXがいいかなと思い
アルトサックスで 『涙はいらない』 を吹いてみました。

もちろんアドリブなんてできないんで吹くのは主旋律のみ。
でも皆さんに歌っていただけて、CAROにもギターで合わせてもらえて
(キーが違うのにもかかわらずすぐに合わせてくれて、さすがプロだな)
うれしかった。皆に「良かったよ」って言ってもらえて幸せ~。

子供の頃からGAROのマークのことが大好きで、
マークが亡くなってから行き始めたCARO LIVEだけど。
行くたびにCAROの歌はもちろんのこと、その人柄の良さに触れ
またLIVEに来ている皆さん(ほとんど同年代)と会うたびに親しくなってきて
もう CARO LIVEは私の人生の一部になっている気がする。

死ぬまで行き続けるんで、CAROさん、私たちBBAをよろしく~。

と、日付はもう大晦日なんだって。
やり残したことだらけな気がするけど、無事に1年過ごせたことが何よりの幸せ。
珍しく本日と元旦お休みいただいた。
というのも、オールナイトLIVE(ジャズ)に行くからなんだ。
年甲斐もなく。。

みなさん、よいお年を。

<追記>
涙はいらない

ロッキーの仲間が画像を送ってくれた。
CAROと『涙はいらない』共演してるところ。
嬉しかったぁ。

ゴッホとゴーギャン展&デトロイト美術館展

ゴッホとゴーギャンの椅子 (左がゴッホの椅子、右がゴーギャンの椅子)

芸術の秋。って、もう冬か。
いっぱい行きましたよぉ。
『宇宙と芸術展』(森美術館)、『ダリ展』(新国立美術館)。
と、これはちょっと前のこと。
いやもっともっといっぱい行ったけどね。

先日は、東京都美術館で開催(10/8~12/18)の『ゴッホとゴーギャン展』、
森美術館で開催中(10/7~1/21)の『デトロイト美術館展』に行きました。
もう、みんな素晴らしかったんですが、なにしろまともな文章書けないんで
その素晴らしさを伝えることができずにいて。。
このブログ、自分の備忘録にもしてるんで、なるべく行ったところややったこと
書くつもりでいるんだけどね。

今回行った、『ゴッホとゴーギャン展』 音声ガイドを聞きながら、鑑賞しました。
最近は、音声ガイドを借りて聞きながら見ることが多い。
絵の横に書いてある解説を読まなくても、その時代背景や絵について音声でわかりやすく解説
してくれるんで、ただ眺めているよりも絵を見たときの理解が深まるのです。

もう最近はずっと音声ガイドに頼っている。ちょっとお金かかるけどね。
俳優さんや声優さんがとっても上手にお話ししてくれるからいいんです。
今回もゴッホとゴーギャンの関係性がよくわかりました。
お互い刺激し合いながら仲も良かったけれど、芸術家という激しい気性のせいか衝突もした。
音声ガイドを聞かなければわからなかったことがいっぱい。

『デトロイト美術館展』 では多くの画家の作品が見られました。
よかったぁ。お得感。
モネやピサロ、カンディンスキーやピカソ、マティスやボナール。。。

今年もいっぱい美術鑑賞したよ。
来年はどんな絵が来日するんでしょう。
2月には草間彌生さんの展覧会がある。楽しみワクワク。

突然の勤務異動(・_・;)

今月、12月のはじめに突然勤務異動になった。
以前勤務していた療養型の病棟だ。
この病院に来て10年。
いったい何回異動したんだろう?
前回の病棟(精神科)は何と4か月しかいなかった。

なぜ異動になったのか?
それは前に勤務していた病棟(療養型)のスタッフが病欠などで不足しているから。
呼び戻された感じだ。
精神科の病棟に異動になった時も人数合わせのような形?で異動になったのだと思う。
短期間で精神科と療養型を行ったり来たりしている。

今回も、異動する前、療養型の病棟スタッフの「帰ってこいよ」コールがすごくて。。
そしてそれが現実となった。
というか、精神科も療養型もどちらもできる(ただ単に慣れているだけのこと)から
便利に使われてる感じか?

まあ、こんな私でも来てほしいと臨まれているのだから喜ばしいことには違いない。
精神科の病棟のスタッフとも仲良くなったんで、最初は気持ち複雑で、そして悲しかった。
「また、帰ってきてね」 とも言われた。

しかし、以前の病棟スタッフとも仲良くなってたんで異動になって2日目には
気持ちが異動した療養型病棟のモードになった。
切り替え早いんだ。
仕事的には、精神科と療養型ではまるでやることが違うのだけど、
どちらが得意ということはなく、かと言って苦手でもなくどっちもどっち。

異動する前に、4ヵ月お世話になった精神科の病棟のスタッフにクリスマスの生地で
巾着作ってあげた。スタッフ数30数名だから、40枚近く作った。
巾着作るのなんか、パッチワークに比べたらお茶の子さいさい
(って本当はどういう意味なんだろ)だけど、数が多かったんで予想よりも大変だった。
でも喜んでもらえて嬉しかった。
特に女性ナースは、「可愛い、子供にもあげたい」 と言ってくれて
2枚ずつ持っていった人もいたほど。

異動した療養型の病棟は、まだ働き始めて5日。
気持ち的には慣れたけど、仕事のやり方とかは以前と多少違っている。
でも、みんなの足引っ張らないように頑張るよv



渋さ知らズがクラシックに挑戦?


渋樹(JUJU)

渋さは大好きだよ。
PIT INNで2か月に1回LIVEやってるのだけど、日程が合えば行っている。
会場で売っていた、NEWアルバム 『渋樹JUJU』 買ったよ。
クラシックに挑戦っていうんで、え~っ渋さでもまともなの?やるんだぁって思って
聴いてみたら、いやあそんなことはなく、相変わらずのはちゃめちゃおバカらしさ。
クラッシックとは思えない。
以前よりもそのサウンドは進化し混沌さも増している。
本当に楽しい演奏。天才即興演奏家集団だ。

昨日のLIVEも楽しかった。
金子マリさんがゲスト出演。ジャズではない歌も歌ってくれて。。
流石ベテラン歌手、聴かせてくれたぁ。
19歳だというアルトサックスの男の子最高にかっこよかった。
片山広明さんのテナーは師匠(KOSE菊地康正)の次に好きな奏者。
舞踏家の方たちも大活躍だった。
また、行くよ~♪

1 ベルリオーズ/ 幻想交響曲第一楽章「夢-情熱」より
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
2 サティ /ジムノペディ第一番
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
3 ベルリオーズ /幻想交響曲第4楽章「断頭台への行進」より
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
4 ベルリオーズ/ 幻想交響曲より「イデー・フィクス」
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
5 ベルリオーズ /幻想交響曲第5楽章「サバトの夜の宴」より「怒りの日」
arr.渋さ知らズ、不破大輔、山口コーイチ
6 ドボルザーク/フィッシャー 「家路」〜 Gダグラス/What a Wonderful World  
arr.渋さ知らズ、不破大輔、鬼頭哲

TAKANAKA 45周年LIVE♪



やばい、そろそろスポンサーサイトがでそうだよ。
このブログ、最近は備忘録。
LIVEはいっぱい行ってるし、好きなことは日々やっているけど
ブログの更新、最近滞ってるね。

ってことで行ってきた、高中正義45周年LIVE。
追加公演、神奈川県民ホール。

マーブルチョコレートみたいなカラフルな色がちりばめられたスーツで
登場した高中さん。かっこーいい~。
60歳過ぎてこんなにスタイル良くて素敵な男性っていないでしょ。

以前行ったのは、病気が発症したころだったかな。
久しぶりにTAKANAKA節全開のLIVE、楽しかったぁ。
エレクトリック音は以前よりも進化をとげててさらにパワーアップしていたよ。

ブルーラグーン♪ レディ・トゥ・フライ♪聴いた時はもう涙出ちゃって。。
TAKANAKAさんは私の青春。
気持ちが30年以上前にタイムスリップ。
って、もう最近は常に気持ちが若者のままだから、本当人生楽しくて仕方ないんだ。

誘ってくれた、Aちゃんありがとうね。
もっともっと、遊びに行きましょ。

気持ちは若くても、体はBBAだから、いつ何が起きてもおかくはない。
元気なうちに色々楽しみましょ♪

ハロウィーン



いつも行くコンビニでこんなにかわいいものあったから買ってみた。
ハロウィーン仕様のケーキ。

今みたいに、ハローウィーンだ仮装だパーティだって騒がれるようになったのは
いつごろからか?ここ10年、15年くらいかなぁ。
私が子供の頃(それこそ半世紀も前の大昔だけど)はその言葉もなかったほど。

パッチワークの合間に弁当袋&巾着作った。
とってもかわいい生地だから、クリックしてよく見てみて。
みんな顔!(^^)!が違うんだ。



西直樹トリオLIVEに行ってきた♪

MY SHIP  MY SHIP2

私が通っているサックス道場の師匠(菊地康正氏)のCDに全て参加し、
最近LIVEでも共演しているピアニスト、西直樹さんのトリオLIVEに行ってきた。
新宿のSOME DAY。

ベースは今最もオファーの多いと言われている安カ川大樹さん。
ドラムは、この方もアーティストのLIVEをチェックすると
あちこちで名前を見かける小松伸之さん。
お二人とも師匠のCD『Reborn again』に参加してLIVEも一緒にやっている方。

師匠のLIVEに行ったとき、14年ぶりにリリースされたという
西直樹さんのリーダーアルバム、『MY SHIP』を購入した。
もう隠居しようかなって思ってたら、周りの仲間たちが「やろうよやろうよ」
って声かけてくれて、みんなで作り上げた手作り的なアルバムなんだそう。

このアルバムがすご~くよかったんでLIVE行きたいなと思っていたら、
今回ちょうど日程の合うLIVEがあったんですね。

西さんのピアノ、CDで聴くと繊細なのにダイナミック&ゴージャス。
さぞかし全身で躍動的に弾いているのかと思っていたら、全然真逆で。
その音からは想像できないほど静かに淡々と弾かれている。

山下洋輔さんの全身で飛び上がりながらぶったたくような弾き方や
上原ひろみさんの立ち上がって踊りながら弾くようなのとは全く違う。

常に落ち着いた雰囲気で。
ベテランの風格っていうのかな。
そうそう、KOSE師匠のLIVEでも音はアグレッシブなのに
穏やかな弾き方だなって思ってた。
なんか、辛島文雄(p)さんみたいな雰囲気だなって思っていたら
なんと辛島文雄さんに師事したこともあるんだとか。

アルバム『MY SHIP』 の中からの曲が多く、明るい曲が多かったな。
知っている曲ばかりだったのと、とっても聞きやすいアレンジで
すごく親しみ持てた。
力強く滑らかな指さばきで心にしみる~。

おしゃべりも明るくて楽しくて。
ジャズピアニストというよりタレントさんみたいな雰囲気で。
こんな音楽の先生がいたら授業が楽しいだろうなって感じた。

ベースとドラムのソロもほぼすべての曲で聞かせてくれていた。
安カ川大樹さんも好きなベーシスト。あったかくて落ち着いた音。
安カ川さん率いるFEJE(ファー・イースト・ジャズ・アンサンブル)のアルバム
すご~く好きだ。
小松さんのドラムも軽やかでリズミカルで。。

西直樹さんのLIVE、もうもう、ずっとずっと聴いていたかったほど。
楽しかったぁ。
おとな?な気品あるジャズ。でも若い方(若い人は来てなかったみたいだけど)
もコアな人も楽しめる、要するにすべてのジャズファンが楽しめるLIVEだったと思う。

これまでに参加したCDは100枚以上、スタジオワークは1000を超えるとか。
音楽塾もやっていて、HPのプロフィール読むとかなりすごい。
普通のおじさんじゃないんだな。って当たり前だけど。
でもちっともそんなお高い雰囲気感じない、気さくな方。
きっと天才って西さんみたいな人のこというんだね。

そして、安カ川大樹さんと小松伸之さんのことを
天才とおっしゃる。(うん、ホントそう思う)
KOSE師匠のことを神様と呼ばれる。(うんうん、ホント師匠は神だぁ~)

西直樹 オフィシャルホームページ → http://www.ne.jp/asahi/jazzpiano/naoq/

第伍弾~寿司~!

1475238020069 (1)

行ってきたよ、女子会ならぬBBA会?(笑)
今回もお寿司。前回とは違うお店で、こちらも最高においしかった。
お値段もとってもお安くてお得感。

Mちゃん来られなくて残念。また次回ね。

美味しかった。楽しかったぁ。
次回もここにする?
また頑張って並びましょ。

そのあと行った赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」
のお庭も素敵だった。
って、お店には入らずにただ見ただけ~。


石井彰さんのハイレゾ音源~ピアノソロ



先日、石井彰さんのLIVEに行ったときに買った、
ハイレゾ音源とmp3の2種類のファイルが入ったDVD-R。
息子にパソコンに取り込んでもらってスマホに移して聴いている。

ハイレゾの方は容量が大きいし、対応できる機器がないんで
mp3にしました。っつ~か、やってもらったんでよくわからん。
アルバムとしては売ってないんで、名前は曲名のみ。
本当は1曲300円で購入するんだけど、LIVE会場で特別DVD-Rに入れたもの(5枚のみ)
を売っていたんでこれは2100円だった。

♪ Blues
  Embraceable You
  My Funny Valentine
  Prelude To A Kiss
  Solitude
  Take The A Train
  The Shadow Of Your Smile ♪

ジャケットは写真が趣味だという石井さんが色々なところに行ったときに撮った写真。
これはカンボジアだとか ↓  なんと1枚だけ、貴重なものだ。
凄いでしょ。サインももらったよ。



ピアノソロで、すべてスタンダード。
っていうけど、え~っ そうとは思えない。
うん、確かに聴いたことがあるメロディばかりなのかもしれないけれど、
斬新で洗練されてて、ハイセンスで素晴らしすぎるアレンジなんだ。
こんなに美しいピアノは聴いたことがない。
彼のすべてオリジナルって言っても間違いじゃない気がするよ。

特に、普段音楽聴くのは車か家のしょぼいコンポ。
スマフォにイヤホン付けて聴くことなんてほとんどないんで
音の素晴らしさは格別だ。
もうびっくりするくらい。ワォ~って感じ。
これからの時代は(いや既に最近はダウンロードの時代になっているか)
CDははやらないんでしょう。
機械音痴の私はCDのほうがいいんだけどな。

でもこれ、ほんっとに素晴らしいからぜひ興味のある方は聴いてみて。
SOUNDPOINTというところから購入できます。
視聴もできますよ。
よろ~。

最近のジャズLIVE事情

石井彰ピアノトリオ、杉本智和(b) ダレン・ムーア(ds)@candy,0913

石井彰

  石井彰さんは、川嶋哲郎(ts)さんのアルバムで共演されていたことがある方。
  でももうずっと昔のこと?
  ベースの杉本智和さんと共に日野皓正クインテットに参加されている。
  繊細でアヴァンギャルドなインプロ、かっこよかったぁ。
  スタンダードのアレンジもすばらしい~!
  美しい音、音。。
  ダレンさんのオリジナル曲の演奏、その時初めて譜面見て(杉本さんも)
  それなのにかっこいい演奏。
  初めてと思えない完成度、完璧度。
  杉本さんのベ―ス、針金のハンガーで弾いたり(ハンガー奏法?んなわけないか)
  棒でたたいたり。
  聴いても見ても楽しかったLIVE。
  今回このトリオは2回目だとか。
  また次回是非行きたい。
  ハイレゾ録音の音源の入ったDVD-R購入したんだけど
  普通のCDとは同じに聴けないんだとか。
  MP3をPCに入れて#%$”*‘:@:;¥^-。。
  なんかよくわからない(;_;)。まだ聴けてないんだ。

  石井彰 → OFFICIAL WEBSITE


Trinite(トリニテ)『神々の骨』CD発売記念LIVE@新宿PIT INN,0918

トリニテ

  クラシカルなのに斬新でJazzy。
  ノスタルジックなのにアヴァンギャルド。
  静寂で神聖な音の中の躍動感。。
  多分クラシックファンと思われるご高齢の方も結構いらっしゃっていた。
  もちろんお若い方も。
  こんなノンジャンルな演奏は素敵。
  綺麗なメロディでしかも不思議な世界観。
  shezoo(シズ、作曲・p)、坪井彰久(vl)、小森慶子(cl、bcl)、小林武文(per)
  からなるアコースティック・カルテット。
  ヴァイオリンでのクラシックではないアドリブやバスクラ(私が一番愛する音色の楽器)
  のやはりジャズではない奏法もすばらしかった。

  トリニテ → OFFICIAL SITE
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース:介護老人保健施設勤務
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク