スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井彰さんのハイレゾ音源~ピアノソロ



先日、石井彰さんのLIVEに行ったときに買った、
ハイレゾ音源とmp3の2種類のファイルが入ったDVD-R。
息子にパソコンに取り込んでもらってスマホに移して聴いている。

ハイレゾの方は容量が大きいし、対応できる機器がないんで
mp3にしました。っつ~か、やってもらったんでよくわからん。
アルバムとしては売ってないんで、名前は曲名のみ。
本当は1曲300円で購入するんだけど、LIVE会場で特別DVD-Rに入れたもの(5枚のみ)
を売っていたんでこれは2100円だった。

♪ Blues
  Embraceable You
  My Funny Valentine
  Prelude To A Kiss
  Solitude
  Take The A Train
  The Shadow Of Your Smile ♪

ジャケットは写真が趣味だという石井さんが色々なところに行ったときに撮った写真。
これはカンボジアだとか ↓  なんと1枚だけ、貴重なものだ。
凄いでしょ。サインももらったよ。



ピアノソロで、すべてスタンダード。
っていうけど、え~っ そうとは思えない。
うん、確かに聴いたことがあるメロディばかりなのかもしれないけれど、
斬新で洗練されてて、ハイセンスで素晴らしすぎるアレンジなんだ。
こんなに美しいピアノは聴いたことがない。
彼のすべてオリジナルって言っても間違いじゃない気がするよ。

特に、普段音楽聴くのは車か家のしょぼいコンポ。
スマフォにイヤホン付けて聴くことなんてほとんどないんで
音の素晴らしさは格別だ。
もうびっくりするくらい。ワォ~って感じ。
これからの時代は(いや既に最近はダウンロードの時代になっているか)
CDははやらないんでしょう。
機械音痴の私はCDのほうがいいんだけどな。

でもこれ、ほんっとに素晴らしいからぜひ興味のある方は聴いてみて。
SOUNDPOINTというところから購入できます。
視聴もできますよ。
よろ~。

最近のジャズLIVE事情

石井彰ピアノトリオ、杉本智和(b) ダレン・ムーア(ds)@candy,0913

石井彰

  石井彰さんは、川嶋哲郎(ts)さんのアルバムで共演されていたことがある方。
  でももうずっと昔のこと?
  ベースの杉本智和さんと共に日野皓正クインテットに参加されている。
  繊細でアヴァンギャルドなインプロ、かっこよかったぁ。
  スタンダードのアレンジもすばらしい~!
  美しい音、音。。
  ダレンさんのオリジナル曲の演奏、その時初めて譜面見て(杉本さんも)
  それなのにかっこいい演奏。
  初めてと思えない完成度、完璧度。
  杉本さんのベ―ス、針金のハンガーで弾いたり(ハンガー奏法?んなわけないか)
  棒でたたいたり。
  聴いても見ても楽しかったLIVE。
  今回このトリオは2回目だとか。
  また次回是非行きたい。
  ハイレゾ録音の音源の入ったDVD-R購入したんだけど
  普通のCDとは同じに聴けないんだとか。
  MP3をPCに入れて#%$”*‘:@:;¥^-。。
  なんかよくわからない(;_;)。まだ聴けてないんだ。

  石井彰 → OFFICIAL WEBSITE


Trinite(トリニテ)『神々の骨』CD発売記念LIVE@新宿PIT INN,0918

トリニテ

  クラシカルなのに斬新でJazzy。
  ノスタルジックなのにアヴァンギャルド。
  静寂で神聖な音の中の躍動感。。
  多分クラシックファンと思われるご高齢の方も結構いらっしゃっていた。
  もちろんお若い方も。
  こんなノンジャンルな演奏は素敵。
  綺麗なメロディでしかも不思議な世界観。
  shezoo(シズ、作曲・p)、坪井彰久(vl)、小森慶子(cl、bcl)、小林武文(per)
  からなるアコースティック・カルテット。
  ヴァイオリンでのクラシックではないアドリブやバスクラ(私が一番愛する音色の楽器)
  のやはりジャズではない奏法もすばらしかった。

  トリニテ → OFFICIAL SITE

『Live at Star Eyes Live』 Far East Jazz Ensemble



なんかこのアルバムジャケットって、ビートルズに似たようなのが
あった気がするんだけど。。。
最近超気に入ってるアルバムだ。

先日LIVEに行った、今最も注目されているベーシスト、
安カ川大樹さん率いるFEJE(ファー・イースト・ジャズ・アンサンブル)
のLIVEアルバム。

このアルバム、師匠(菊地康正)のアルバム(Reborn again)同様、聴き始めたら止まらない
エンドレスのアルバム。
好きすぎて癖になる、かっこよすぎてやばすぎる。
もう何十回聞いたんだろう?1曲終わると、
すぐに次の曲のイントロが頭に浮かんでくるくらいだ。

ヴァンガード・ジャズオーケストラ、って大好きだけどそれにも匹敵するかな。
いやいやもっともっとかっこいいよ。
好きすぎて気が狂いそうなくらいだよ~。

アンサンブルだけど、それぞれの曲にそれぞれの楽器のソロがふんだんに入っていて、
聴いてるとそれとは思えない。
曲もほとんどオリジナルばかりでよい曲ばかりだし
ソロ演奏も何もかもすべて素晴らしすぎるんだ。
ライナーノーツにそのことについて書かれている。
読んでいると、そうそうそんな感じ~っ、て私が感じたことを的確な文章で言い表している。

でも、このアルバムが素晴らしいのはFEJEがいいからだし、
それを率いる安カ川さんが凄い人だからに違いないんだけどね。

是非ぜひ、みなさん聴いてみてね。
やばすぎるよ~。

DAIKI YASUKAGAWA → OFFCIAL WEBSITE

夏休み

巾着

毎年夏に遊びに来る姉が、今年は膝が故障したとのことで来られなくなった。
お休みをとっていたので、さてどうしよって思って。
検索したら行かれそうなLIVEがあったんで行こうと思って昨日予約した。
CANDYっていうジャズスポットで、最近気になってるベーシスト、安ヵ川大樹さんのLIVE。

でも、本日になったら台風で、電車が動かない。。
あ~だめだ、キャンセルしなきゃぁ。って泣く泣く取りやめ。
朝から暇でしょうがなくて作った、巾着&弁当袋。
病棟異動する前に、スタッフにプレゼント頂いたりしたから、そのお返しにもと思って。
って、手作りの弁当袋とか巾着のお返しってせこいかな?
なんかやっぱ買った方がいいのかなぁ。

手縫いでやるパッチワークが好きだけど、ミシンで作るものは早くできるし、
カタカタカタカタ。。とやると、結構ストレス解消にもなるんだ。
職場の同僚にも教えたんだけど、みんなやらないんだなぁ。
ミシンがないって人もいて。。

大昔(私の母親の時代)は、ミシンって嫁入り道具だったらしいんだけどね。
って、「嫁入り道具」って言葉も今では死語かな。

あぁ、明日もお休み。暇だよ~。
しかし、とんまるさん大丈夫かな。
歳なんだから(あ、私もだった)むりしちゃあいけません。
まあ、夏じゃなくてもいつでもいらっしゃってね。


安ヵ川大樹~FAR EAST JAZZ ENSEMBLE♪

安カ川大樹

先日、菊地康正師匠のレコーディングに参加し、LIVEでも共演しているベーシスト
安ヵ川大樹さん率いる 「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」
のLIVEに行って来た。

彼は、ベースソロのアルバムをだしたり、D-musicaという会社まで作ってしまった凄いお方。
メンバーもすごいんだ。

安ヵ川大樹(b) 佐々木史郎、松島啓之(tp/flh) 中路英明(tb)
近藤和彦(as/ss) 小池修(ts,ss,fl) 浜崎航(ts,fl) 堀秀彰(p) 大坂昌彦(ds)
全ての方が、リーダー、ソリスト、アレンジャー、コンポーザーとして活躍している。

彼の出演するLIVEは何度か行ったことがあるのだけど、
「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」 のLIVEは初めて。
よく知らなかったし、場所もTOKYO TUC(師匠のレコ発LIVEをやったところ)
と遠いし。行くまでは、どうしよって思ってたけど。。
でも行ってみたらすご~くよくてやっぱ行ってよかったぁって思った。

それぞれのアーティストのソロもすごかったし、曲もオリジナルが多くて素敵だった。
参加するすべてのアーティストが作曲、アレンジ、ソロをとれるって、
他のビックバンドでもそうそうないかも。

アンコールの「ブルー・トレイン」 のアレンジもカッコ良かったぁ。独創的で。。
コルトレーンのよりもいいかも。。



KOSE師匠のLIVEに行ったときに購入した安ヵ川さんの 
『Gentle Breeze』 ↑というアルバム。
とっても温かくて大好き。
1ステージが終わった後、彼の作ったCD見ながらちょっとお話した。

「チャーリー・ヘイデンの『ノクターン』 が大好きなんですけど、
なんかその雰囲気感じますね。」と言ったら、「あっばれちゃいました?」 
なんて言ってくださった。とっても気さくな方。

ベーシストだから、きっとベーシストのアルバムは聴きつくしていることでしょう。
KOSE師匠のことも 「とても尊敬しています。」
とおっしゃっていました。

このグループ、もう10年も活動しているそうなんですが、LIVEはなかなかできないんだとか。
参加ミュージシャンが多いこともあって出演させてもらえるところがあまりないのだとか。
もったいないなぁ。
こんなに素敵なグループのLIVE、もっともっとやってほしいな。

そして買ってしまった 「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」 のアルバム。↓

FAR EAST JAZZ

今回のLIVEで演奏した曲も入っていると思うけど、なかなか聴いた曲を一度で記憶できない
んでわからないけど、ヴァンガード・ジャズ・オーケストラのような雰囲気もする。
でも、もっともっとアカデミックですごいんだ。
LIVE盤もあるのだけど、もう売れてしまった。
今度アマゾンで購入しようかと。。

また行きたいなぁ。「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」 のLIVE。

安カ川大樹 → 公式ホームページ

タペストリー出来あがった~🌼



昨年の12月くらいから作っていたタペストリーがやっと出来上がった。
実は1か月くらい前には出来上がっていたんだけど
なかなか画像のUPが出来なくて。。

とっても大変だった。
最後は裏地をつけたり、全体をパッチワークしたりするのにスペースがいるんで。
普段私が手芸用に使っているテーブルは物で半分ぐらい埋まっていて。。
(って片づけろよっ)

でも、出来上がると嬉しい。やったぁって感じで。
こんなに大きいもの作ったの初めて。といっても、45cm×45cmくらいだけどね。
布を買ってから、もうかれこれ半年近くも格闘してた。

尊敬している、松浦香苗さん作品を参照しました。
次回は完全オリジナルでいこうかと。。
使う布はもう買ってあるんだ。 ↓



ふらんす料理



って~ことで、行ってきました。みんなでご飯食べに。。
Tさんオススメのおしゃれなフランス料理。

おいしかったぁ。
楽しかった~。

Mさん、LINEの登録ありがとうね。
世の中、LINEが主流らしい。って今さら?
これで職場が離れていてもみんなでコミュニケーション取れるね。

Aさん、車の運転ありがとう。
また、連れてってね。

涼しくなったら、また行きましょ。
それまで、新しい職場で頑張りましょう。

引っ越し、そして勤務異動

先日、病棟の引っ越しをした。
新たな精神科スーパー救急病棟の立ち上げで、私が勤務していた療養型の病棟が
別の棟に移動したのだ。

そして、私は以前いた精神科のスーパー救急の病棟に異動することになった。
引っ越した日に療養型の病棟で最後の夜勤。
後ろ髪引かれる思いだった。
新しい病棟は凄く大変だった。広くて、新しい患者さんもいて慣れなくて。。
死ぬほど働いた感じ。

精神科から療養型に異動したときも、なかなか慣れなくて大変だった。
自分のできなさに自己嫌悪がひどくて何度も辞めようかと思った。
でも、頑張った。
1年半経ってやっとなんとか皆についていけるようになった?
そしてスタッフの皆とも仲良くなった。
それなのに。。(;_;)/~~~

なぜ異動になったのか、それは単なる人数合わせかと。
精神科のスーパー救急は正看護師をそろえないといけないんで、
私のような、なんちゃってナースの正看でも人数に入るってことなんでしょう。

わかりました。頑張ります。やればいいんでしょやれば。
以前いた病棟だからできなくはない。

最後に、「poohさんがいなくなるとさみしいよ。」 と抱き着いてくれた助手さん。
「落ち着いたら一緒にご飯食べに行こうよ。」 と誘ってくれた数人のスタッフ。
「いろいろ愚痴を聞いてくれてありがとう。」
「また、戻ってきてよ、絶対だよ。」
なんて、涙の出る嬉しいこといっぱい言ってくれて。。
プレゼントもいただいた。

そして、本日は以前勤務していた精神科(スーパー救急)病棟での勤務。
「出戻りです。よろしくお願いします。」
といったら、皆 「お帰り~。」 と言ってくれた。もう、涙出るよ。

久しぶりのECT(電気けいれん療法)の介助。
忘れていたけど、やっていたら何となく思い出した。
「poohさんが来るっていうから、ここの病棟に入院したのよ。」
って言ってくれた患者さん。

気持ちしばらく落ち着かなくて辛いと思うけど、やるしかないよ。
私にはこれしかできないから。
これからも病める患者さんのために頑張ります。

2016 夏のセッション

2016夏のセッション

サックス・フルート道場の発表会に参加してきましたぁ。
今回もとっても楽しかった。

初参加の方が多かったけど、皆経験者なんでお上手な方ばかりで
またまた気持ちが撃沈。
でも、こうして同じ場に参加できた事が何よりのしあわせ。
プロのミュージシャンの方にバックをやって頂いて。。

私の演奏(♪I Love You)は、相変わらずジャズっぽくないアドリブだったけど、
間違えないように楽譜見ながらやったから、
舞い上がってあさってのほうに行かなかったかな。

うん。参加するごとに違う世界?に行かなくなった気がする。
やっぱ場数を踏むことかな。

ヴァイオリニストの古館由佳子さんの参加もあってとってもよかった。
ジャズにヴァイオリンが入ると曲に深みが増してクラシックのような
優雅&神聖な雰囲気になる。
チャーリー・ヘイデン(b)の『ノクターン』 にヴァイオリンが入っているのだけど、
このアルバム大好き。聴いていると心が落ち着くんだ。
そのことを言おうと思ったら、先にお帰りになってしまった。

稲里ひろみさんのヴォーカルはいつも素敵だ。
主役?は私たちサックス&フルートのはずなのに
いつも彼女の歌に魅了され、主役を持っていかれてしまう感じ。

シンガーソングライターのInekoさんのオリジナル曲 『ありがとう』 
とっても良かった。
歌を作って歌えるだなんて、素晴らしい才能だ。
CD出したらHITすると思うんだけどな。
稲里ひろみさんとのデュオで、なんと師匠のピアノ伴奏で。
師匠は楽器が何でもできる天才なんだ。

数人の生徒さんと師範代の先生、ヴァイオリンの古舘さん参加の 
『Aトレイン』 はかっこよかった。
私もこの曲できるようになりたいなぁ。

ホント楽しかったぁ。
打ち上げで、生徒さんたちと音楽やジャズの話できたのも楽しかった。
普段は音楽の話なんてする人一人もいないから。

ジャズ聴くのが気が狂うほど好きだから、もっともっとうまくできるようになって
演奏することも大好きなってみたいな。

また半年後、皆さんお会いしましょ。

魔法の美術館/光と影のイリュージョン

    

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の
 「見て」「参加して」「楽しむ」 体感型アート、『魔法の美術館/光と影の美術館』 に
行ってきました。

人の動きに合わせて色とりどりの光や影のモチーフ、映像、音が変化する作品などにより、
美しくも不思議な空間が生み出される。。

平日だったから就学前のお子様が多かったけど、とっても楽しそうにしていた。
おとな(気持ちは子供)の私もすごーく楽しめた。

見ている人も参加できる美術館って初めてだった。
これからは、見るだけじゃなくて参加できる美術館ってのもアリかな。
夏休みにお子様と一緒に出掛けてみてもいいかも。 
   こちらのサイトに動画が入っていて、少し体験できるのでやってみて。
   楽しいですよ。                ↓

魔法の美術館 光と影のイリュージョン → http://www.mahou-museum.com/ 
プロフィール

pooh

Author:pooh

Blog:じゃずりんぐ★
Jazzが大好き
ナース(療養病棟勤務)
jazz sax修行中

ジャズを中心に美術や映画、本のことなど雑多に書いています。
大好きなナースのお仕事の事も・・・
元GAROのマーク 大好き~💙

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
counter...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。